2014年05月11日

【本】伊藤正一「定本 黒部の山賊 アルプスの怪」

「定本 黒部の山賊 アルプスの怪」 伊藤正一/山と渓谷社/2014年

 登山黎明期の黒部源流地域で起きた奇怪な事件や、登山者たちの遭難の記録、山小屋生活の思い出などについて綴った一書。本書の初版は昭和39年に、新版は平成6年に刊行されているが、これらの内容を再構成し、改めて上梓されたのが今回の定本である。

 著者の伊藤正一氏は、終戦直後、北アルプス最奥の小屋とも言われる三俣蓮華小屋(現・三俣山荘)を買い取り、現在まで経営を続けてきた人物である。その著者が、初めてこの小屋を訪ねる場面からして度肝を抜かれる。終戦直後の荒廃した世相の中で、いつしか小屋には「山賊」たちが勝手に住みつき、猟師たちを脅しているというのである。登山者のふりをしながら彼らと一泊を共にし、やがてその正体を知って打ち解けた著者は、彼らと協力しながら、三俣から雲ノ平付近の登山環境の整備を進めていく。本書に描かれる「山賊」たちの健脚ぶりや、熊狩りや岩魚釣りの腕前はまさに超人的であり、人は山暮らしをすると、こういう能力が発達するのかと感心させられる。

 また、著者が山で見聞したというさまざまな怪奇譚は、読者の注目を惹かずにはおかないものである。「山から“オーイ、オーイ”と呼ばれて“オーイ”と返事をしたら、バケモノに引き込まれて行方知れずになってしまう」とか、「狸には、人間が出す音を真似る習性がある。夜中に狸がやってきて、昼間の山小屋の工事の音と同じ物音を出して騒ぎ続ける」などといった奇々怪々な逸話が、盛りだくさんに紹介されている。およそ現実にはあり得ないようなエピソードの数々だが、理系の技術者で、元々非科学的な現象を信じなかった著者が実際に経験したというのだから、全くのでたらめとも思えなくなってくる。

 その他にも、現代では思いもよらないような当時の登山事情がありありと描かれていて、読んでいて大変興味深い。このような幻惑的な雰囲気に満ちていた山の世界も、今では登山道も整備され、ヘリも容易に飛ぶようになり、本書に登場するような個性的な山人やバケモノたちも、すっかり影を潜めてしまったように思える。宮本常一の著作の中に、「昔は天狗や狸にまつわる奇譚がたくさんあったが、人臭くなった今ではすっかりなくなってしまった」というようなくだりがあったと記憶しているが、昭和前期のこの頃が、合理的に説明できない「何か」の息づかいが色濃く残っていた、最後の時代だったのだろうか。

 余談ながら。10年ほど前、一人でテント泊装備を担いで、本書の舞台になった山域を歩いたことがある。太郎兵衛平から見た富山平野の夜景、薬師沢出合からの急登、神秘的な雲ノ平、華々しい水晶岳や雄大な鷲羽岳など、思い出に残る風景はいくつもあったが、最も印象に残ったのは黒部の源流だった。祖父岳の直下、深い霧の中で見た黒部川の最初の一滴は、息をのむほど純粋無垢で美しいものだった。

2013年05月12日

【本】永野敏夫・正子「南アルプス 大いなる山 静かなる山 知られざるルート120選」

「南アルプス 大いなる山 静かなる山 知られざるルート120選」 永野敏夫・正子著/黒船出版/2000年

 南アルプス南部・深南部を中心に、登山道のないルートを広く歩いた記録をまとめた本である。2010年に、本書の改訂版「南アルプス・深南部 藪山讃歌−知られざるルート94選」(永野敏夫/羽衣出版)が出版されているが、「ルート紹介」に力点を置いた感のある改訂版に比べ、本書は瑞々しい「登山記録」としての色彩が濃く、読み物として読むなら本書の方が面白いのではないかと思う。

 南アルプス深南部を中心とした山域は、そもそもアプローチが遠い、登山道が整備されていない、ヒルが多いなどの理由で登山者も少なく、静かな原生林が広がっている。そうした世界を訪ねる楽しさを、著者は次のように述べている。

「近頃はめっきり南ア南部や深南部に取りつかれている。数少ない未開の地であり、加えて2000メートルを超す高さが魅力だ。原生林に潜り、ヤブに傷つき、ヒルやブヨに襲撃され、道なき山稜を彷徨する。こんなヤブ山にどうして好んで登るのか、自分のことながらも回答を見出しかねているが、遠い昔、まだ人類が山野を駆けめぐった野生の頃の遺伝子が、他人よりも少しばかり強く残っているのではないかとさえ思えてくるのだ。」

 厳冬期の氷壁登攀や海外への高山遠征など、かつて豊富な登山経験を積み重ねてきた著者は、熟練した技量を持つ者にしか胸襟を開かないこの山域を綿密に歩き回り、その行跡を本書に詳しく綴っている。訪れる者の少ない南ア南部・深南部のマイナールートを、これほど詳細に紹介したのは、近年では著者と、ブログ「見たか、聞いたか、言ったか?」の管理人のKさんくらいであろうと思われ、その記録は極めて貴重である。

 また、本書を読むと、かつてこの地域で林業が盛んであったことを示す名残りを、随所に見つけることができる。「無想吊橋」に代表される老朽化した吊橋や、訪れる者もなく山中に朽ち果てた林業用の作業小屋なども気になるが、個人的に興味を惹かれたのは、本書に何度も登場する「田中式熊捕獲檻」だ。遥か昔に水窪の田中鉄工で生産された、シンプルな構造の鉄製の熊捕獲器なのだけれど、一体どれくらいの檻が、もはや使われることもないまま、各地の山々に眠っているのだろうか。赤錆びてやがて崩れ落ち、土に還っていく運命にある大きな檻のことを、しばし思い浮かべた。

2012年07月01日

【本】深田久弥「日本百名山」

「日本百名山」 深田久弥/新潮文庫/1978年
(初版は、1964年に新潮社から刊行)

 豊富な登山経験を基に、著者が個人的に日本の名山100座を選定し、それぞれの山の雰囲気や歴史、実際に登った感想などを綴った本。

 「お前さぁ、登った百名山の数を数えているうちは、まだ山の素人だよ」

 学生時代に登山を始めたころ、山の先輩たちからよくこんなことを言い聞かされた。ちょうど世間では百名山ブームが広がりつつある頃だったけれど、そんな風潮に対して、彼らは実に厳しい視線を投げ掛けていた。曰く、「百名山ばかり選んで登っているような連中は、単に『自分はこんなにたくさん登ったんだ』という事実を他人に自慢したいだけの輩だ。本当に山が好きな人間なら、その山が百名山であろうがなかろうが、喜んで登るはずではないか」――。実際、彼らの多くは、登った百名山の数など全く意に介さないか、中には本書や深田久弥その人さえ毛嫌いする人もいたように思う。

 あれから十数年が経ち、生来運動神経の鈍い私は、結局先輩たちのような熟練登山者になることはなかった。現在ではせいぜい平凡な低山歩きを楽しむ程度のハイカーにすぎないのだけれど、それでも改めて数えてみると、百名山と呼ばれる山々のうち、半分くらいには登っている。そうした山歩きの過程で、ひとつ気がついたことがある。それは、百名山の山々が誇る「打率の高さ」だ。

 山の形の美しさ、縦走路をたどる満足感、そして山頂から得られる見事な絶景。百名山には、一度登ってみると何かしら新鮮な印象を与えてくれる山が実に多い。言わば、百名山にはほとんど「外れがない」のだ。普段足慣らしに登るような無名の山々も、それはそれで悪くはないのだけれど、途中ほとんど眺望が利かなかったり、登りも下りも単調だったりするなど、あまり記憶に残らないような山が少なくない。「百名山」の名を冠した山に登るときは、やはり「この山は凡百の山とは違う、何か目を引くところがある山なのだろう」という期待を抱いてしまうし、大抵の場合、その期待を超える充実感を得て下山することができるのである。

 本書を読むと、著者は現代よりもよほど不便なアプローチをこなして、相当多数の山々に登っていることがよく分かる。そうした経験から垣間見える登山の楽しみや、著者が描く百名山の魅力は、どうしても人を惹きつけずにはおかないものだ。オーバーユースや未熟な登山者の増加など、百名山を取り巻く問題は多々あるけれど、しかし、その罪を本書や著者に求めてしまうのは、少し酷ではないかなという気がする。

