2016年05月29日

【本】糸井重里ほか編「あるとしか言えない」

「あるとしか言えない 赤城山徳川埋蔵金発掘と激闘の記録」 糸井重里&赤城山埋蔵金発掘プロジェクトチーム編/集英社/1993年

 「あるとしか言えない」という書名と、糸井重里の名を見てピンときた方は、おそらく30代後半以上の方ではないか。1990年代初期に、TBSのテレビ番組「ギミア・ぶれいく」で放送された、徳川埋蔵金発掘プロジェクトの経緯をまとめたのが本書である。やけに勇壮なテーマ曲をバックに、ユンボが深い穴を掘り返す映像を、私も子供心に見た記憶がある。

 本書によれば、元々この埋蔵金発掘プロジェクトは、番組制作会社のプロデューサーたちが「超能力者が埋蔵金を探すような番組を作ったら面白いね」などということを、飲み屋のバカ話で思いついたあたりから話が始まったのだそうだ。TBSがこの企画に乗ったため番組作りはスタートしたが、制作会社はまずメインキャスターを誰にするかで悩むことになる。「企画が企画だけに、普通のタレントさんじゃ軽くなりすぎるし、そうかと言って学者の先生じゃ堅すぎる」ということで、彼らは駄目元で、多彩な分野で活躍する糸井重里にオファーを出す。すると、大抵の仕事は断っていた多忙な糸井は、たまたま群馬県前橋の出身だったこともあり、「ひさびさに地元に帰って、超能力者と赤城山をぶらぶらするのもおもしろい」といった軽い気持ちでこの仕事を引き受けたのだった。後にこのプロジェクトにどっぷりのめり込んだ観のある彼も、埋蔵金との最初の出会いは、ごく気軽なものだったのだ。

 そして始まった最初の数回の放送では、当初のコンセプトどおり、わざわざアメリカから超能力者を呼び寄せ、オカルト的な手法で埋蔵金へのアプローチが試みられた。これが「超能力バラエティ番組」として好評を博し、20%近い視聴率を集めることになる。そして超能力者らの言うままに地面を掘り返したところ、地中の洞窟など、埋蔵金の存在を匂わせると言えなくはないような物証が見つかってしまう。このため番組は、重機を導入して本格的に地面を掘り進める成り行きとなり、結果的に気合いの入った「土木番組」の様相を呈していくのであった。

 大方の予想通り、この番組はとうとう埋蔵金を見つけることはできなかった。また、現在よりも番組制作のモラルがおおらかだった時代でもあり、もしかすると番組の展開には、多少の「やらせ」の要素もあったのかもしれない。ただ、こうした荒唐無稽な夢にはある種の抗いがたい魅力があり、ついついチャンネルを合わせてしまう番組でもあった。一向に埋蔵金が見つからないまま迎えた企画終盤の第7回放送でも、実に21.7%もの視聴率を獲得しており、娯楽番組としては十分に成功した例と言えるのだろう。


posted by A at 23:55| 本(その他) | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

【本】遠藤ケイ「熊を殺すと雨が降る」

「熊を殺すと雨が降る 失われゆく山の民俗」 遠藤ケイ/ちくま文庫/2006年
(単行本は1992年に岩波書店から刊行、2002年に山と渓谷社から再刊)

 山に暮らす人々の生活様式を、「山の仕事」「山の猟法」「山の漁法」「山の食事」「山の禁忌」の5つのテーマに分けて詳述した本。

 山に生きる人々の暮らしを描いた、「山の民俗学」の集大成とも言うべき一冊である。著者自身が日本全国の山々を回り、実際に目の当たりにした山間の人々の生活ぶりや、独特な猟法・漁法、昔からの言い伝えなどを、克明なタッチの絵とともに詳細に書き残している。既に消滅してしまった山仕事や猟法なども多いと思われる現在、これらの記録は類稀なものであろう。

 この本のタイトルにもなっている、熊猟に関する記述にも大いに興味を惹かれたが、ここでは、山での労働に携わる人々の食事について触れてみたい。本書の第4章「山の食事」によれば、山で働く男たちは、メンパ(檜や杉の柾目板を楕円形に曲げて作った容器)の蓋と本体に、1升もの飯をぎゅうぎゅうに詰め、弁当として山に持って行くのだという。そして午前10時になると、まずメンパの蓋側の飯を、飯の中に詰めてきた梅干しや漬け物をおかずにして食べる。その次の食事は午後2時で、以下のようにして食べるのだそうだ。

「二度目の食事のときには、メンパの蓋があいているので、それで汁を作る。具は山で採取した岩菜(イワタバコ)やフキノトウ、セリ、ミツバ、タラの芽、アサツキなどの季節の山菜。ときに沢で捕った岩魚や山女を入れることもある。魚は、近くに沢があれば、作業の合間の半時ほどの休み時間に降りていって、手摑みで捕ってくる。
 魚は腹を裂いて内臓を抜き、串に刺して焼く。塩は使わず、素焼きにする。強火の遠火で、じっくり焼いて水分を抜く。生焼けで汁に入れると生臭みが残る。(中略)
 メンパの蓋にありあわせの山菜をちぎって入れ、素焼きにした魚を入れる。持参した味噌と乾燥ワカメを加え、沢で汲んだ水を注ぎ入れる。そうしておいて、焚き火の中で焼いた石をつまみ出して器の中に落とす。(中略)
 器の中の水は瞬時にして沸騰し、間欠泉のような熱湯を噴き上げる。火力が弱ければ石を二個、三個と入れる。強い火力で、一瞬のうちに煮えたぎらせた味噌汁は格別にうまい。味噌は煮つまらず、山菜も青さを失わずにシャキッとしている。岩魚や山女のダシが出て、一層味に深みを加える。
 煮えたぎった汁が喉を焼き、五臓六腑に染み渡る。冷えた飯をかき込み、汁をすすり、岩魚に頭からかぶりつく。体の内側からポカポカとぬくまってきて、額に汗が浮く。冷える山では、焚き火の火と白い飯、そして熱い汁が何よりのご馳走である」

 本書では、この他にも様々な山の食事が紹介されているが、どれも実に美味しそうである。このような独特な料理法も、林道が四通八達して山への物資の搬入が容易になったり、そもそも山仕事に従事する者が減ってきてしまった現代では、次第に廃れていくのは避けられないことなのだろう。これもやむを得ない変化なのだろうが、長年受け継がれてきた先人の知恵が失われるのは、やはり惜しい気がする。

posted by A at 21:00| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

【本】川口琢司「ティムール帝国」

「ティムール帝国」 川口琢司/講談社選書メチエ/2014年

 14〜15世紀ごろの中央アジアに覇を唱えたティムール帝国の、歴史や政治構造、文化などについて概説した一書。

 「マー・ワラー・アンナフル」と呼ばれるオアシス地帯から勃興し、小アジアからインドにまたがる大帝国に発展した、ティムール帝国の足跡を追った本である。著者の言を借りれば、ティムール帝国は「室町時代のわが国と直接的なつながりをまったくもたなかった」こともあり、日本において広く関心を持たれているとは言いがたい。そうした帝国の歴史や国家像などを、中央ユーラシア史の専門家である著者が、一般向けに平易に解説しようと試みたのが本書である。

 まず、本書の第1章から第3章では、希代の英傑ティムールがどのようにこの大帝国を建設していったのか、その過程が詳述されている。こうした勢力興隆の時期は、歴史ドラマなどでは最も興味を惹く場面であるが、いかんせん高校世界史レベルの知識では聞き慣れない人物名や勢力名が頻出し、正直なところ、本書を読んでいても内容がさっぱり頭に入ってこない。ウィキペディアの「ティムール」、あるいは「ティムールの征服戦争」の項で、関連項目を参照しながら知識を仕入れた方が、全体像はつかみやすいかもしれない。

 ただ、帝国周辺勢力との激しい攻防の様子を眺めていると、様々な王朝や遊牧民族が入り乱れる中央アジア地域で、このような一大帝国を建設することがいかに困難な事業であったかを、ひしひしと実感することはできる。こうした覇権国家の出現は、やはりティムールという一代の英雄による、偶発的な産物の側面が強いのではないか。彼の死後、帝国の権力が、帝都を中心とする中央政権と複数の地方政権に事実上分散し、やがて分裂・滅亡の途を辿っていったことは、この複雑な地域で継続的に帝国を運営していくことの困難性を物語るものではないかと思えた。

 また、本書の後半では、ティムール及び彼の帝国が、どのように自らの権威の正統性を構成・主張していったかについて、詳しく解説がなされている。ティムール帝国がチャガタイ・ウルスフレグ・ウルス、つまりモンゴル帝国を継承する国家であると位置づけたり、時には系図を創作したりもしながら王権の大義名分を整えていく過程は、歴史上の権力者たちが行ってきた、他のいくつかの類例を想起させるものでもある(たとえば、モスクワ大公国がローマ帝国の後継を自任したり、徳川氏が新田氏の後裔を自称したりした例など)。このような権威の箔付け作業に見られる、洋の東西を問わない不思議な類似性・共通性は、読んでいて興味深い部分である。


posted by A at 13:09| 本(歴史) | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

【本】後藤正治「牙 江夏豊とその時代」

「牙 江夏豊とその時代」 後藤正治/講談社文庫/2005年
(単行本は、2002年に講談社から刊行)

 20世紀最高の投手の一人にも数えられる左腕投手・江夏豊の、主に阪神時代の活躍や苦悩を描いたノンフィクション。

 通算206勝158敗193セーブ(セーブ制度導入以前の記録を含めれば、実質230セーブ)の記録を打ち立てた大投手、江夏豊の野球人生を描写した作品である。江夏本人のほか、阪神時代の同僚選手である辻恭彦、田淵幸一、藤田平、遠井吾郎、藤井栄治、川藤幸三、池田純一や、ライバル球団・巨人の王貞治、堀内恒夫、森昌彦(のち祇晶)、土井正三、黒江透修、柴田勲、さらにトラ番のベテラン記者たちや、甲子園のグラウンドキーパーに至るまで、阪神時代の江夏と交錯したさまざまな人々に取材し、江夏豊という人物の実像を丁寧に浮かび上がらせている。

 そうした江夏周辺の群像のうち、本書の最後の場面で取り上げられているのは、大洋ホエールズの林健造という選手である。プロ野球選手としてごく平凡な成績しか残さず、ほぼ無名の存在の林がなぜこの本に登場するのか、詳細は本書を参照されたいが、江夏という一流投手と渡り合った過去を、彼は以下のように述懐している。

「……いまもときどき思うんです。長嶋がいて王がいて江夏がいた。あの時代、プロの最高のピッチャーから、俺みたいなへぼバッターが打ったことがあるんだということね、嘘みたいに思えるんですよ。……ピカッと一瞬触れ合っただけだけど、それでもそれは箪笥の奥に大事にしまい込んである宝物のようなもんです。人にいったことはないですけどね……」

 彼のいう「箪笥の奥に大事にしまい込んである宝物」とは、きっと誰もが、大なり小なり大切に持っているものなのだろう。そしてそういったものが、代わり映えのしない日々を生きていくための、一つのよすがになるのではないか、などといったことを考えた。

 なお、本書の中では、学生運動にも没入できないまま冷めた学生時代を過ごし、サラリーマン時代を経てライターへの道を歩んでゆく20代の著者の姿が、江夏の野球人生と重層的に描かれている。人気球団の重圧の中で苦闘する江夏と、同世代の無名の若者である著者の彷徨を重ね合わせることで、本書はさらなる深みを湛えた作品に仕上がっている。作中の展開を踏まえれば、この本が江夏の南海移籍で締めくくられることは必然なのかもしれないが、優れたノンフィクション作家である著者の描く、江夏の南海での再生、そして広島での栄光の軌跡も、やはり見てみたかった気はする。

posted by A at 23:06| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

ニューギニア戦線の「サンドイッチ部隊」について

 今回は、太平洋戦争のニューギニアの戦いでほぼ全滅の悲運に遭った、「サンドイッチ部隊」について概要をまとめてみたい。なお、ニューギニアの地図としてはこちらや、こちらを参照されたい。

 過去の記事でも簡単に触れたことがあるが、東部ニューギニア戦線で苦難の撤退戦を続けていた日本陸軍の第18軍は、昭和19年4月当時、西部ニューギニアで防備を固めつつあった第2軍との合流を目指して、西方への過酷な転進を行っている最中だった。そんな中で飛び石作戦を採用した米軍は、4月22日、第18軍が集結しつつあったウエワクの、さらに西方約200kmに位置するアイタペと、同じく西方約350kmのホーランジア(ホーランディア、ホルランジャなどとも表記される。現在の地名はジャヤプラ)に同時上陸した。これにより第18軍は敵中に孤立し、終戦を迎えるまで困難な現地自活を強いられることになった。

 この米軍上陸当時、たまたまアイタペとホーランジアの間を、西方に向けて転進中の部隊があった。戦史叢書「南太平洋陸軍作戦5 アイタペ・プリアカ・ラバウル」によれば、以下の各隊がそれであり、総人員は約2,500名程度だったという。

・第18軍司令部の一部(軍獣医部長石坂九郎治中佐指揮)
・第41師団の一部
・野戦高射砲第61大隊主力
・独立工兵第36連隊主力
・第1揚陸隊主力
・第36野戦道路隊主力
・軍補給諸廠の一部
・第23野戦防疫給水部
・建築勤務第51中隊の一部

(注:このほか、少なくとも島田覚夫氏が所属した第209飛行場大隊の一部が存在する。同大隊が上記の戦史叢書に記載されていないのは、この部隊が第18軍ではなく、第4航空軍(第6飛行師団)の所属だったためか。
 また、海軍にも西方移動中の部隊があったほか、バニモ(アイタペとホーランジアの間にある港町)やアイタペに駐屯していた部隊があった)

 東西を米軍に挟まれ、脱出の術を失ってしまったこれらの部隊は、当時「サンドイッチ部隊」と呼称された。この「サンドイッチ部隊」と、アイタペから西を目指して撤退してきた一部の部隊、合計約4,000〜5,000名は、ホーランジアのはるか南を迂回し、第36師団が駐屯する西部ニューギニアのサルミ(ホーランジアの西約400km)への転進を図った。
 そして、戦史叢書「南太平洋陸軍作戦5」と「豪北方面陸軍作戦」によれば、これら諸隊の辿った末路は以下のようなものであった。

・各部隊は、バニモからアルソー(注:現インドネシア・パプアニューギニア国境付近の山中にあった、日本軍の兵站基地)へ転進
・この地域は山地峻険であったため、アルソーへの到着には半月〜1月程度を要した
・アルソーで陸稲その他の現地物資を入手
・6月上旬ごろアルソーを出発。梯団を組み、ゲニムに向かう(注:ゲニムはホーランジア南西の地点であり、この頃既に米軍が占領していた。なお、この地図ではセンタニ湖沿いに「Genyem」の表記があるが、戦記を読む限り、日本軍が目指したのはもっと山中の地点だったように思われる)
・ゲニムへの移動途中、地形錯雑のため方向を誤る。やむを得ず各部隊は、ばらばらに分かれてゲニムに前進
・6月中旬〜下旬ごろ、ようやくゲニム付近に到達
・ところが、ゲニムで敵の潜伏攻撃を受け、各隊の大半は散乱
・生き残った者のみが数名〜小部隊ごとの一団となりサルミを目指すが、サルミまで辿り着けた者はほぼ皆無
・結果的に、ホーランジア南方の錯雑地を西移する間に、部隊のほとんど全部は死亡。死亡率は99.9%に達したものと判断される
(注:戦史叢書に書かれた「99.9%」という数字の根拠は不明だが、後述の奥崎謙三氏のように、捕虜になって生還した者の存在は考慮していない数字であるように思われる)

 こうして、「サンドイッチ部隊」を含む約4,000〜5,000名の部隊は、ほぼ全滅に追い込まれた。個々の兵士たちがどこを流転し、どこで戦没したのか、詳細は現在でも明らかでない。確認できた範囲では、以下の書物に、これらの部隊に関する記述がある。

・島田覚夫「私は魔境に生きた」(光人社NF文庫ほか)
 著者は「サンドイッチ部隊」の奇跡的な生還者であり、部隊の雰囲気を克明に書き残している。同書によれば、著者一行は米軍上陸の前日にアイタペを出発し、そのままホーランジアを目指して西進。5月30日になってようやくホーランジア陥落の事実を知り、6月12日に、出会った日本兵から以下の情報を聞く。

「ホルランヂアの南方を迂回する友軍の撤退路は完全に敵に遮断せられ、夜は探照燈まで使用しての警戒でとうてい突破は不可能である。付近は股を没する一面の湿地で、この路を避けることができず、強引に突破を試みた友軍の大多数はその地で全滅した。折柄タミ川付近に在った独立工兵連隊は集団行動の不可能を思い、部隊はついに解散、各自の自由行動をとることになった。再びアルソーに引き返す者もあり、大部は友軍再挙の日を待ち密林に入って待機するなどの手段をとった」

 この情報を受けて、著者一行もジャングル籠城を決意した。そして昭和30年、生き残った4名が日本の土を踏んだのである。
 なお、同書初版の刊行は1986年であるため、戦史叢書執筆者は、彼らの存在を認識していなかったのではないかと思われる。

・「丸別冊 地獄の戦場 ニューギニア・ビアク戦記」所収 高橋孫三郎「第九艦隊が壊滅した日」
 本記事によれば、昭和19年4月にバニモを発ち、20年2月にサルミに到着した高砂義勇隊員が、3名いたそうである。彼らがそのまま終戦を迎えられたとすれば、彼らこそが、4,000〜5,000名のうち0.1%の生還者に含まれるのだろう。

奥崎謙三「ヤマザキ、天皇を撃て!」(三一書房ほか)
 著者は独立工兵第36連隊所属であり、捕虜になり生還した人物である。本書にジャングル彷徨時期についての記述があるとのことだが、個人的に未読のため言及は避ける。

・佐藤清彦「土壇場における人間の研究」(芙蓉書房出版)
 戦前の流行歌手、上原敏(第1揚陸隊第2中隊所属)に関する記述がある。彼は昭和19年3月末か4月初旬ごろ、ウエワク・アイタペ間で道路補修・架橋作業に従事していた独立工兵第33連隊第3中隊の将兵60名の前で、乞われて「妻恋道中」「流転」の2曲を歌っている。その後、彼の所属する第1揚陸隊主力は、アイタペ・ホーランジア間を西進中に4月22日の米軍上陸を迎えており、以後の彼の消息は明らかでない。

 ニューギニア戦線では、ホーランジアの戦いの参加者(約13,500名戦没)、「イドレ死の行軍」の参加者(約10,000〜12,000名戦没)のように、戦闘以外の過程で膨大な将兵・軍属が死亡した事例がある。そうしたいくつかのケースの中でも、この「サンドイッチ部隊」は、極端に生還率が低い部隊である。多くの戦没者が内陸で死亡していることもあり、遺骨収集は、今でも十分に果たされていないのではないかと思われる。南溟の地に果てた人々の冥福を、ただ祈るほかない。


(補記)アイタペ、ホーランジアの守備隊について
 合わせて、アイタペ、ホーランジアの守備隊についても簡単に整理しておく。

<アイタペ守備隊>
 戦史叢書「南太平洋陸軍作戦5」によれば、米軍の上陸を受けた際、アイタペには以下の兵力があった。

・アイタペ警備隊(安部龍三大尉の指揮する第20師団補充員2個中隊、約450名)
・第54兵站地区隊アイタペ支部(竹井作市中佐以下100名)
・第31碇泊場司令部の一部
・第3揚陸隊主力(隊長 淺尾時正大佐)
・軍補給諸廠の一部
・前田奉公隊(前田主計大尉の指揮する現地人部隊)
・飛行場部隊および防空部隊
以上合計 約2,000名
(注:このほか、海軍第27根拠地隊の約200名がいた。また、第18軍憲兵隊が当時アイタペに向かっていたが、米軍上陸時にアイタペに到着していたかどうかは不明とのこと)

 これらのうち、安部大尉の指揮する部隊は東方の第18軍に向けて撤退し、5月10日、約200名が第20師団への合流に成功している。一方、兵站支部その他の部隊はホーランジア方面への転進を図ったものの、「サンドイッチ部隊」と同様の運命を辿っている。


<ホーランジア守備隊>
 米軍上陸時、ホーランジアには約14,600名の兵力があったが、そのほとんどは後方部隊などであり、戦闘能力は皆無に等しかった。これらの部隊は西方のサルミに向けて撤退したが、大半の将兵が戦没している。生還が確認できるのは、サルミ周辺地区で終戦を迎えられた約400名、ホーランジアで捕虜になった600名強であり、このほか稲田正純第6飛行師団長以下の若干名が、昭和19年時点でニューギニアを脱出している。
 この部隊の悲惨な撤退行と現地自活については、以下の各書に詳述されているので、ここでは記述を割愛する。

・戦史叢書「南太平洋陸軍作戦5 アイタペ・プリアカ・ラバウル」「豪北方面陸軍作戦」「西部ニューギニア方面陸軍航空作戦」の各書
・田中宏巳「マッカーサーと戦った日本軍 ニューギニア戦の記録」(ゆまに書房)
・佐藤清彦「土壇場における人間の研究」(芙蓉書房出版)
・「丸別冊 地獄の戦場 ニューギニア・ビアク戦記」所収
  坂本経雄「ホーランジア→サルミ「死の行進」」
  高橋孫三郎「第九艦隊が壊滅した日」

 また、個人的には未読だが、ラバウル・ニューギニア陸軍航空部隊会編「幻 ニューギニア航空戦の実相」にも、ホーランジア撤退部隊に関する詳しい記述があるようである。


posted by A at 21:06| 雑記(戦記関係) | 更新情報をチェックする