2010年06月06日

【本】宮崎市定「科挙」

「科挙」 宮崎市定/中公新書/1963年

 中国の科挙制度の概要や、受験者の悲喜こもごものエピソード、科挙制度が社会に及ぼした影響などを、中国史の専門家である著者が一般読者向けに分かりやすく著した本。

 中国史の大家、宮崎市定教授による古典的名著である。科挙の内容や、この官吏登用試験がもたらしたさまざまな社会的作用が分かりやすくまとめられていて、刊行から50年近くを経た今も、本書の面白さは全く色褪せていない。

 それにしても、科挙は受験者に恐るべき負担を課す制度である。地方政府レベルから中央に至るまで何度も何度も試験を繰り返し、答案作成にも、意味があるとは思えない形式的かつ致命的な制約が多々課せられている。このような科挙制度の実態を見ると、科挙とは受験者の学識を測るものではなく、その運と精神力、そして受験者をバックアップする財力を試すための関門だったのではないか、とさえ思えてくる。

 科挙というペーパーテストが、隋の時代から千数百年を経ても依然存在しつづけ、形を変えながら洋の東西で幅広く採用されるに至ったのは、これが身分を問わず優秀な人材を登用するに有益な手段であり、また、これに代わる適当な手段がなかったためだろう。しかし、受験者の事務処理能力や記憶力程度しか測り得ないペーパーテストの順位が、組織内の出世を決める指標にまでなってきたという事実は、考えてみれば奇妙な話である。日本においても、旧陸海軍やかつての行政官僚組織にそのような慣習があったと聞くが、新規採用者に初めから一定の順位付けをしておくことで、官僚組織内の権力争いを軽減する狙いがあったのだろうか。

 ともあれ、デスクワークと事務処理能力に長けた「受験秀才」を抜擢したところで、これらの人材が大きな局面に対して巨視的な対応を行えるかどうかは、また別の問題であろう。陸大出の佐官級の参謀が近視眼的な軍事戦略と社会統制を主導し、結果的に国を破滅に追い込んだ旧日本陸軍の事例は、受験秀才による国家運営の失敗例の一つと言えるのではないか。「能吏型」の人間のほかに、大局観を持つ優れた人材をどのような方法で選抜するかというテーマは、過去も今も変わらず存在しつづける難題であるように思われる。

posted by A at 22:03| 本(新書) | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

【本】塩田潮「田中角栄失脚」

「田中角栄失脚」 塩田潮/文春新書/2002年

 総理の座まで上り詰めた田中角栄が、いわゆる金脈問題をきっかけに権力の座を追われていく経過を、「文藝春秋」昭和49年11月号に掲載された2本の特集記事「田中角栄研究」「淋しき越山会の女王」の執筆過程を軸にして描き出した作品。

 「田中角栄研究」などの執筆には直接関わらなかったものの、後に「文藝春秋」記者として活躍した著者によるドキュメンタリーである。「文藝春秋」がいかにして立花隆と児玉隆也という二人のライターに白羽の矢を立てたのか、記事の基となる事実がどのように発掘・収集されたのか、執筆の過程で政治の側からどのような妨害工作が行われたのか、記事の掲載について「文藝春秋」首脳陣はどう捉えていたか、といった内幕が詳細に語られ、臨場感にあふれていて面白い。

 本書の大きな見所の一つは、「淋しき越山会の女王」を著したジャーナリスト、児玉隆也の仕事ぶりと壮絶な最期だろう。「淋しき越山会の女王」という記事タイトルはしばしば目にしたことがあるが、原文を拝見したことはなく、そもそも児玉氏という名前さえ存じ上げなかった。記事を書かれる側にとっては厄介この上ない存在であった場合もあるだろうが、個々のテーマに対し誠実に取り組む彼の姿勢からは、きっと「書く」ということが好きだったんだろうな、という印象を受ける。若くして死んだこのライターが残した作品を、一度読んでみたいと思った。

posted by A at 20:01| 本(新書) | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

【本】秦郁彦「南京事件 増補版」

「南京事件 増補版」 秦郁彦/中公新書/2007年

 1937年に発生した、いわゆる「南京事件」について、多岐にわたる資料を基に真相の解明を目指した一書。1986年に刊行された初版に、その後の論争の経緯を整理した「南京事件論争史」を追加している。

 発生から70年以上を経た現在でもなお議論が絶えない、いわゆる「南京事件」の実態を追究した本である。関係当事国間で大きな見解の相違があるこの「事件」について、著者は、日本陸軍の戦闘詳報や参加将兵の日記・証言などを詳細に調査し、緻密で冷静な検証を試みている。本書に示された具体的な分析を踏まえる限り、「事件」の犠牲者数に関する著者の推定は、おおむね妥当なものではないかと思える。

 また、本書の第八章「蛮行の構造」では、この「事件」が発生した背景について、兵士の集団心理に焦点を当てて解析を試みている。「南京攻略戦には納得できる戦闘目的がなく、故郷へ帰還する期待を裏切られ、苦戦を予期した兵士たちは自暴自棄的な心境になった」、「追撃戦が急だったため、弾薬、食糧の補給が追いつかず、兵士たちは徴発という名目の略奪で空腹をしのぎ、幹部も黙認した」などの理由は、著者が収集した当時の将兵の証言などに照らしても、的外れなものではないように思われる。

 ただ、この「事件」に関しては、一方の当事国が、「犠牲者数30万」という具体的な根拠に欠ける数字を掲げ、これを内政・外交上のプロパガンダに積極的に活用している現状にある。このような確信犯的な戦略への感情的な反発から、もう一方の当事国において、「そもそも南京事件など存在しなかった」という主張が幅広い支持・共感を集めることは、ある意味では避けられない流れなのではないかと思う。


(補記)
 ところで、この本の趣旨には全然関係ない話だが、本書巻末の日本軍組織図を見ると、南京攻略戦に佐官として関わり、その後太平洋戦争で将官としてニューギニア戦線を戦った将校が意外に多い。安達二十三(歩兵第12連隊長)、吉原矩(第13師団参謀)、中井増太郎(第114師団参謀)、川久保鎮馬(第9師団参謀)、青津喜久太郎(第13師団参謀)、西部ニューギニアでは田上八郎(歩兵第34連隊長)がおり、また巻末組織図には記載されていないが、深堀游亀(中支那方面軍報道部長)もそうである。単なる偶然に過ぎないのだろうけれど。

(2016.5.28改稿)


posted by A at 23:58| 本(新書) | 更新情報をチェックする