2019年03月31日

【本】鈴木伸元「反骨の知将 帝国陸軍少将・小沼治夫」

「反骨の知将 帝国陸軍少将・小沼治夫」 鈴木伸元/平凡社新書/2015年

 日本陸軍で戦史研究に長く従事し、太平洋戦争開戦後はガダルカナル戦やルソン戦で作戦指導を行った軍人、小沼治夫の生涯を追った本。

 参謀本部戦史課員、同戦略戦術課員、第2軍作戦参謀、陸大教官(兼ノモンハン事件研究委員会メンバー)、参謀本部戦史課長、第17軍作戦参謀、陸大教官、第14方面軍参謀副長、第12方面軍参謀副長などを務め、戦史畑や作戦系統の職務に携わり続けた軍人、小沼治夫を取り上げた一書である。理系的な素養を備えた小沼が、戦史研究を進める中で、陸軍の日露戦争観が精神主義に偏重していること、ノモンハン事件ではソ連の物質主義に圧倒されたこと、近代戦への備えが喫緊の課題であることなどを、データを駆使しつつ理性的に主張していく様子が、本書には詳しく描かれている。こうした小沼の仕事ぶりからは、精神力を重視する陸軍の空気に流されない合理性や、自らの職務に対する責任感の強さがうかがわれるが、組織の常識に真っ向から挑戦する彼の研究成果は批判にさらされ、上司からも不興を買う結果となった。

 そして、太平洋戦争が始まり、近代戦に関する小沼の危惧が的中してくると、皮肉にもようやく彼の見識が注目され、最重要方面の作戦担当参謀に抜擢されることになる。しかし彼の登用は、もはや遅きに失した感が否めないものだった。装備の劣弱と補給の欠乏に苦しんだガダルカナル戦やルソン戦で、精神力に頼った作戦指導を行わざるを得なくなった小沼の姿は、一種の悲劇と言うほかない。戦争が劣勢に傾いてくると、ガダルカナルで戦った小沼や、彼の上司を務めた宮崎周一、沖縄作戦を立案した八原博通のような戦史畑の軍人が表舞台に出てくるようになるが、彼らの合理性がもっと早い時期に活かされていれば、戦いの趨勢もまた違ったものになったのかもしれない。

 なお、本書には事実関係の誤記が散見されるほか、ルソン戦での小沼の仕事ぶりに関する記述が十分でない。昭和20年春頃の小沼は、ルソン島バレテ峠・サラクサク峠の防衛線を支えるために、退却してくる雑多な部隊を片っ端から歩兵大隊に再編成し、その臨編大隊の数が26個にも達したという極めて困難な仕事に従事しており(牧野弘道「戦跡を歩く」)、彼がこの難しい職務にどう取り組んだのか、是非とも掘り下げてほしかったところではある。
 その一方で、本書に取り上げられた小沼のエピソードの中には、興味を惹かれるものも少なからずあった。第14方面軍がルソン島の山岳地帯に追い込まれつつあった昭和20年6月に、彼がどうやってルソン島から東京へ転勤できたのか、以前から疑問に思っていたのだが、本書によれば、壊れた機体から組み立てた航空機で夜間にエチアゲを出発し、台湾、上海、米子で給油して宇都宮に至り、宇都宮から陸路で東京へ帰還したのだという。その他にも、小沼の家庭環境に関する逸話などが多く紹介されており、戦史には現れない彼の人となりをうかがい知ることができた。

posted by A at 12:05| 本(戦記) | 更新情報をチェックする