2019年07月15日

【本】長谷川晶一「最弱球団 高橋ユニオンズ青春記」

「最弱球団 高橋ユニオンズ青春記」 長谷川晶一/白夜書房/2011年

 1954年から56年にかけて存在し、「史上最弱」とも呼ばれたプロ野球チーム、高橋ユニオンズの顛末記。

 3年間で146勝281敗8分、勝率.342という成績を残した、高橋ユニオンズの苦闘の歴史を描いたノンフィクション作品である。「永田ラッパ」と呼ばれた大映社長・永田雅一の思い付きで、パ・リーグを8球団制にするためにユニオンズが創設されるところから始まり、永田を含む他球団オーナーの思惑で、わずか3年で球団が消滅に追い込まれていくまでを、当時の関係者の証言を基に詳しく描き出している。

 リーグ順位が6位、8位、8位と振るわなかったユニオンズだが、往時の選手たちは一様に、「弱かったけれど、いいチームだった」と振り返っている。こうした雰囲気の良いチームづくりに大きく影響したのは、オーナーを引き受けた高橋龍太郎氏の存在だろう。財界の大物として余生を送っていた78歳の高橋氏が、永田社長に担ぎ出される形でユニオンズのオーナーに就任し、私財を切り崩しつつ熱心に選手達を応援する様子は、本書の中でも特に印象的な部分である。球団の解散が決定した当時の龍太郎氏の様子を、著者は以下のように描いている。

「…龍太郎の頬に一筋の涙が光っていた。53年末からの3年余り、永田ラッパに踊らされる形で期せずして球団を経営することになった。『寄せ集め集団』と揶揄されながらも、私財を切り崩してチームの運営に努めてきた。『最弱球団』と馬鹿にされ続けた。それでも、負けても、負けても、足繁く球場に通い続けた。選手がミスをしても、決して彼らを罵倒することはなかった。もちろん、負ければ悔しい。勝ってほしいといつも願っていた。たまにチームが勝つと、子どものように喜んだ。大急ぎでベンチまで降りていき、『よくやった、よくやった』と選手たちを心からねぎらった。シーズン中には何度も『激励会』と称して、都内のレストランを貸し切りにして食事会を開いた。けれども、龍太郎にとっては、単なる勝ち負けよりも、自チームの選手たちの奮闘ぶりが見られるだけで、十分満足だった。自分の孫のような世代の選手たちが、『高橋球団』の一員としてグラウンドを駆け回っている姿を見ているだけで、十分満足だった」

 戦力や人気には決して恵まれなかったユニオンズだが、それでも3年間を生き抜くことができたのは、まさにこのオーナーが球団の支柱となりえたためだろう。そして、こうした人格者のオーナーの存在があったからこそ、高橋ユニオンズは、長く選手たちの心に残り続けることになったのではないかと思う。わずか3年しか活動しなかったユニオンズだが、そのOB会は、会員の高齢化により維持が難しくなった2017年まで、実に60年間も開催され続けた。そして、「プロ野球ニュース」のキャスターとして知られる佐々木信也を始め、毎回多くの元選手たちが出席していたそうである。

posted by A at 12:07| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする