2012年07月01日

【本】深田久弥「日本百名山」

「日本百名山」 深田久弥/新潮文庫/1978年
(初版は、1964年に新潮社から刊行)

 豊富な登山経験を基に、著者が個人的に日本の名山100座を選定し、それぞれの山の雰囲気や歴史、実際に登った感想などを綴った本。

 「お前さぁ、登った百名山の数を数えているうちは、まだ山の素人だよ」

 学生時代に登山を始めたころ、山の先輩たちからよくこんなことを言い聞かされた。ちょうど世間では百名山ブームが広がりつつある頃だったけれど、そんな風潮に対して、彼らは実に厳しい視線を投げ掛けていた。曰く、「百名山ばかり選んで登っているような連中は、単に『自分はこんなにたくさん登ったんだ』という事実を他人に自慢したいだけの輩だ。本当に山が好きな人間なら、その山が百名山であろうがなかろうが、喜んで登るはずではないか」――。実際、彼らの多くは、登った百名山の数など全く意に介さないか、中には本書や深田久弥その人さえ毛嫌いする人もいたように思う。

 あれから十数年が経ち、生来運動神経の鈍い私は、結局先輩たちのような熟練登山者になることはなかった。現在ではせいぜい平凡な低山歩きを楽しむ程度のハイカーにすぎないのだけれど、それでも改めて数えてみると、百名山と呼ばれる山々のうち、半分くらいには登っている。そうした山歩きの過程で、ひとつ気がついたことがある。それは、百名山の山々が誇る「打率の高さ」だ。

 山の形の美しさ、縦走路をたどる満足感、そして山頂から得られる見事な絶景。百名山には、一度登ってみると何かしら新鮮な印象を与えてくれる山が実に多い。言わば、百名山にはほとんど「外れがない」のだ。普段足慣らしに登るような無名の山々も、それはそれで悪くはないのだけれど、途中ほとんど眺望が利かなかったり、登りも下りも単調だったりするなど、あまり記憶に残らないような山が少なくない。「百名山」の名を冠した山に登るときは、やはり「この山は凡百の山とは違う、何か目を引くところがある山なのだろう」という期待を抱いてしまうし、大抵の場合、その期待を超える充実感を得て下山することができるのである。

 本書を読むと、著者は現代よりもよほど不便なアプローチをこなして、相当多数の山々に登っていることがよく分かる。そうした経験から垣間見える登山の楽しみや、著者が描く百名山の魅力は、どうしても人を惹きつけずにはおかないものだ。オーバーユースや未熟な登山者の増加など、百名山を取り巻く問題は多々あるけれど、しかし、その罪を本書や著者に求めてしまうのは、少し酷ではないかなという気がする。

(おまけ)
 本書を読んで、以前から気になっていることがある。それは、九州・霧島山の扱いについてだ。「霧島山」という単体の山は実は存在せず、複数の山々からなる山域全体が「霧島山」と総称されているのだけれど(こういう例は、立山、赤城山、阿蘇山など結構多い)、本書の「霧島山」の項を見ると、ほぼ全編、霧島連峰の一つである高千穂峰のことについて述べられている。
 それならば、「深田百名山を完登する」と言う場合、高千穂峰に登っておかなければならないのではないかと思うのだけれど、一般的には高千穂峰ではなく、霧島連峰最高峰の韓国岳(1,700m)に登ることをもって、「霧島山に登った」とするケースが少なくないように思われる。しかも、高千穂峰は「日本二百名山」に選ばれている(=つまり、「百名山ではない」という扱いになっている?)のだ。
 このあたり、どういう整理がなされているのだろうか。


posted by A at 09:08| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

【本】小野健「栂海新道を拓く 夢の縦走路にかけた青春」

「栂海新道を拓く 夢の縦走路にかけた青春」 小野健/山と渓谷社/2010年

 著者とその仲間たちが、北アルプス・朝日岳から新潟県の親不知までをつなぐ「栂海新道」を開拓した記録をつづった本。同著者による「山族野郎の青春」(昭和46年刊)を全面改稿したもの。

 著者を代表とする新潟の小さな登山団体、「さわがに山岳会」が、北アルプスの標高3000m近い山々から海抜0mの日本海までを結ぶ縦走路、栂海新道を切り拓く軌跡を描いた本である。長大な登山道を作るために、休日のほとんどを伐開作業に費やす山岳会メンバーたちの苦闘ぶりを見ると、そのストイックな生活にはただ感心してしまう。同時に、魅力的な新道の開拓という、情熱を注ぐに値する偉大な目標を持つことができた彼らには、ちょっとした羨望も覚えさせられた。

 私財をなげうって新道整備にのめり込み、十分に家庭を顧みない著者は、その奥さんや子供たちから見れば、必ずしも理想的な家庭人ではなかったのかもしれない。しかし、仕事で成果を上げて博士号を授与され、地元では4期16年にわたり町議会議員の要職を務め、さらには山岳界で広く評価される業績を残した著者の人生行路は、男の生き方としては理想の形のひとつではないかとも思える。我が身を振り返ると、これだけ骨太な人生の過ごし方とはちょっと程遠いなと、少しばかり焦燥感をかき立てられてしまう。

posted by A at 14:07| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

【本】野田知佑「日本の川を旅する」

「日本の川を旅する」 野田知佑/新潮文庫/1985年
(初版は、1982年に日本交通公社から刊行)

 カヌーイストの著者が、日本の川(釧路川、尻別川、北上川、雄物川、多摩川、信濃川、長良川、熊野川、江の川、吉井川、四万十川、筑後川、菊池川、川内川)をカヌー(カヤック)で下った紀行文。第9回日本ノンフィクション賞新人賞受賞。

 「川旅」の愉しさを瑞々しく綴った記録だ。気ままに川を下り、カヌーの上で昼間から酒を飲み、気が向いたら河原にテントを張り、思う存分魚釣りを楽しみ、ワイルドな料理で腹を満たす。自由に川を下る旅、というスタイルがあり得ることすら考えたことがなかっただけに、本書で描かれる「川旅」の様子がとても新鮮で、楽しそうに思えた。

 また、著者は川を下る際に流域の人々と交流を広げ、その模様を丁寧に描写している。地元の川の清冽さを誇りに思う人々、愛する川や地域の歴史を語る人々、鮎釣りの釣果に一喜一憂する人々、過疎化への不安を訴える人々など、1980年前後の各地の住民の肉声が克明に書き記されていて、こちらもとても興味深い。著者については、その旅のスタイルにしばしば注目が集まりがちだけれど、こうした紀行作家としての優れた力量も、見逃せない一面である。

 本書の中で著者は言う。「日本の川を行くのは哀しい。それは失われたものへの挽歌を聴く旅だ。どこの川に行っても「昔はこんなものじゃなかった。もっと美しかった」という嘆きの声を耳にする。」破壊されつつある川への思いが、おそらくその後、著者を自然保護運動に駆り立てた原動力となったのだろう。その政治的な活動には賛否両論あるのかもしれないけれど、少なくとも80年代前半に記された本書は、著者が川を愛する気持ちをストレートに伝える好著である。

posted by A at 11:10| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

【本】ウェストン「日本アルプスの登山と探検」

「日本アルプスの登山と探検」 ウェストン/岩波文庫/1997年
(原著“MOUNTAINEERING AND EXPLORATION IN THE JAPANESE ALPS”は、1896年に英国にて刊行)

 明治時代に宣教師として日本を訪れた英国人、ウォルター・ウェストンが、日本アルプスをはじめさまざまな山に登った記録を綴った本。

 「日本アルプス」の名を内外に知らしめた、ウェストンによる紀行文である。スイスアルプスのマッターホルンなどに登頂した経験を持つウェストンは、19世紀末から20世紀初頭にかけて三度来日し、各地の山々に足跡を残している。本書には、槍ヶ岳、穂高岳、乗鞍岳、笠ヶ岳、白馬岳、常念岳、立山、御嶽山、浅間山などに登った模様が描かれており、それらの山のいくつかは、外国人による初登であった。

