2015年05月31日

【本】磯部定治「只見線物語」

「只見線物語」 磯部定治/恒文社/1989年

 日本一の豪雪地帯を走るローカル線、只見線の全面開通までの経過を描いたノンフィクション。

 福島県の会津若松駅と新潟県の小出駅を結ぶローカル線、只見線の敷設経緯を取り上げた本である。著者が小出町出身で、長く越南タイムズ社の記者を務めたこともあって、主に新潟側からの視点に立った構成となっている。地元の取材を長く続けてきた著者の手によって、地域政治家たちの熱心な建設運動や沿線住民の暮らしの変化などが、臨場感をもって描き出されていて興味深い。

 大正9年に「柳津−小出間の鉄道敷設促進に関する陳情書」が国に提出され、昭和10年に着工した只見線は、戦争資源となる硅石や木材の搬出の目的もあって、まず昭和17年に小出駅〜大白川駅間が部分開通した。この開業は、沿線住民にとっては大きな喜びだった。豪雪の4〜5か月間はバスも通らず、徒歩以外の交通手段がなかった村々にも、大雪をかきわけて毎日汽車が来てくれる。只見線は地域に不可欠な交通手段として機能し、昭和30年代後半には、定員80人程度の客車に350人を詰め込み、3両編成1,000人の乗客で運行することもあったのだそうだ。

 その後、国鉄の赤字ローカル線の廃止議論が喧しくなっていく中で、住民たちは只見線の全線開通を郷土の政治家・田中角栄に託す。折から進みつつあった過疎化を、この全通で打開しようとしたのだった。国鉄の赤字体質が強い批判にさらされる中で、既に大赤字線であった只見線の建設を続行することは、時の権力者である田中の力なくしては到底不可能であったろう。そして、ついに昭和46年に、只見線全通は達成されたのだった。

 ところが、只見線の建設と並行して、沿線地域でも道路の改良・無雪化工事が進められていた。そして皮肉なことに、只見線の全通と時を同じくして、周辺町村にもようやく車社会が到来したのだった。住民たちは只見線の開通に熱狂したが、ちょうどこの全通の時期を境に只見線の乗客はどんどん減り出し、あれほど待望された鉄道路線は、あっという間に住民たちの意識から遠のいていってしまったのである。

 平成23年に発生した豪雨のため、現在、只見線の会津川口駅〜只見駅間の営業は休止されている。この区間の平成21年度の営業係数が6700であり(営業収益約500万円、営業費約3億3,500万円。すなわち、1年間で約3億2,900万円という膨大な赤字)、さらに復旧費用として約85億円を要することが見込まれることもあって、この資料を見ても、JR東日本は再開通に消極的な姿勢であるように思える。この国が水と緑の国であることを強く実感させられる、あの美しい只見線の車窓風景の一部が失われることは本当に残念だけれど、それこそ田中角栄のような横紙破りの政治力でもない限り、復旧への決定打はなかなか見出し難いのかもしれない。

2015年04月29日

【本】大森望・豊ア由美「文学賞メッタ斬り!」

「文学賞メッタ斬り!」 大森望・豊ア由美/ちくま文庫/2008年
(単行本は、PARCO出版から2004年に刊行)

 評論家・書評家の著者二人が、芥川賞・直木賞といった大どころから地方の無名文学賞まで、有象無象の文学賞について遠慮なく論評した一書。

 刊行当時によく売れ、人気シリーズにもなった文学賞評論本である。元々の執筆目的は、世間に数多存在する文学賞の紹介・解説だったらしいけれど、各賞の選考過程や選考委員の実態についても容赦なく筆誅が加えられており、むしろそうした毒舌の方が面白い。石原慎太郎や宮本輝、津本陽といった大作家に威厳のない渾名をつけたり、「文学が読めていない」「そもそも候補作を読まずに選考している」などという身も蓋もない講評が行われたりしていて、よくこんなことを公刊本で書けたな、と感心させられるばかりだ。

 読者の側としても、大御所や新進気鋭の作家たちがバッサバッサと切り捨てられていく有様を見ると、なんとなく根拠のない優越感に浸ることができて楽しい。そうした密かな悦びも、この本をヒットさせた理由の一つなのかもしれない。ただ、クリエイティブな才能など全くない私のような読者が、産みの苦しみを引き受けながら執筆をつづけている小説家たちを、馬鹿にする資格など本来ないのかもしれない。愉快な気分で読めた本だけれど、なんとなくほろ苦い読後感もないわけではなかった。

posted by A at 23:07| 本(その他) | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

【本】斉藤光政「偽書「東日流外三郡誌」事件」

「偽書「東日流外三郡誌」事件」 斉藤光政/新人物文庫/2009年
(単行本は、新人物往来社から2006年に刊行)

