2018年10月28日

【本】武田綾乃「青い春を数えて」

「青い春を数えて」 武田綾乃/講談社/2018年

 思春期特有の悩みや葛藤など、高校生たちの飾らない心情を描いた短編小説集である。本書所収の5編の小説の中では、姉妹の微妙な関係を見事に描ききった「側転と三夏」が、文学としては最も成功している作品ではないかと思う。何でもそつなくこなす器用な妹が、大ざっぱだが愛嬌ですべてを乗り越えてしまう姉に対して抱く、愛憎半ばした複雑な感情が、きめ細やかに描き出されている。姉の包容力を感じさせるラストも温かく、良い読後感を残す一編である。

 また、武田作品で読者の期待を集めるのは、やはり「白線と一歩」や「漠然と五体」のような、「思春期の女子生徒同士の、(やや踏み込んだ)関係」を描いた物語だろう。特に「漠然と五体」は、ロードムービー的な場面転換を交えながら、優等生と不良風の少女の、変化と成長を鮮やかに表現していて、非常に印象的な一作である。こうした同性間の、強い引力のような友情を描くことにかけては、著者は当代随一の名手と言ってよいのではないか。登場人物の繊細な心情に立ち入りながらも、生々しくなりすぎないように描写を行う力は、著者一流の手腕ではないかと思われる。

 それにしても著者は、「漠然と五体」に登場する清水千明や、あるいは別作品の「立華高校マーチングバンドへようこそ」に出てくる柊木芹菜のような、「一癖ある美少女」を魅力的に描くのが上手い。彼女らの造形は、他の登場人物に比べて、細部まで設定が行き届いている印象もあり、不思議な説得力を持っている。著者自身の思春期の頃に、周囲にモデルとなるような人物でもいたのだろうか。

posted by A at 09:18| 本(小説) | 更新情報をチェックする