 それにしても、ウェストンは驚くべき健脚の持ち主である。例えば本書には、1894年夏、奥飛騨の中尾から穴毛谷を経て笠ヶ岳(2898m)まで日帰りで往復した記録が紹介されている。以前私も笠ヶ岳に登ったことがあるのだけれど、笠新道という登山道がひたすら長くて、随分苦労した思い出がある。まだ登山道もない時代、写真機のような重装備を担いで、困難な行程を往復したウェストン一行の体力と技量には、ただ恐れ入るばかりである。

 また、地理・博物学者の一面も持つウェストンは、登山の際に見た地勢、植生、気候、鉱物などについても詳細な記録を残している。例えば笠ヶ岳の章には、「双六川の谷に落ちこんでゆく左手の斜面は、ほとんど這松で蔽われている」という記述がある。この一文を読んで、100年以上前にウェストンが見た風景と、何年か前に自分が眺めた風景は、ほとんど変わっていないんだなあ、と思えて少し嬉しくなった。

 このほかウェストンは、各地の山々へ出かける途中で目にした、明治中期の日本の習俗をかなり詳しく描写している。記述の分量としては、登山記録よりもむしろこちらの方が多いかもしれない。まだ「文明開化」の波が十分に届いていない山村の宿屋の主人が、初めて会う外国人の著者一行に驚きつつも心づくしのもてなしをして、一行への遠慮から僅かな宿泊料しか受け取ろうとしない様子や、逆に外国人と見て大いに吹っかけてくる人力車の車夫たちなど、当時のさまざまな日本人像が浮き彫りにされていて興味深い。

posted by A at 21:33| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

【本】大穂耕一郎「駅前旅館に泊まるローカル線の旅」

「駅前旅館に泊まるローカル線の旅」 大穂耕一郎/ちくま文庫/2002年
(「駅前旅館は生きている」(のんぶる舎/1996年)を増補・改題したもの)

 「駅前旅館」の宿泊記録と、旅館を取りまく現状を著した本。

 駅前にたたずむ古びた小さな旅館、「駅前旅館」についての本だ。これらの旅館は、一泊二食付でおおよそ6000〜8000円ぐらいで泊まれ、土木工事や測量、工事事務所への出張といった、いわゆるガテン系・技術系の仕事客が主な利用層になっている。鉄道や写真、釣りを趣味とする著者は、東北から関東甲信越にかけての「駅前旅館」を泊まり歩き、その旅行記を本書で紹介している。

 「駅前旅館」に泊まるメリットのひとつは、その食事だろう。たとえば、本書に登場するある旅館の夕食は、マグロの刺身、エビフライ、ホタルイカの塩辛、寄せ鍋(ホタテ、鳥肉、イカ、タラ、豆腐、春雨、ネギ、エノキダケ)、お新香、そしてご飯はうな丼。これで一泊二食6000円、というのはかなり恵まれた例だろうが、「ちゃんとした食事がしたい」という理由でビジネスホテルではなく旅館への宿泊を選ぶ人々がいるだけあって、普通の家庭料理よりはボリュームの多い、しっかりした食事が出される傾向にあるようだ。

 そのほか、畳の部屋で寝られることや大きな湯船の風呂に入れることも「駅前旅館」の特徴だし、著者と宿の主人や他の宿泊客との交流も読んでいて楽しい。自分が一人旅に出かける時には、人付き合いが煩わしくてついビジネスホテルを選んでしまいがちになるのだけれど、本書を読んで、たまには「駅前旅館」もいいかな、という気持ちにさせられた。


(2016.1.24追記)
 2016年現在、本書に登場する旅館のいくつかは、既に廃業したようである。その一方で、食事が「凄まじくおいしかった」と本書で紹介されている、茨城県大洗の「肴屋本店」は、アニメ「ガールズ&パンツァー」に登場し、いわゆる聖地巡礼の対象になっているそうだ。予想外の取り上げられ方だけれど、どんな形であれ、駅前旅館が繁盛するのは素晴らしいことではないかと思う。


posted by A at 01:05| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする