2019年02月17日

【本】坂井孝一「承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱」

「承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱」 坂井孝一/中公新書/2018年

 朝廷と幕府のパワーバランスを大きく変え、武家政権が政治的な実権を掌握するきっかけとなった「承久の乱」について概説した本。

 「後鳥羽上皇が鎌倉幕府に無謀な戦いを挑み、あっけなく返り討ちにあった」というイメージで語られがちな承久の乱について、乱の発生に至る経緯やその影響を詳しく読み解いた一書である。後三条上皇の院政開始以降、「治天の君」たる上皇・法皇がどのように権力を確立し、その過程で武家がどのような役割を果たしたかを分かりやすく整理しつつ、乱を引き起こした後鳥羽上皇の心象風景に迫ろうとしている。著者の語り口が平易で読みやすいうえ、勅撰和歌集の編纂や有職故実の整理など文化的な側面にも幅広く目配りされており、知的好奇心をかき立てられる内容となっている。

 本書によれば、三種の神器の一つである宝剣を壇ノ浦に沈められてしまい、「正統な王」たるには重大な欠格事由を背負ってしまった後鳥羽は、「新古今和歌集」の編纂や宮廷儀礼の復興などの文化事業でそれらをカバーし、朝廷の権威確立に向けて強力なリーダーシップを発揮する。しかし、良好な関係を築いていた鎌倉幕府の源実朝が暗殺されたうえ、幕府内の権力争いから発展した謀反事件に巻き込まれて、大内裏焼失という挫折経験を味わう。そして、大内裏再建に向けた賦課に対して、全国の地頭などから強い抵抗を受けた後鳥羽は、幕府をコントロール下に置くために、その実権を握る北条義時追討の院宣を出すに至ったのだった。こうした著者の解釈が、歴史学の専門家の間でどの程度有力な説とされているかは承知していないが、少なくとも、具体的な史料に立脚した一つの議論の展開として興味深く拝読した。

 また、乱が勃発した後、迅速に東国武士の結束を固めることに成功した鎌倉幕府と、諸事に拙劣な対応をとった朝廷の姿は極めて対照的である。著者は前者を、情勢や戦力を分析する有能な裏方(大江広元・三善康信)、裏方の提言を採用する名監督(北条政子)、的確な指示を選手に伝えるキャプテン(北条義時)、経験豊富な中心選手(北条時房・三浦義村)、若手のホープ(北条泰時)らから成る「チーム鎌倉」と捉え、強固な結束力と優れた総合力を持ったチームとして高く評価する。これに対して後者は、なまじ後鳥羽が多芸多才だったために、彼自身が監督・裏方・キャプテンを務めるワンマンチームとなり、東国武士に対するリアリティを欠いたまま、独断専行でチームを運営することとなったと分析している。そして、ここに乱の勝敗を分けるポイントがあったと評価しており、乱の推移の細部を見るにつけ、こうした著者の認識は的確なものであるように思えた。史料に現れるさまざまな事実から、ある事件の政治的な背景や因果関係を解明していく歴史学の一つの楽しさを、本書のこうした考察から教えられたように思った。

posted by A at 21:07| 本(歴史) | 更新情報をチェックする