(おまけ)
 本書を読んで、以前から気になっていることがある。それは、九州・霧島山の扱いについてだ。「霧島山」という単体の山は実は存在せず、複数の山々からなる山域全体が「霧島山」と総称されているのだけれど(こういう例は、立山、赤城山、阿蘇山など結構多い)、本書の「霧島山」の項を見ると、ほぼ全編、霧島連峰の一つである高千穂峰のことについて述べられている。
 それならば、「深田百名山を完登する」と言う場合、高千穂峰に登っておかなければならないのではないかと思うのだけれど、一般的には高千穂峰ではなく、霧島連峰最高峰の韓国岳(1,700m)に登ることをもって、「霧島山に登った」とするケースが少なくないように思われる。しかも、高千穂峰は「日本二百名山」に選ばれている(=つまり、「百名山ではない」という扱いになっている?)のだ。
 このあたり、どういう整理がなされているのだろうか。

2011年11月06日

【本】小野健「栂海新道を拓く 夢の縦走路にかけた青春」

「栂海新道を拓く 夢の縦走路にかけた青春」 小野健/山と渓谷社/2010年

 著者とその仲間たちが、北アルプス・朝日岳から新潟県の親不知までをつなぐ「栂海新道」を開拓した記録をつづった本。同著者による「山族野郎の青春」(昭和46年刊)を全面改稿したもの。

 著者を代表とする新潟の小さな登山団体、「さわがに山岳会」が、北アルプスの標高3000m近い山々から海抜0mの日本海までを結ぶ縦走路、栂海新道を切り拓く軌跡を描いた本である。長大な登山道を作るために、休日のほとんどを伐開作業に費やす山岳会メンバーたちの苦闘ぶりを見ると、そのストイックな生活にはただ感心してしまう。同時に、魅力的な新道の開拓という、情熱を注ぐに値する偉大な目標を持つことができた彼らには、ちょっとした羨望も覚えさせられた。

 私財をなげうって新道整備にのめり込み、十分に家庭を顧みない著者は、その奥さんや子供たちから見れば、必ずしも理想的な家庭人ではなかったのかもしれない。しかし、仕事で成果を上げて博士号を授与され、地元では4期16年にわたり町議会議員の要職を務め、さらには山岳界で広く評価される業績を残した著者の人生行路は、男の生き方としては理想の形のひとつではないかとも思える。我が身を振り返ると、これだけ骨太な人生の過ごし方とはちょっと程遠いなと、少しばかり焦燥感をかき立てられてしまう。

2010年11月23日

【本】野田知佑「日本の川を旅する」

「日本の川を旅する」 野田知佑/新潮文庫/1985年
(初版は、1982年に日本交通公社から刊行)

 カヌーイストの著者が、日本の川(釧路川、尻別川、北上川、雄物川、多摩川、信濃川、長良川、熊野川、江の川、吉井川、四万十川、筑後川、菊池川、川内川)をカヌー(カヤック)で下った紀行文。第9回日本ノンフィクション賞新人賞受賞。

 「川旅」の愉しさを瑞々しく綴った記録だ。気ままに川を下り、カヌーの上で昼間から酒を飲み、気が向いたら河原にテントを張り、思う存分魚釣りを楽しみ、ワイルドな料理で腹を満たす。自由に川を下る旅、というスタイルがあり得ることすら考えたことがなかっただけに、本書で描かれる「川旅」の様子がとても新鮮で、楽しそうに思えた。

 また、著者は川を下る際に流域の人々と交流を広げ、その模様を丁寧に描写している。地元の川の清冽さを誇りに思う人々、愛する川や地域の歴史を語る人々、鮎釣りの釣果に一喜一憂する人々、過疎化への不安を訴える人々など、1980年前後の各地の住民の肉声が克明に書き記されていて、こちらもとても興味深い。著者については、その旅のスタイルにしばしば注目が集まりがちだけれど、こうした紀行作家としての優れた力量も、見逃せない一面である。

 本書の中で著者は言う。「日本の川を行くのは哀しい。それは失われたものへの挽歌を聴く旅だ。どこの川に行っても「昔はこんなものじゃなかった。もっと美しかった」という嘆きの声を耳にする。」破壊されつつある川への思いが、おそらくその後、著者を自然保護運動に駆り立てた原動力となったのだろう。その政治的な活動には賛否両論あるのかもしれないけれど、少なくとも80年代前半に記された本書は、著者が川を愛する気持ちをストレートに伝える好著である。