2016年03月13日

【本】後藤正治「牙 江夏豊とその時代」

「牙 江夏豊とその時代」 後藤正治/講談社文庫/2005年
(単行本は、2002年に講談社から刊行)

 20世紀最高の投手の一人にも数えられる左腕投手・江夏豊の、主に阪神時代の活躍や苦悩を描いたノンフィクション。

 通算206勝158敗193セーブ(セーブ制度導入以前の記録を含めれば、実質230セーブ)の記録を打ち立てた大投手、江夏豊の野球人生を描写した作品である。江夏本人のほか、阪神時代の同僚選手である辻恭彦、田淵幸一、藤田平、遠井吾郎、藤井栄治、川藤幸三、池田純一や、ライバル球団・巨人の王貞治、堀内恒夫、森昌彦(のち祇晶)、土井正三、黒江透修、柴田勲、さらにトラ番のベテラン記者たちや、甲子園のグラウンドキーパーに至るまで、阪神時代の江夏と交錯したさまざまな人々に取材し、江夏豊という人物の実像を丁寧に浮かび上がらせている。

 そうした江夏周辺の群像のうち、本書の最後の場面で取り上げられているのは、大洋ホエールズの林健造という選手である。プロ野球選手としてごく平凡な成績しか残さず、ほぼ無名の存在の林がなぜこの本に登場するのか、詳細は本書を参照されたいが、江夏という一流投手と渡り合った過去を、彼は以下のように述懐している。

「……いまもときどき思うんです。長嶋がいて王がいて江夏がいた。あの時代、プロの最高のピッチャーから、俺みたいなへぼバッターが打ったことがあるんだということね、嘘みたいに思えるんですよ。……ピカッと一瞬触れ合っただけだけど、それでもそれは箪笥の奥に大事にしまい込んである宝物のようなもんです。人にいったことはないですけどね……」

 彼のいう「箪笥の奥に大事にしまい込んである宝物」とは、きっと誰もが、大なり小なり大切に持っているものなのだろう。そしてそういったものが、代わり映えのしない日々を生きていくための、一つのよすがになるのではないか、などといったことを考えた。

 なお、本書の中では、学生運動にも没入できないまま冷めた学生時代を過ごし、サラリーマン時代を経てライターへの道を歩んでゆく20代の著者の姿が、江夏の野球人生と重層的に描かれている。人気球団の重圧の中で苦闘する江夏と、同世代の無名の若者である著者の彷徨を重ね合わせることで、本書はさらなる深みを湛えた作品に仕上がっている。作中の展開を踏まえれば、この本が江夏の南海移籍で締めくくられることは必然なのかもしれないが、優れたノンフィクション作家である著者の描く、江夏の南海での再生、そして広島での栄光の軌跡も、やはり見てみたかった気はする。

posted by A at 23:06| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

ニューギニア戦の「サンドイッチ部隊」について

 今回は、太平洋戦争のニューギニアの戦いでほぼ全滅の悲運に遭った、「サンドイッチ部隊」について概要をまとめてみたい。なお、ニューギニアの地図としてはこちらや、こちらを参照されたい。

 過去の記事でも簡単に触れたことがあるが、東部ニューギニア戦線で苦難の撤退戦を続けていた日本陸軍の第18軍は、昭和19年4月当時、西部ニューギニアで防備を固めつつあった第2軍との合流を目指して、西方への過酷な転進を行っている最中だった。そんな中で飛び石作戦を採用した米軍は、4月22日、第18軍が集結しつつあったウエワクの、さらに西方約200kmに位置するアイタペと、同じく西方約350kmのホーランジア(ホーランディア、ホルランジャなどとも表記される。現在の地名はジャヤプラ)に同時上陸した。これにより第18軍は敵中に孤立し、終戦を迎えるまで困難な現地自活を強いられることになった。

 この米軍上陸当時、たまたまアイタペとホーランジアの間を、西方に向けて転進中の部隊があった。戦史叢書「南太平洋陸軍作戦5 アイタペ・プリアカ・ラバウル」によれば、以下の各隊がそれであり、総人員は約2,500名程度だったという。

・第18軍司令部の一部(軍獣医部長石坂九郎治中佐指揮)
・第41師団の一部
・野戦高射砲第61大隊主力
・独立工兵第36連隊主力
・第1揚陸隊主力
・第36野戦道路隊主力
・軍補給諸廠の一部
・第23野戦防疫給水部
・建築勤務第51中隊の一部

(注:このほか、少なくとも島田覚夫氏が所属した第209飛行場大隊の一部が存在する。同大隊が上記の戦史叢書に記載されていないのは、この部隊が第18軍ではなく、第4航空軍(第6飛行師団)の所属だったためか。
 また、海軍にも西方移動中の部隊があったほか、バニモ(アイタペとホーランジアの間にある港町)やアイタペに駐屯していた部隊があった)

 東西を米軍に挟まれ、脱出の術を失ってしまったこれらの部隊は、当時「サンドイッチ部隊」と呼称された。この「サンドイッチ部隊」と、アイタペから西を目指して撤退してきた一部の部隊、合計約4,000〜5,000名は、ホーランジアのはるか南を迂回し、第36師団が駐屯する西部ニューギニアのサルミ(ホーランジアの西約400km)への転進を図った。
 そして、戦史叢書「南太平洋陸軍作戦5」と「豪北方面陸軍作戦」によれば、これら諸隊の辿った末路は以下のようなものであった。

・各部隊は、バニモからアルソー(注:現インドネシア・パプアニューギニア国境付近の山中にあった、日本軍の兵站基地)へ転進
・この地域は山地峻険であったため、アルソーへの到着には半月〜1月程度を要した
・アルソーで陸稲その他の現地物資を入手
・6月上旬ごろアルソーを出発。梯団を組み、ゲニムに向かう(注:ゲニムはホーランジア南西の地点であり、この頃既に米軍が占領していた。なお、この地図ではセンタニ湖沿いに「Genyem」の表記があるが、戦記を読む限り、日本軍が目指したのはもっと山中の地点だったように思われる)
・ゲニムへの移動途中、地形錯雑のため方向を誤る。やむを得ず各部隊は、ばらばらに分かれてゲニムに前進
・6月中旬〜下旬ごろ、ようやくゲニム付近に到達
・ところが、ゲニムで敵の潜伏攻撃を受け、各隊の大半は散乱
・生き残った者のみが数名〜小部隊ごとの一団となりサルミを目指すが、サルミまで辿り着けた者はほぼ皆無
・結果的に、ホーランジア南方の錯雑地を西移する間に、部隊のほとんど全部は死亡。死亡率は99.9%に達したものと判断される
(注:戦史叢書に書かれた「99.9%」という数字の根拠は不明だが、後述の奥崎謙三氏のように、捕虜になって生還した者の存在は考慮していない数字であるように思われる)

 こうして、「サンドイッチ部隊」を含む約4,000〜5,000名の部隊は、ほぼ全滅に追い込まれた。個々の兵士たちがどこを流転し、どこで戦没したのか、詳細は現在でも明らかでない。確認できた範囲では、以下の書物に、これらの部隊に関する記述がある。

・島田覚夫「私は魔境に生きた」(光人社NF文庫ほか)
 著者は「サンドイッチ部隊」の奇跡的な生還者であり、部隊の雰囲気を克明に書き残している。同書によれば、著者一行は米軍上陸の前日にアイタペを出発し、そのままホーランジアを目指して西進。5月30日になってようやくホーランジア陥落の事実を知り、6月12日に、出会った日本兵から以下の情報を聞く。

「ホルランヂアの南方を迂回する友軍の撤退路は完全に敵に遮断せられ、夜は探照燈まで使用しての警戒でとうてい突破は不可能である。付近は股を没する一面の湿地で、この路を避けることができず、強引に突破を試みた友軍の大多数はその地で全滅した。折柄タミ川付近に在った独立工兵連隊は集団行動の不可能を思い、部隊はついに解散、各自の自由行動をとることになった。再びアルソーに引き返す者もあり、大部は友軍再挙の日を待ち密林に入って待機するなどの手段をとった」

 この情報を受けて、著者一行もジャングル籠城を決意した。そして昭和30年、生き残った4名が日本の土を踏んだのである。
 なお、同書初版の刊行は1986年であるため、戦史叢書執筆者は、彼らの存在を認識していなかったのではないかと思われる。

・「丸別冊 地獄の戦場 ニューギニア・ビアク戦記」所収 高橋孫三郎「第九艦隊が壊滅した日」
 本記事によれば、昭和19年4月にバニモを発ち、20年2月にサルミに到着した高砂義勇隊員が、3名いたそうである。彼らがそのまま終戦を迎えられたとすれば、彼らこそが、4,000〜5,000名のうち0.1%の生還者に含まれるのだろう。

