2017年03月12日

【本】鬼窪善一郎 語り「新編 黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち」

「新編 黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち」 鬼窪善一郎 語り・白日社編集部 編/山と渓谷社/2016年

 戦前から平成初期にかけて、北アルプスの黒部源流地域を舞台に、猟師やボッカ、ガイドなどの山仕事で生計を立てた人物のオーラルヒストリー。

 登山黎明期の北アルプスを描いた名著「黒部の山賊」にも、「山賊」の一人として登場している、鬼窪善一郎氏の赤裸々な口述記録である。長野県北安曇郡に生まれた鬼窪氏が、貧しい暮らしの中で職を転々とした後、山に関わりながら生きていく人生行路が、非合法な密猟行為のことなども含めて率直に語られている。かなり濃厚な方言で綴られているので、少し読みづらい部分はあるが、そのぶん臨場感にも満ちあふれた本である。

 本書の冒頭部分では、まず鬼窪氏の前半生や、昭和10〜20年代に彼が携わった数々の遭難救助の模様が描写されている。ヘリコプターもない時代に、どのように疲労した登山者を救出し、また、どのように山で遺体を処理したのか、彼の証言はかなり生々しく、ややショッキングでもある。そうした証言の中には、礼節を欠いた被救助者に対する非難の口吻も含まれているが、北鎌尾根のような危険な場所での救助活動にも骨身を惜しまなかった彼の言葉は、耳を傾けずにはいられない重みを持つものであろう。

 そして、本書の後半では、北アルプスでのクマやカモシカなどの猟の実態が、極めて細密に語られている。極寒と豪雪の中での狩猟記録を読むと、山の達人であるはずの鬼窪氏でさえ、すんでのところで何度も命を拾っていることが分かる。鬼窪氏の名前も出てくる山本茂実の著作「喜作新道」(角川文庫)では、彼以上の名猟師とも言える小林喜作の遭難死の模様が詳しく描かれているが、彼らのような熟練の猟師ですら、その生死は運に左右される面があったのだろう。猟とはこんなに危険な営みなのか、ということを改めて印象付けられた一書だった。


2016年11月23日

【本】金邦夫「すぐそこにある遭難事故」

「すぐそこにある遭難事故 奥多摩山岳救助隊員からの警鐘」 金(こん)邦夫/東京新聞/2015年

 東京・奥多摩で長年山岳救助に携わってきた著者が、個別の遭難事例を詳しく紹介し、安易な登山に警鐘を鳴らした本。著者が山岳雑誌「岳人」に連載した記事や、新たに書き下ろしたコラムなどを、一冊の本にまとめたもの。

 2007年に刊行された、「金副隊長の山岳救助隊日誌」の続編ともいえる一書である。比較的、自由闊達にエッセイが綴られていた感のある前著に比べ、今回は一つ一つの遭難事故の概要説明や、その原因の検証に重点が置かれており、少し重い読後感がある。ただ、自分自身が山で遭難しないためには、こうしたアクシデントから十分教訓を汲みとることが、おそらく重要な教程となるのだろう。

 本書を読むと、一口に遭難事故といっても、かなり色々なバリエーションがあることが分かる。よくある道迷いや滑落事故を始め、愛好者が急増しているトレラン(トレイルランニング)での死亡事故、名クライマー・山野井泰史氏が熊に襲われた事故、前著でも言及されていた山小屋での連続強盗事件、果ては奥多摩の山奥で脱法ドラッグパーティーを開き、幻覚作用のせいで参加者たちが山中を数日間さまよい歩いて、ついには死者も出た案件まで、様々な具体例が詳細に述べられている。こうした事案に対処する山岳救助隊員の苦労もありのままに記されていて、そりゃ隊員たちが怒るのも当然だよな、と思わせられるケースも決して少なくなかった。

 そのような事例の中で、困難な対応を強いられる救助隊員たちが見せる、自らの仕事に対する意識の高さは見逃せない。例えば、まだ3年目の若い隊員が、行方不明者のことがどうしても気にかかり、休日に一人で自発的に山に入っていく姿には、少なからず感銘を覚えた。何かと苦労も多いのだろうけれど、こんなふうに純粋に打ち込める仕事を持てることは、とても幸せなことなのではないかと思った。


2016年01月24日

【本】北浜駅勝手連 編「北浜の駅から」

「オホーツク海のほとり 北浜の駅から 旅情へのメッセージ」 北浜駅勝手連 編/1984年

 北海道・釧網本線の北浜駅に設置されていた「落書きノート」に、旅人たちが残していった書き込みを、一冊の本にまとめたもの。

 網走市のはずれ、オホーツク海のほとりにある北浜駅は、駅の間近まで流氷が押し寄せることで有名であり、昔から多くの旅人が訪れている。そうした旅人たちが、駅に置かれた「落書きノート」に書き残していった思い出を、一つの本に編集したのが本書である。傑作ノンフィクションとして名高い「北の無人駅から」(渡辺一史著/北海道新聞社)の中で言及されていたのを見て、興味があって入手してみた。

 本書刊行当時、北浜駅には既に23冊分の「落書きノート」が残されていたそうだが、本書には、主に昭和58年1月〜59年2月ごろの書き込みが抜粋・収録されている。同駅は59年2月29日に無人化されているので、その直前期の記録ということになる。最後の駅長となった田中勝美氏の、「なんとか旅の思い出を冊子に」という願いを受けて、有志たちが編集・刊行したのが本書なのだそうだ。出版社が書かれていないので、あるいは自費出版なのかもしれない。

 本の内容は、旅人たちが駅のノートに記していった旅の感動や思い出が、ただひたすら綴られているだけのものである。ストーリーも何もない、見方によっては平板な本だけれど、1980年代中頃の若者たちの、旅空の下での思いや悩みが率直に書き残されていて、意外に興味深い一冊になっている。この北辺の駅に、文字通り全国から旅人が集まってきていたことや、駅員たちとの交流など、当時の旅事情も間接的に窺い知ることができる。この時代の若者たちの感性や旅の雰囲気を、巧まずして捉えてみせた、思いのほか貴重な一書なのではないかと思う。

2015年09月12日

【本】込山富秀「「青春18きっぷ」ポスター紀行」

「「青春18きっぷ」ポスター紀行」 込山富秀/講談社/2015年

「学校を卒業すると、春は黙って行ってしまうようになる。」

 春、夏、冬の一時期、JRの駅に、ローカル線の美しい風景を捉えたポスターが貼り出される。JRの普通列車を乗り放題で利用できる切符、「青春18きっぷ」の広報ポスターである。1990年夏から2015年春までの期間に使われた、この秀麗なポスターの数々を、一冊の写真集としてまとめたのが本書である。

 本書に掲載されたポスター群を眺めると、そこに収録された日本各地の明媚な風景や、森や川や海の情景の美しさが、見る者に鮮やかな印象を残す。また、鄙びた駅のホームや、風吹く海岸の線路脇などに配置された旅人の姿を見ると、自分自身もそこを訪ねてみたいという強い衝動に駆られてしまう。毎日利用する味気ない駅で、このような旅情に溢れたポスターを見せつけられるのは、正直、ちょっとした目の毒である。

 また、そうした風景の美しさとともに、これらのポスターを名作品たらしめているのが、写真に添えられた珠玉のコピーであろう。冒頭に掲げたのは、1999年春のポスターで使われた、個人的に最も好きなコピーである。旅の世界への憧憬、まだ知らない風景への期待を、あの頃の自分は確かに持っていたはずだった。そうした瑞々しい感情も、社会人として働く中で、もうすっかり失くしてしまって久しい。

2015年08月16日

【本】新井信太郎「雲取山に生きる」

「雲取山に生きる ランプとともに30年余の山暮し」 新井信太郎/実業之日本社/1988年

 東京都最高峰・雲取山(2017m)の山頂に位置する山小屋、雲取山荘の主人によるエッセイ集。

 1960年から2013年まで、実に50年以上にわたって雲取山荘の管理人を務めた著者による、雲取山にまつわる随想録である。戦前の山小屋設置の経緯から、自分が山荘の主人を引き継ぐことになった成り行き、山小屋での暮らし、山の動植物、雲取山に縁のある人々など、多岐にわたる記録や所感が綴られていて、山歩きを趣味とする人にとっては大いに興味を惹かれる一冊になっている。

 中でも、富田治三郎氏をめぐる記述は注目に値する。雲取山荘の初代管理人にして、鎌を持って山を歩いたことから「鎌仙人」の愛称でも知られた富田氏の人となりや、山小屋管理の様子、富田新道開拓のエピソードなどが収録されており、奥秩父山岳史の観点からも貴重な記録ではないかと思われる。ところで、この富田氏に関しては、以前「山と高原地図 奥多摩」(昭文社)の付録冊子に、秋山平三氏の手による「山小屋の番人 鎌仙人――富田治三郎のこと」という秀逸なエッセイが掲載されていた。近年の版には載らなくなってしまったようだけれど、この小品も、山で生きる人間の厳しさと優しさを見事に描いた名作であり、どこかで再録されないものかと思う。

 都心から比較的アプローチしやすい雲取山荘は、なんとなくいつも混んでいそうな印象があり、私自身は雲取山には日帰りでしか登ったことがない(荷物が軽かったので、鴨沢バス停から往復6時間半で行けた)。同じく新井氏が山暮らしの日々を描いた随筆、「雲取山のてっぺんから」(けやき出版、1994年)や、「雲取山よもやま話」(さきたま出版会、1996年)を読む限りでは、平日であれば山荘への宿泊者は少なく、冬になると、何日も登山者が訪れないこともあるのだという。現在では新井氏の御子息が山荘の管理人を引き継がれているようだけれど、一度、山小屋泊を目当てに雲取山に登ってもいいかなと思えた。