2019年02月24日

【本】藤代三郎「戒厳令下のチンチロリン」

「戒厳令下のチンチロリン」 藤代三郎/角川文庫/1992年
(初版は、1982年に情報センターから刊行)

 昭和40年代後半から50年代前半にかけて、ある出版社の個性的な社員達が精力的にギャンブルに励む日々を描いたエッセイ。

 「本の雑誌」の編集者を務め、椎名誠の「あやしい探検隊」の主要メンバーでもあった目黒考二が書き下ろした、ギャンブルにまつわる軽めの散文集である。著者は、藤代三郎名義で競馬関係の作品を発表しているほか、本名の目黒考二で私小説を、北上次郎名義でミステリ・冒険小説の評論を刊行しており、非常に多才な人物である。ちなみに本書の書名は、昭和54年の東京サミットで厳しい警戒下にあった四谷で、著者たちがこっそり会社のビルに籠もり、チンチロリン(サイコロの出目を賭ける博打)に興じていたエピソードにちなむものである。

 大学を出て以来、10社近くの会社を転々としていた(そのうち9社は3日で辞めた)著者は、新聞の求人広告を見て、今度は実話系週刊誌や漫画週刊誌を作っていた小さな出版社に就職する。この会社の様子が本書に描かれているが、これが以下のような凄まじい会社だった。

「朝一〇時に出社すると、二、三人ずつのグループにわかれ、会社近くの喫茶店に行き、昼まで雑談。午前中に仕事をしている人の姿をとうとう最後まで見たことがない。昼に社に戻ると、『お、めしの時間か』と昼食に出て、今度は食後のコーヒー。たいてい仕事にとりかかるのは二時か三時だ。
 六時になると『軽くつまむか』と雀荘に急ぐのがコースだったが、週の半分は『早く始めりゃ早く帰れるしな』と食後のコーヒーから雀荘に直行。なに早く帰れるわけがない。いつも終電か、三度に一度は徹夜である。
 土曜は朝から夕方までラジオの競馬中継がオフィスに流れ、まず仕事にならない。おいらはその会社に六年間在籍したが、麻雀と競馬をやりに通ったという記憶以外、いったい、いつ仕事をしていたのかとなると、まるで覚えていない」

 いくら高度経済成長期で、「極端に言えば何でもいいから印刷してあれば売れた」と著者が述べるような時代だったとはいえ、さすがにこれは大丈夫なのかと思わざるを得ない。この居心地の良い会社に、著者は結局6年も在籍することになるが、昭和50年代に入って景気が傾いてくると、案の定この会社はあっさり潰れてしまう。そして社員たちは別の職場を探し求め、著者自身は新しい事業(文中では明言されていないが、「本の雑誌」のことか)を興していくことになるのだった。

 そうした気楽で不安定な環境の中で、著者やアクの強い同僚達が競馬・麻雀・チンチロリンなどのギャンブルに励む様子が、本書には詳しく描かれている。徹夜続きの無軌道な暮らしぶりや、荒唐無稽な馬券の買い方、そして彼らの一風変わった人生模様などが、当時の競走馬のレースぶりとともに屈託なく綴られている。私自身はこの頃の競馬を知らないが、著者が勝ち負け度外視で思い入れのある馬の馬券を買う様子などを見て、「そうそう、競馬ってこういう楽しみがあるよな」という雰囲気を改めて思い出した。

posted by A at 22:38| 本(その他) | 更新情報をチェックする