 戦後最大の偽書事件と言われる、「東日流(つがる)外三郡誌」事件の追及過程を詳述したルポルタージュ。

 かつて東北最奥部に一大政権があり、世界各国との貿易で大いに繁栄したとする偽書、「東日流外三郡誌」の不審な点を丹念に検証し、これが捏造されたものであることを解き明かした作品である。著者は青森県の地元新聞社「東奥日報」の記者であり、同紙上で追及キャンペーンを張り続け、「東日流外三郡誌」が偽書であるという評価の定着に大きな貢献を果たしている。

 この「東日流外三郡誌」は、膨大な「古文書」がなぜか発見者の和田喜八郎と同じ筆跡で書かれている、「古文書」になぜか近年の歴史研究の成果が反映されている、文書の中に最近の言葉遣いで書かれた箇所がある、「こんな内容の文書があったらいいのに」という注文を受けたら本当にそういう文書が「発見」される、発見者の和田が頑として文書の原本を公表せず、文書の発見場所にも立ち入らせないなど、どこからどう見てもいかがわしい代物である。そんな怪しい文書が広い支持を集めてしまったのは、本書でも言及されているように、その内容が魅力に富むものだったためだろう。かつて大和朝廷の侵略の対象となった東北地方にも、実は大和にひけを取らないグローバルな政権が繁栄していたというストーリーは、著者の言うとおり、確かに一部の東北人の心の隙間に入り込むものであったに違いない。

 しかし、いくら過去の歴史が美しく都合の良いものであることを願ったとしても、捏造された事実を振り回すような行為に手を染めれば、自らの主張・言動への信頼を失うばかりか、誤解して同調した支持者の見識にも疑問符が付けられることになり、結局、自他にとって有害な結果しか招き得ない。このような、事実の歪曲者に向き合う心構えを、「東日流外三郡誌」の疑惑追及の急先鋒に立った元産能大学教授・安本美典は、以下のように説いている。

「私たちは、ともすれば、優しい心をもつ。だれに対してでも、優しくありたいと願う。そして、ともすれば、常識性のなかで、ことを判断し、処理したいと願う。できれば、あらそわずに、事をおさめたいと願う。しかし、この優しい精神は危険である。常識性を、はじめから無視する人、あらそいを厭うよりもむしろ好む人は、この優しさに乗じて、人心を支配する。優しさのゆえに、沈黙してはならない。独断と、歪曲と、ゆえなき批判攻撃とに、真実にいたる道をゆずってはならない」

posted by A at 14:38| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

【本】高木俊朗「憤死 −インパールW−」

「憤死 −インパールW−」 高木俊朗/文春文庫/1988年
(単行本は、1969年に文藝春秋から刊行)

 インパール作戦に参加した3個師団の一つ、第15師団(祭兵団)の戦いを、主に師団参謀長・岡田菊三郎少将の視点から描いた作品。

 元々充実した戦力を持ちながら、砲兵連隊、工兵連隊、輜重兵連隊などを転用され、わずか歩兵5個大隊(しかも、各大隊とも定数を大幅に割り込む兵数)でインパール作戦を戦わなければならなかった、祭兵団の過酷な戦闘経過を追った一書である。岡田少将の証言を基に、第15軍だけでなく、山内正文師団長の作戦指導や人材運用もしばしば批判的に描いている点が特徴的である。ただ、軍上層部の無謀な作戦が山内中将の命を削り、ついには「憤死」を招いた事実を踏まえれば、あまり山内中将を責める気にはなれない部分もある。

 インパール作戦に参加した他兵団と同様、祭兵団も、第15軍の無茶苦茶な命令に苦しめられた。軍の指導が支離滅裂なものとなった原因の一つとしては、軍司令部が、前線の実態をおよそ正確に把握していなかったことが挙げられる。長くなるが、作戦当時の軍司令部の様子について、本書から以下のとおり引用する。


「第十五軍司令部がメイミョーにいることは、第一線部隊に非難され、悪評になっていた。牟田口軍司令官は連日、第一線の師団に電報で叱咤激励し、また、実情を無視した、不可能な要求をした。このため、第一線部隊に“軍は何をいうか。戦線から四百キロ以上離れたメイミョーにいては、実情はわからない”という不満をもたせた。その不満は次第に高まって、感情の対立にまで発展した。
 インパールの戦況が悪化すると、さすがに第十五軍もメイミョーにいられなくなった。インパール占領を公約した四月二十九日の天長節(天皇誕生日)は目前に迫ってきた。第十五軍はチンドウィン河を越えて、インダンジーに出ることになった。牟田口軍司令官、久野村参謀長などの首脳部が、メイミョーを出発したのは四月二十日であった。これは弓師団の作戦発起以来、四十四日目であった。
 この四十四日の間、第一線では惨戦惨敗がくり返されたが、メイミョーでは戦場とかけ離れた日課がつづいた。第十五軍司令部の勤務は、夕方五時の定時に終った。そのあと、幹部将校は酒と女の遊びにふけった。その、同じ時刻に、第一線では夜襲死闘をつづけていた。
 牟田口軍司令官は豪壮な洋館を官邸にしていた。その庭に小道があり、衛兵が二十四時間、立哨していた。その小道をくだると、晴明荘という料亭に通じていた。牟田口軍司令官は夜ごと、ゆかたを着て晴明荘にかよった。酒と女に対する欲望に飽きることのない人であった。
 晴明荘について、報道班員としてきていた、朝日新聞社の成田利一記者は、次のように書いた。

≪メイミョーというところは、マンダレーを小田原にたとえると、ちょうど箱根の強羅か仙石原あたりに相当する。蚊も蠅も少ない清潔な町で、英国人の高官や富商の別荘が緑濃い森の中に点々と散在し、幅広い自動車道路が森の中を縦横に走っている。市場や印度人、中国人の商店街も物静かだ。
 こんな住みよい土地に、軍司令官はじめ全幕僚達は、広々した別荘を一軒ずつ私邸として構え、副官や当番兵にかしずかれて貴族のような生活を続けていた。
 西洋館のガッチリした建物に入ると、大工出の兵隊達が腕をふるって、内部はすっかり日本座敷に造作変えされ、床が上げられ、床の間や違い棚、丸窓まであるといった数寄屋造りである。司令部から我家に帰り、長靴を脱いで、座布団にドッカと大あぐらをかけば、まずまず天下泰平の図だ。当番の汲んで出す茶を飲み、一風呂浴びると夜は宴会、高級車で料亭へ横づけだ。ここの料亭も御多分にもれず大阪付近の遊郭からはるばるやって来た慰安婦たちの一行である。
 牟田口軍司令官から晴明荘という名前を頂戴して、大きな別荘をもらい、そこをたくさんの小座敷に作り上げて、将校専門に酒色のサービスをしたのである。
 兵隊さんはもちろんオフリミット、高級車の運転台で、お座敷の放歌高吟を遠くに聞きながら主人のお帰りを待つだけである。酔った将校たちはよく「上野駅から九段まで……」の歌を三味線に合わせてうたっていた。
 情報の藤原岩市参謀などはこの歌が十八番で、手ぬぐいを姉さんかぶりにして、哀れな軍国の老婆の振りつけよろしく、なかなか見事に踊った。
 内地では婦人たちがモンペに火たたき装束で女らしい生活をかなぐり捨てている時に、メイミョーの晴明荘ではパーマの女たちが美しく化粧し、絹物の派手な着物に白たび姿で「おひとつどうぞ」と酌に出て来る。板前の腕は大したこともないが、盛りつけの器類は皆内地から運んだ立派な皿小鉢だ。弾丸を運ぶべき船で、自動車で、よくもこんな皿小鉢をここまで運んだものだとびっくりする。こうした環境の中で第十五軍の首脳者たちは大作戦の構想を練っていた。(後略)≫」


 これに対して、インパール戦線崩壊後、ジャングルの中で豪雨に晒され、飢餓と病に苦しみながら退却をつづけた、第一線部隊の様子を以下に引用する。第二野戦病院、高橋新吾少佐の手記。

「七月二十六日。きょうも朝から救出に出かけた。前日収容できず、粥だけ与え、明日収容にくるからといいおいた患者たちのなかには、粥を半分食べたまま息絶えている者もいた。あるいはまた、泥んこ道に車輪をめりこませたトラックの姿を認めて、近よって見れば、その中には屍体が折り重なって横たわり、車から下りて水を飲もうとしたのか、車の傍の水溜りに顔をつっこんだまま死んでいる兵隊もいた。これらの腐敗しかけた屍体が雨に濡れて、あたりに異様な臭いを漂よわせていた。この痛ましい姿もさる事ながら、もっと痛々しい光景を私は見た。本部から二キロほど離れた密林の中に二十数名の兵隊達が円陣をつくって死んでいた光景である。その中には最近手榴弾で自爆したと思われる生々しい屍体がいくつもあって、首、手、足が散乱していた。円陣のなかほどに三十センチぐらいの高さの切株があって、一人の兵隊が腰かけている。彼はロダンの考える男に似た格好を取り、じっと動かない。私はこの兵に近づき、収容に来た旨を告げ、周囲の屍体について尋ねた。この骸骨のように痩せ衰えた兵隊がかすれた声で答えたことを総合すると、みんな同じ中隊の兵で、九州出身(烈兵団)の者だが、二十日余りここにいる。病気と空腹で歩こうにも歩けなかったのだ。日がたつにつれて一人死に二人死に、きのうまでで五名に減った。けさ五名の中の四名が自爆したので、自分独りになってしまったと云うことである。

「お前だけがどうして自爆を思い止まったのか」
「班長殿が自分を下士官に推薦してくれましたので、下士官になるまで死んではならないと思って頑張っていました」
「そうか、そうか、よく頑張って生きていてくれたな。もう心配するな。わしたちが助けてやるぞ。今、粥を持って来るからそれまで待っておれよ」

 吾々の班は一人当たり八個の飯盒に粥を一ぱい入れて持ってまわったのであるが、途中途中の患者に分配してきて、全部が空になっていた。私が急いで本部に引帰して粥を持ってもどってきた時、それは僅か一時間余り経過したに過ぎなかったのに、その最後の兵隊も息絶えていた。鬼哭啾々とは正にこの全滅した九州男子にむかって捧げる言葉であろう」


 さまざまな高級軍人たちの経歴を見ていると、下級将校や下士官の子息、あるいは農家や商人の次男坊、三男坊以下の者たちが結構多い。たとえ貧しい出自の者であっても、努力次第で軍人として大いに出世できる、そうした軍組織の階層流動性は高く評価すべき点だろうと思う。ただ、刻苦勉励して佐官、将官に昇進したはずの者たちが、第一線の苦労も顧みず享楽に耽る有様には、一体どういうことなのかという思いを禁じ得ない。扱い慣れない権力を手にして、なお自制することの困難さを示す一例と言うべきだろうか。

posted by A at 08:59| 本(戦記) | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

【本】高木俊朗「全滅 −インパールV−」

「全滅 −インパールV−」 高木俊朗/文春文庫/1987年
(単行本は、1968年に文藝春秋から刊行)

 インパール作戦後期に前線に投入され、軍上層部や参謀の体面維持のために無謀な攻撃を強いられた部隊の、苦闘と壊滅の模様を描いた作品。高木俊朗のインパール四部作の第三作。

 既にインパール作戦の失敗も明白になりつつあった、昭和19年5月。第33師団(弓兵団)が担当していたニンソウコン(ニントウコン)方面の戦線を強化するため、戦車第14連隊(長:井瀬清助大佐)、歩兵第67連隊第1大隊(長:瀬古三郎大尉)、歩兵第154連隊第2大隊(長:岩崎勝治大尉)などの部隊が相次いで増援された。戦車連隊長の井瀬大佐がこれらの部隊の指揮を執ったため、この混成部隊は「井瀬支隊」と総称された。

 ところが、膠着した戦線の打開を焦っていた弓兵団参謀は、逐次前線に到着してくる井瀬支隊の各部隊を、敵情を視察する暇すら与えないまま、無理やり敵陣地に突っ込ませ続けた。その結果、昼夜兼行でようやくニンソウコンに辿り着いた将兵たちは、少人数のまとまらない部隊のまま無茶な突撃に駆り立てられ、圧倒的に強大な英印軍の前で、次々に死傷者の山を築いていくのだった。

 こうした参謀の無謀な攻撃命令の真意を、戦車連隊本部付の中村達夫大尉は、以下のように推測している。

「『師団はずるいと思います。井瀬支隊が一マイルでも二マイルでもインパールに近づけば、師団がそれだけ前進したことにして、十五軍に報告したいのです。だから、せっかくポッサンバン(注:ニンソウコンの北の集落)まで行ったのを撤収するのはおしいという腹なんです』
 中村大尉は師団の堀場参謀の支離滅裂な要求を、そのように読みとった。
『連隊長殿、この南道上には、師団の直属の部隊は一兵もおらんのですよ。井瀬支隊といえば、ていさいはよいが、配属部隊の寄せ集めです。師団の直属部隊は全部山岳地帯にあがっています。こんな泥沼みたいなところに、戦車をだしても、どうにもならないことは、堀場参謀は知っていますよ。戦車出身の参謀ですから。戦車はインパール突入の時以外は、もう、役に立ちません。それでも戦車をだしておけば、泥にうまって動けなくなっても、師団としては「戦車連隊は本道上をインパールに向い突進中なり」と、軍に報告ができます。結局、配属部隊を犠牲にして、功名手柄だけは自分のものにするやり方です』」

 度重なる強引な攻撃で死傷者続出した井瀬支隊は、結局、7月中旬までニンソウコンの死守を命じられ、弓兵団撤退の捨て石にされて、ほとんど全滅状態に追い込まれた。著者の作品としては、昭和24年に刊行され、インパール作戦の悲惨さを世に知らしめた「インパール」や、第31師団(烈兵団)の佐藤師団長の抗命撤退を取り上げた「抗命 −インパールU−」が有名だが、インパール戦線で最後まで戦った井瀬支隊の、惨憺たる戦闘経過と最期を緻密に描いた本書も、強い印象を残す一作である。

posted by A at 19:37| 本(戦記) | 更新情報をチェックする