2016年08月27日

【本】衣笠周司「戦時下の記者たち −セレベス新聞を読む−」

「戦時下の記者たち −セレベス新聞を読む−」 衣笠周司/向陽書房/1997年

 昭和17年から20年にかけて、日本軍政下のセレベス島(現・スラウェシ島)で発行された、「セレベス新聞」の製作経緯を追ったノンフィクション。

 太平洋戦争が始まり、日本軍が南方地域を占領すると、軍は占領地で新聞の発行を志向するようになった。現地日本人の戦意高揚と土着住民への宣伝工作のために、新聞が有効なツールだと考えたのである。そして陸海軍は、それぞれの担当軍政地域での新聞刊行業務を、有力新聞社に委託することとした。その結果、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、同盟通信ほかの各社が、各地に記者や編集機材を送り込み、現地での新聞発行を担うことになった。ちなみに、陸軍が新聞発行を委嘱した地域はジャワ(朝日)、フィリピン(毎日)、ビルマ(読売)、マレー・シンガポール・スマトラ・北ボルネオ(同盟ほか)。海軍は、南ボルネオ(朝日)、セレベス(毎日)、セラム(読売)であった。

 このうち、海軍の委託によりセレベス島で発行された「セレベス新聞」は、大阪毎日新聞社・東京日日新聞社(現在の毎日新聞社)から派遣された日本人記者や業務・工務関係社員、のべ100人以上によって製作された。「セレベス新聞」の本社は南セレベスのマカッサルに置かれたが、北セレベスのメナドにも支社が設けられ、「セレベス新聞・メナド版」を発行していた。また、現地住民や華僑のスタッフも使って、現地語の新聞「プワルタ・セレベス」も刊行していたのだという。発行部数としては、「セレベス新聞」は、最盛期にはマカッサルだけで8,000部。「プワルタ・セレベス」は、マカッサルで3万部、メナドでも28,000部に及んでいる。

 昭和17年12月8日に創刊号が刊行された「セレベス新聞」は、わずか2ページの構成ながら、日刊(毎週月曜休刊)で発行され、価格は1部7銭(のち8銭)。一面には、東京本社から電話で送稿された、国内の新聞と同じ記事(大本営発表の戦況報道など)が主に掲載されており、二面には記者が現地で取材した記事も多く載せられた。終戦後の20年9月頃まで発行が続けられ、最終号は800号を越していたとも言われている。終戦とともに、現地に残されていた新聞が焼却されたため、戦中に内地に回送された分を除き、少なくない紙面は現存していないとのことである。

 本書は、この「セレベス新聞」の発行に携わった毎日新聞記者たちの回想を踏まえつつ、新聞の編集作業の実態や、戦時のセレベス島の様子などを描いた著作である。比較的平和なセレベス島で、記者たちが住民の文化を取材して記事にする様子や、戦後の捕虜収容所や日本への復員船の中でさえガリ版刷りの新聞を発行し続けたことなど、当時の新聞関係者の活動状況がありのままに描かれていて興味深い。あまり広く知られた本ではないけれど、南方軍政地域でのメディア関係者の姿を分かりやすく伝えた、好著と言ってよいのではないかと思う。


posted by A at 20:13| 本(戦記) | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

【本】後藤正治「人物ノンフィクションT 一九六〇年代の肖像」

「人物ノンフィクションT 一九六〇年代の肖像」 後藤正治/岩波現代文庫/2009年

 1960年代に活躍した歌手やスポーツ選手などの軌跡を追ったノンフィクション。取り上げられた人物は、藤圭子、ファイティング原田、ビートルズ&ボビー・チャールトン、シンザンをめぐる人々、吉本隆明。2000年前後に「Number PLUS」などの雑誌に発表された記事を、加筆・修正したもの。

 60年代を象徴する人々に焦点を当てたノンフィクション作品群である。高度経済成長期の当時から既に半世紀が経過し、往時の出来事も歴史の一ページに変わりつつあるが、この時代をリアルタイムで体験した著者は、登場人物たちの足跡を紹介するとともに、当時の社会風潮や人々の価値観をも丹念に描き出している。

 著者の作品では、「遠いリング」(講談社ノンフィクション賞)、「リターンマッチ」(大宅壮一ノンフィクション賞)、「咬ませ犬」など、ボクシングを扱った名作ノンフィクションの数々が知られているが、本書でも、ファイティング原田を取り上げた「黄金時代」は、特に秀逸な一編であるように思えた。原田という人物の前向きな人生観や、しなやかで強靱な生き様を丁寧に描写し、彼の魅力を存分に伝えている。読後感の良い作品だった。

 また、1964年に三冠馬となったシンザンをテーマとした作品も興味深い。厩舎関係者たちの迷いや葛藤と、それらとは対照的なシンザン自身の悠揚迫らぬ活躍ぶりが、克明に映し出されている。私自身は現役当時のシンザンを知らないが、孫に当たるマイシンザンのレースを、10代半ば頃に何度かテレビの競馬中継で見たことがある。彼が関西のGVで久々に重賞勝利を挙げたとき、そういえば彼の祖父はまだ長寿を保っているんだな、という事実を思い出して、偉大な競走馬の生命力の強さに、改めて驚きを覚えたことを記憶している。

posted by A at 16:21| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

ガダルカナル戦のしんがり、一木支隊

 ガダルカナル島の戦いの「一木支隊」といえば、この戦いの先陣を切った部隊としてその名を知られている。昭和17年8月20〜21日に、一木支隊の第一梯団916名がガダルカナル戦の第一次攻撃を敢行、奮戦したものの衆寡敵せず、ほぼ全滅に近い損害を蒙っている。その後、一木支隊の第二梯団(約1,000名)もガ島に送られ、川口支隊による第二次攻撃に参加している。

 これらの戦闘と、その後の飢餓を経て生き残った一木支隊の残存将兵は、ガダルカナル戦の最終盤まで島に残って敵を食い止め、最後の撤退でガ島から撤収している。今回は、戦史叢書(「南太平洋陸軍作戦1」及び同「2」)と、亀井宏「ガダルカナル戦記」、そして「丸別冊 最悪の戦場 ガダルカナル戦記」に所収された「ガ島への先陣「一木支隊」の戦歴」(著者:山本一・元中尉、当時一木支隊本部付)を基に、一木支隊のガダルカナル島への上陸過程と、その後の戦闘経過についてまとめてみた。

 まず、山本元中尉の手記によれば、一木支隊の編成は以下のとおりだった。

〔一木支隊第一梯団〕
○支隊本部
 支隊長  一木清直大佐(歩兵第28連隊長)
 連隊旗手 伊藤少尉
 副官   富樫大尉
 通信隊長 渋谷大尉
 本部附  田坂軍医大尉
  〃   篠原主計中尉
  〃   榊原中尉
 大島通訳

○大隊本部
 大隊長  蔵本少佐
 副官   近藤中尉
 本部附  羽原少尉

○四コ中隊編成(各隊105名限り)
 中隊長  沢田大尉 105名
  〃   樋口中尉 105名
  〃   丸山中尉 105名
  〃   千葉中尉 105名
 大隊砲小隊(砲二門) 50名
  小隊長 花海少尉

○支隊直轄
 機関銃中隊(重機八挺)110名
  中隊長 小松中尉
 配属工兵中隊(火炎放射器携行)150名
  中隊長 後藤中尉

合計 916名


〔一木支隊第二梯団〕
○大隊本部 水野少佐
 副官兼兵器係 山本少尉(手記著者)
 軍医   坂本中尉
 〃    織田中尉
 薬剤官  小林少尉
 憲兵   矢野中尉

○一般中隊(将校全欠)
 各中隊で駆逐艦乗員制限のため、残留した下士官兵総員約200名および弾薬班、行李班員340名

○速射砲中隊(四門)  大久保中尉
 連隊砲中隊(四門)  和田中尉
 独立速射砲中隊(八門)中岡大尉
 工兵中隊残員     星野中尉

合計 約1,300名
(※ただし、このうち弾薬班、行李班員340名の一部と、独立速射砲中隊の一コ小隊(四門)はガ島に上陸せず、後方に残置された模様)


 これらの部隊は、以下のような行動経過を辿っている。

・昭和17年8月18日 一木支隊第一梯団が、ガダルカナル島タイボ岬に上陸成功
・8月20〜21日 第一梯団のイル川渡河攻撃失敗。戦死777名、戦傷約30名。山本手記によれば、一木支隊長は拳銃で自決。軍旗は連隊旗手・伊藤致計少尉が奉焼し、伊藤少尉は手榴弾で自決
・8月26日 輸送船「ぼすとん丸」及び「大福丸」に分乗して、トラック島からガダルカナル島を目指していた第二梯団(約1,000名)は、輸送作戦失敗によりショートランド泊地に退避
・8月29日 第二梯団の一部(300名、速射砲四門を含む)は、駆逐艦「海風」「江風」に分乗し、タイボ岬に上陸成功
・8月30日 第二梯団の一部(約260名)は、駆逐艦「夕立」及び哨戒艇4隻に分乗し、タイボ岬に上陸成功
・9月1日 川口支隊長(川口清健少将)は、一木支隊第一梯団の残部及び第二梯団をもって、歩兵2中隊、連隊砲1中隊(4門)、速射砲2中隊(各中隊4門)及び工兵小隊等からなる混成大隊を編成させ、これを「熊大隊」と呼称することとした。大隊長には、一木支隊副官だった水野鋭士少佐が任命された(注:「熊」は、歩兵第28連隊が所属する第7師団の兵団文字符
・9月4日 第二梯団残部と青葉支隊の一部(歩兵第4連隊第2大隊)、合計約1,000名は、駆逐艦「浦波」「敷波」「有明」「夕立」「初雪」「叢雲」に分乗し、タイボ岬に上陸成功
・9月12〜14日 川口支隊総攻撃に当たって、熊大隊は大隊本部と第1中隊第1小隊が夜襲を決行するも不成功、水野少佐以下約100名戦死。大隊のその他の部隊は、地形不明のため攻撃準備位置に進出できず
・その後、熊大隊残存将兵は岡部隊(歩兵第124連隊)への合流を目指して撤退するも、食糧皆無のため絶食状態の行軍を強いられる。過度の疲労と栄養失調、マラリア、アメーバ赤痢などのため死者続出
・この頃、北尾淳二郎少佐(歩兵第28連隊長代理、陸士45期)が水野少佐の後任として着任。岡部隊との合流後、熊大隊の残存将兵で1個中隊を編成し、糧秣の陸路輸送任務に従事
・10月20日 第2師団の総攻撃に際して、北尾少佐が指揮する一木支隊の残部100名が輜重隊に配属。総攻撃は失敗し、26日中止
・11月2日 米軍の反撃に際して、北尾部隊約70名が歩兵第4連隊に増援される
・その後、北尾部隊は海岸警備隊としてタサファロング付近に駐屯
・昭和18年1月21日 歩兵第28連隊長一木大佐の後任として、松田教寛大佐(陸士28期、陸大専科卒)がガダルカナル島に着任。一木支隊残存将兵の指揮を北尾少佐から引き継ぐ。このとき一木支隊の残存兵力は約300名で、その大部分は傷病兵。保有する残存兵器は、小銃56、擲弾筒2
・2月1日 ケ号作戦(撤退作戦)開始。第1次撤退成功
・2月4日 第2次撤退成功。第17軍司令部も撤退し、残留部隊約2,000名の総指揮を松田大佐が執ることになる。一木支隊残存将兵も、撤退支援のためガ島に送り込まれた矢野集成大隊(長:矢野桂二少佐)などとともに島に残り、敵を拒止
・2月7日 第3次撤退成功。松田大佐以下、一木支隊残存将兵も撤退
「噫思へば我歩兵第二十八聯隊は一木大佐に依り陸軍部隊として第一次に上陸し、今亦後任の予が最後の軍を収容し以て我聯隊歴史を飾れり」(松田大佐の手記より)
・一木支隊生還者は本土に帰還。第17軍参謀長・宮崎周一少将の記録によれば、一木支隊のガダルカナル島上陸人員は2,108名、島からの撤収人員は264名とされている