奥崎謙三「ヤマザキ、天皇を撃て!」(三一書房ほか)
 著者は独立工兵第36連隊所属であり、捕虜になり生還した人物である。本書にジャングル彷徨時期についての記述があるとのことだが、個人的に未読のため言及は避ける。

・佐藤清彦「土壇場における人間の研究」(芙蓉書房出版)
 戦前の流行歌手、上原敏(第1揚陸隊第2中隊所属)に関する記述がある。彼は昭和19年3月末か4月初旬ごろ、ウエワク・アイタペ間で道路補修・架橋作業に従事していた独立工兵第33連隊第3中隊の将兵60名の前で、乞われて「妻恋道中」「流転」の2曲を歌っている。その後、彼の所属する第1揚陸隊主力は、アイタペ・ホーランジア間を西進中に4月22日の米軍上陸を迎えており、以後の彼の消息は明らかでない。

 ニューギニア戦線では、ホーランジアの戦いの参加者(約13,500名戦没)、「イドレ死の行軍」の参加者(約10,000〜12,000名戦没)のように、戦闘以外の過程で膨大な将兵・軍属が死亡した事例がある。そうしたいくつかのケースの中でも、この「サンドイッチ部隊」は、極端に生還率が低い部隊である。多くの戦没者が内陸で死亡していることもあり、遺骨収集は、今でも十分に果たされていないのではないかと思われる。南溟の地に果てた人々の冥福を、ただ祈るほかない。


(補記)アイタペ、ホーランジアの守備隊について
 合わせて、アイタペ、ホーランジアの守備隊についても簡単に整理しておく。

<アイタペ守備隊>
 戦史叢書「南太平洋陸軍作戦5」によれば、米軍の上陸を受けた際、アイタペには以下の兵力があった。

・アイタペ警備隊(安部龍三大尉の指揮する第20師団補充員2個中隊、約450名)
・第54兵站地区隊アイタペ支部(竹井作市中佐以下100名)
・第31碇泊場司令部の一部
・第3揚陸隊主力(隊長 淺尾時正大佐)
・軍補給諸廠の一部
・前田奉公隊(前田主計大尉の指揮する現地人部隊)
・飛行場部隊および防空部隊
以上合計 約2,000名
(注:このほか、海軍第27根拠地隊の約200名がいた。また、第18軍憲兵隊が当時アイタペに向かっていたが、米軍上陸時にアイタペに到着していたかどうかは不明とのこと)

 これらのうち、安部大尉の指揮する部隊は東方の第18軍に向けて撤退し、5月10日、約200名が第20師団への合流に成功している。一方、兵站支部その他の部隊はホーランジア方面への転進を図ったものの、「サンドイッチ部隊」と同様の運命を辿っている。


<ホーランジア守備隊>
 米軍上陸時、ホーランジアには約14,600名の兵力があったが、そのほとんどは後方部隊などであり、戦闘能力は皆無に等しかった。これらの部隊は西方のサルミに向けて撤退したが、大半の将兵が戦没している。生還が確認できるのは、サルミ周辺地区で終戦を迎えられた約400名、ホーランジアで捕虜になった600名強であり、このほか稲田正純第6飛行師団長以下の若干名が、昭和19年時点でニューギニアを脱出している。
 この部隊の悲惨な撤退行と現地自活については、以下の各書に詳述されているので、ここでは記述を割愛する。

・戦史叢書「南太平洋陸軍作戦5 アイタペ・プリアカ・ラバウル」「豪北方面陸軍作戦」「西部ニューギニア方面陸軍航空作戦」の各書
・田中宏巳「マッカーサーと戦った日本軍 ニューギニア戦の記録」(ゆまに書房)
・佐藤清彦「土壇場における人間の研究」(芙蓉書房出版)
・「丸別冊 地獄の戦場 ニューギニア・ビアク戦記」所収
  坂本経雄「ホーランジア→サルミ「死の行進」」
  高橋孫三郎「第九艦隊が壊滅した日」

 また、個人的には未読だが、ラバウル・ニューギニア陸軍航空部隊会編「幻 ニューギニア航空戦の実相」にも、ホーランジア撤退部隊に関する詳しい記述があるようである。


posted by A at 21:06| 雑記(戦記関係) | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

【本】北浜駅勝手連 編「北浜の駅から」

「オホーツク海のほとり 北浜の駅から 旅情へのメッセージ」 北浜駅勝手連 編/1984年

 北海道・釧網本線の北浜駅に設置されていた「落書きノート」に、旅人たちが残していった書き込みを、一冊の本にまとめたもの。

 網走市のはずれ、オホーツク海のほとりにある北浜駅は、駅の間近まで流氷が押し寄せることで有名であり、昔から多くの旅人が訪れている。そうした旅人たちが、駅に置かれた「落書きノート」に書き残していった思い出を、一つの本に編集したのが本書である。傑作ノンフィクションとして名高い「北の無人駅から」(渡辺一史著/北海道新聞社)の中で言及されていたのを見て、興味があって入手してみた。

 本書刊行当時、北浜駅には既に23冊分の「落書きノート」が残されていたそうだが、本書には、主に昭和58年1月〜59年2月ごろの書き込みが抜粋・収録されている。同駅は59年2月29日に無人化されているので、その直前期の記録ということになる。最後の駅長となった田中勝美氏の、「なんとか旅の思い出を冊子に」という願いを受けて、有志たちが編集・刊行したのが本書なのだそうだ。出版社が書かれていないので、あるいは自費出版なのかもしれない。

 本の内容は、旅人たちが駅のノートに記していった旅の感動や思い出が、ただひたすら綴られているだけのものである。ストーリーも何もない、見方によっては平板な本だけれど、1980年代中頃の若者たちの、旅空の下での思いや悩みが率直に書き残されていて、意外に興味深い一冊になっている。この北辺の駅に、文字通り全国から旅人が集まってきていたことや、駅員たちとの交流など、当時の旅事情も間接的に窺い知ることができる。この時代の若者たちの感性や旅の雰囲気を、巧まずして捉えてみせた、思いのほか貴重な一書なのではないかと思う。

2016年01月16日

個人的な御礼

 このブログを開設してから、いつのまにか7年が経ちました。いつもご覧になって下さっている皆様には、本当に心から御礼申し上げます。更新頻度の低い、やる気の薄いブログですが、これからもほどほどのペースで続けていきたいと思います。

 どこで読んだ話か忘れましたが、ブログというものは、開設から1年〜1年半くらい経った頃に、書くネタが尽きて閉鎖したくなる潮目が来るのだそうです。このブログも例外ではなく、2010年ごろに、更新に飽きて休止宣言を出したことがありました(※当該記事は既に削除しています)。

 管理人の算段としては、更新休止を宣言してそのままブログを放ったらかし、アクセスがほとんどなくなった頃に、完全にブログを閉鎖するつもりでした。ところが、全く更新されないブログに、ほぼ連日のようにアクセスして下さる方がいらっしゃいました。3か月経っても、4か月経っても、アクセスが途切れることはありません。とうとう半年が経ち、それでもアクセスが続くのを見て、さすがに申し訳ない気分になり、ブログの更新を再開することにしたのでした。

 と、いうわけで。初期の頃から現在に至るまで、ドコモの非常に古いガラケー(905くらい?)で、ずっとここをご覧下さっている、あなた。このブログが今ここに存在しているのは、はっきり言えばあなたのお陰です。何らかの形で一言御礼を申し上げたくて、今回の記事を書かせていただきました。こんな拙文のどこを気に入って下さったのかは分かりませんが、ずっと気にかけて下さって、本当にありがとうございます。あなたの人生にも、どうか良いことがありますように。

posted by A at 16:42| メモ | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

【本】奥村明「セレベス戦記」

「セレベス戦記」 奥村明/図書出版社/1974年

 太平洋戦争当時、セレベス島(現・スラウェシ島)の守備についていた陸軍少尉の従軍記録。

 元々西部ニューギニアの海上機動第2旅団に配属される予定だったが、戦況悪化のため赴任できず、蘭印のセレベス島守備隊に回されて終戦を迎えた著者による戦記である。セレベス島には終戦まで連合軍の上陸はなく、著者も敵兵と戦闘を交える機会はなかった。ただ、戦況の変化に伴う守備位置の変更のため、著者はセレベス島の北から南まで移動させられ、実に3,000km以上の距離を歩かされることになった。そうした苦難の行軍の中で、著者が自分の小隊から死者を出さなかったのは、彼自身の臨機応変な部隊指揮が当を得たためでもあるのだろう。

 著者が命の危険にさらされたのは、むしろ戦争終了後のことかもしれない。「死の草原」と呼ばれた灼熱のマリンプン草原を横断し、ようやく辿り着いたマリンプン俘虜収容所では、同じ日本人の食糧管理隊や炊事班のピンハネのせいで将兵には十分な食事が行き渡らず、栄養失調による死者・病人が続出した。さらに、捕虜の監視に当たったアンボン兵(セラム諸島・アンボン島出身の黒人兵)の、敵意に満ちた虐待にも苦しめられた。とあるアンボン兵が日本人を激しく恨むに至った経緯を、著者は以下のように記している。

「「軍曹にとっては、日本軍は恨み骨髄に徹しているんだ」と、原大尉は私をなだめて、つぎのように軍曹の来歴を語った。
 アンボン軍曹は、かつてオランダ軍の俘虜として、日本へ送還され、三年半服役したのち、セレベス収容所へもどった組である。日本内地での軍曹は、日本鋼管川崎工場、新潟鉄工所などの軍需工場で、強制労働をさせられた。囚人として鞭打たれ、徹夜作業を強制されながら、小芋二個しか与えられなかった。直立不動の姿勢でビンタを食い、「目ん玉をキョロキョロ動かすな」とどなられ、たたきのめされた。あまりの辛さに、かれは何度自殺を考えたか知れなかった。日本語の「目ん玉……」云々は胸にやきついて離れなかった。同僚のアンボン下士官十名のうち、三名が死亡した。
「終戦で解放された軍曹は、日本軍に復讐せずにはいられないのだ。怨念の悪魔と化している。ま、因果はめぐるだね」」

 太平洋戦争後、東南アジア諸国が独立を果たすことができたのは、確かに日本軍の進攻が一つの契機になったのだろう。ただ、さまざまな戦記を読んでいると、捕虜や現地住民を残酷に取り扱った日本軍民の姿が、どうしても少なからず目に付く。そのような、ある種の勘違いをした人々の醜悪な振る舞いが、著者のような、虐待とは無縁な人物に跳ね返ってくる有様は、戦争の不条理さの一端を示すものであろう。


(補記)セレベス島守備隊について
 連合軍の攻勢正面となり、決戦地域になると考えられていた濠北地域には、昭和18年頃以降、次々と陸軍兵力が投入された。主なものとしては、西部ニューギニアのサルミ・ビアクで死闘を繰り広げた第36師団をはじめ、ソロンの第35師団・海上機動第2旅団、ハルマヘラ島の第32師団、スンバワ島の第46師団などがある。その中で、濠北作戦を統括する第2方面軍の司令部が置かれたセレベス島は、「昭和19年8月の時点では、(中略)北東部に二万、南部に一万余の兵力をもって防備していた。海軍は南北にそれぞれ約五千の兵力を配備しているだけで、陸軍が主力になっていた」(奥村書)という守備態勢であった。

 ただ、セレベス島の旅団単位以上の陸上部隊としては、昭和19年6月に新編された独立混成第57旅団(長:遠藤新一少将)があるのみであった。この旅団も、歩兵4個大隊がマニラからセレベスへ輸送される途中で海没、2個大隊が同じく輸送途上で船舶が故障してホロ島に漂着した上、10月にボルネオ島東岸のタラカンへ転用。さらに、海没の欠を補うため1個大隊が追派されたものの、途中セブ島に滞在していたときに米軍がレイテ島に上陸し、急きょレイテ島の戦いに投入された(いわゆる天兵大隊)。結局同旅団は、収容できた海没将兵やその他の人員からなる歩兵4個大隊を基幹として編成されたのだという(戦史叢書「捷号陸軍作戦1 レイテ決戦」による)。

 このため、セレベスに約4万の兵力があったと言っても、その過半は後方部隊や、臨時編成の歩兵部隊、航空軍の残置部隊などだったのではないかと思われる。上級司令部が置かれていた割には、守備兵力は雑多な混成部隊であり、戦力としては手薄だったのではないか。ただ、連合軍が上陸したモロタイミンダナオボルネオのいずれからも後方にあったセレベスは、結果的に敵の来攻を受けることのないまま、終戦を迎えることができた。

(後日追記)
 この戦記の末尾に、独立混成第57旅団の簡単な行動経過が記載されていたので、合わせて紹介しておく。
 また、「丸別冊 地獄の戦場 ニューギニア・ビアク戦記」に収録された「西部ニューギニアの全般作戦」という手記(著者は了戒次男・元第2軍高級参謀)に、昭和20年7月にセレベス島シンカンで撮影された第2軍首脳部の写真が掲載されており、ここに「特設旅団長・山本大佐」という人物が写っている。現地駐在部隊を基に、特設旅団が編成されていたのだろうか。


posted by A at 07:55| 本(戦記) | 更新情報をチェックする