2019年01月26日

【本】上明戸聡「日本ボロ宿紀行」

「日本ボロ宿紀行」 上明戸聡/鉄人文庫/2017年

 日本全国の「ボロ宿」、すなわち、年季の入った趣のある宿に泊まり、その印象を書き綴った本。

 ビジネス書関係のライターを本業とする著者が、全国の「ボロ宿」を訪ね、そこに宿泊した感想や、その土地のひなびた雰囲気などを書き著した本である。各地の古い旅館を泊まり歩いた記録としては、大穂耕一郎の「駅前旅館に泊まるローカル線の旅」という名著が過去に出ているけれど、本書もそれぞれの宿の風情を丁寧に描き出していて、優れた紀行文となっている。全体的に、泊まった宿の長所や見どころを探し、そこで働く人々に敬意を払いながら各々の旅館を捉えており、その点も本書が良い読後感を残す理由となっているのだろう。

 本書に紹介されたそれぞれの宿の中には、地方都市で時折見かけそうなオーソドックスな駅前旅館タイプのものから、強烈な個性を湛える秘境の宿まで、さまざまな性格のものがそろっている。後者のものとして特に印象に残ったのは、北関東・那須湯本のとある旅館である。外観はほぼ廃墟、廊下の壁はぼろぼろにはがれていてホラー小説を想起させるレベル、窓から見える風景は山奥の緑と大きなホテルの廃墟、だけれど泉質は抜群で地元のおっちゃんたちに愛されているという、個人的にも相当惹かれる温泉宿である。こうした特徴ある宿の様子を、時にユーモアを交えつつ、軽妙に綴っていく著者の筆致には、次第になくなりつつある古びた旅館への愛情がこめられていて味わい深い。本書の続編も刊行されているようなので、いずれ読んでみたく思っている。

posted by A at 14:52| 本(登山、旅) | 更新情報をチェックする