 なお、第3次撤退作戦実施の見通しが立たず、後衛部隊生還の可能性は低いと見られていた状況下で、一木支隊が最後までガ島に残された理由に関して、亀井宏「ガダルカナル戦記」には以下のような記述がある。

「(山本)中尉はさらに自説を敷衍して、「俺たち旧一木支隊は、軍旗を喪失しているから、こうやって見殺しにされるんだな」という感触をこの時点で持ったという。(中略)
 軍旗を喪失したために殿部隊として残されたのだとする先の山本中尉の指摘であるが、そういわれてみれば、後に述べるように、総後衛部隊の中核は、第二十八聯隊(松田部隊)以下第二十九聯隊、百二十四聯隊の生存者で構成されている。二十九聯隊の場合は、昭和十七年十月の総攻撃の章で詳述したように、聯隊長古宮大佐と共に軍旗を喪なってしまったし、百二十四聯隊の軍旗は、この時点ではまだ存在が危ぶまれていた」
(注:歩兵第124連隊の軍旗については、敵の包囲下で一度アウステン山の地中に埋められ、その後掘り出されて持ち帰られたことになっているが、状況には不明な点が多い)

 歩兵第28連隊(旭川)、第29連隊(会津若松)、第124連隊(福岡)は、いずれ劣らぬ精鋭部隊であり、ガ島でも、戦機に恵まれなかった面はあるにせよ勇戦敢闘している。彼らが、半ば見捨てられるような形で島に残留させられた事実からは、軍旗にまつわる旧軍の、行き過ぎと言うほかない峻厳さ・冷酷さを垣間見る思いがする。


posted by A at 19:10| 雑記(戦記関係) | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

【本】糸井重里ほか編「あるとしか言えない」

「あるとしか言えない 赤城山徳川埋蔵金発掘と激闘の記録」 糸井重里&赤城山埋蔵金発掘プロジェクトチーム編/集英社/1993年

 「あるとしか言えない」という書名と、糸井重里の名を見てピンときた方は、おそらく30代後半以上の方ではないか。1990年代初期に、TBSのテレビ番組「ギミア・ぶれいく」で放送された、徳川埋蔵金発掘プロジェクトの経緯をまとめたのが本書である。やけに勇壮なテーマ曲をバックに、ユンボが深い穴を掘り返す映像を、私も子供心に見た記憶がある。

 本書によれば、元々この埋蔵金発掘プロジェクトは、番組制作会社のプロデューサーたちが「超能力者が埋蔵金を探すような番組を作ったら面白いね」などということを、飲み屋のバカ話で思いついたあたりから話が始まったのだそうだ。TBSがこの企画に乗ったため番組作りはスタートしたが、制作会社はまずメインキャスターを誰にするかで悩むことになる。「企画が企画だけに、普通のタレントさんじゃ軽くなりすぎるし、そうかと言って学者の先生じゃ堅すぎる」ということで、彼らは駄目元で、多彩な分野で活躍する糸井重里にオファーを出す。すると、大抵の仕事は断っていた多忙な糸井は、たまたま群馬県前橋の出身だったこともあり、「ひさびさに地元に帰って、超能力者と赤城山をぶらぶらするのもおもしろい」といった軽い気持ちでこの仕事を引き受けたのだった。後にこのプロジェクトにどっぷりのめり込んだ観のある彼も、埋蔵金との最初の出会いは、ごく気軽なものだったのだ。

 そして始まった最初の数回の放送では、当初のコンセプトどおり、わざわざアメリカから超能力者を呼び寄せ、オカルト的な手法で埋蔵金へのアプローチが試みられた。これが「超能力バラエティ番組」として好評を博し、20%近い視聴率を集めることになる。そして超能力者らの言うままに地面を掘り返したところ、地中の洞窟など、埋蔵金の存在を匂わせると言えなくはないような物証が見つかってしまう。このため番組は、重機を導入して本格的に地面を掘り進める成り行きとなり、結果的に気合いの入った「土木番組」の様相を呈していくのであった。

 大方の予想通り、この番組はとうとう埋蔵金を見つけることはできなかった。また、現在よりも番組制作のモラルがおおらかだった時代でもあり、もしかすると番組の展開には、多少の「やらせ」の要素もあったのかもしれない。ただ、こうした荒唐無稽な夢にはある種の抗いがたい魅力があり、ついついチャンネルを合わせてしまう番組でもあった。一向に埋蔵金が見つからないまま迎えた企画終盤の第7回放送でも、実に21.7%もの視聴率を獲得しており、娯楽番組としては十分に成功した例と言えるのだろう。


posted by A at 23:55| 本(その他) | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

【本】遠藤ケイ「熊を殺すと雨が降る」

「熊を殺すと雨が降る 失われゆく山の民俗」 遠藤ケイ/ちくま文庫/2006年
(単行本は1992年に岩波書店から刊行、2002年に山と渓谷社から再刊)

 山に暮らす人々の生活様式を、「山の仕事」「山の猟法」「山の漁法」「山の食事」「山の禁忌」の5つのテーマに分けて詳述した本。

 山に生きる人々の暮らしを描いた、「山の民俗学」の集大成とも言うべき一冊である。著者自身が日本全国の山々を回り、実際に目の当たりにした山間の人々の生活ぶりや、独特な猟法・漁法、昔からの言い伝えなどを、克明なタッチの絵とともに詳細に書き残している。既に消滅してしまった山仕事や猟法なども多いと思われる現在、これらの記録は類稀なものであろう。

 この本のタイトルにもなっている、熊猟に関する記述にも大いに興味を惹かれたが、ここでは、山での労働に携わる人々の食事について触れてみたい。本書の第4章「山の食事」によれば、山で働く男たちは、メンパ(檜や杉の柾目板を楕円形に曲げて作った容器)の蓋と本体に、1升もの飯をぎゅうぎゅうに詰め、弁当として山に持って行くのだという。そして午前10時になると、まずメンパの蓋側の飯を、飯の中に詰めてきた梅干しや漬け物をおかずにして食べる。その次の食事は午後2時で、以下のようにして食べるのだそうだ。

「二度目の食事のときには、メンパの蓋があいているので、それで汁を作る。具は山で採取した岩菜(イワタバコ)やフキノトウ、セリ、ミツバ、タラの芽、アサツキなどの季節の山菜。ときに沢で捕った岩魚や山女を入れることもある。魚は、近くに沢があれば、作業の合間の半時ほどの休み時間に降りていって、手摑みで捕ってくる。
 魚は腹を裂いて内臓を抜き、串に刺して焼く。塩は使わず、素焼きにする。強火の遠火で、じっくり焼いて水分を抜く。生焼けで汁に入れると生臭みが残る。(中略)
 メンパの蓋にありあわせの山菜をちぎって入れ、素焼きにした魚を入れる。持参した味噌と乾燥ワカメを加え、沢で汲んだ水を注ぎ入れる。そうしておいて、焚き火の中で焼いた石をつまみ出して器の中に落とす。(中略)
 器の中の水は瞬時にして沸騰し、間欠泉のような熱湯を噴き上げる。火力が弱ければ石を二個、三個と入れる。強い火力で、一瞬のうちに煮えたぎらせた味噌汁は格別にうまい。味噌は煮つまらず、山菜も青さを失わずにシャキッとしている。岩魚や山女のダシが出て、一層味に深みを加える。
 煮えたぎった汁が喉を焼き、五臓六腑に染み渡る。冷えた飯をかき込み、汁をすすり、岩魚に頭からかぶりつく。体の内側からポカポカとぬくまってきて、額に汗が浮く。冷える山では、焚き火の火と白い飯、そして熱い汁が何よりのご馳走である」

 本書では、この他にも様々な山の食事が紹介されているが、どれも実に美味しそうである。このような独特な料理法も、林道が四通八達して山への物資の搬入が容易になったり、そもそも山仕事に従事する者が減ってきてしまった現代では、次第に廃れていくのは避けられないことなのだろう。これもやむを得ない変化なのだろうが、長年受け継がれてきた先人の知恵が失われるのは、やはり惜しい気がする。

posted by A at 21:00| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする