2018年10月21日

【本】斎藤環「承認をめぐる病」

「承認をめぐる病」 斎藤環/ちくま文庫/2016年
(初版は、2013年に日本評論社から刊行)

 精神病理学を専門とする大学教授の著者が、さまざまな雑誌などに寄稿した論文や原稿を、1冊の本にまとめたもの。

 精神医療関係の論考を精力的に発表されている著者の、論文アンソロジーとでもいうべき本である。社会全体の風潮やセンセーショナルな事件を、精神分析の切り口から解き明かそうとしたものから、かなり臨床的・専門的な内容のものまで、バリエーションに富んだ原稿がまとめられている。このような、やや取っつきにくい本がそれなりに売れたのは、著者自身が文庫版あとがきで述べるように、(本の内容とは関係のない)表紙の女の子が、かなり魅力的だったからではないかと思われる。正直に言えば、私も表紙で買った。

 本書に収められたさまざまな論文を読むと、比較的平易で読みやすいものや、門外漢には呑み込みづらい難解なものなど、想定する読者層に少なからずブレがあり、やはりちょっと読みにくい。そうした中で、個人的によく理解できたのは、秋葉原無差別殺傷事件の犯人を取り上げた「秋葉原事件 三年後の考察」という一編である。両親から理不尽な虐待を受けて育った犯人が、どのように人生の袋小路に迷い込み、なぜ悲劇的な爆発に至ったのかを、事実関係に即しつつ丁寧に分析している。精神医学の詳しい知見を持ち合わせていないので、著者の分析が専門的にどれほど的確なのかは分からないけれど、少なくとも素人目線で読んだ限りでは、示唆に富んだ考察であるように思えた。

posted by A at 17:52| 本(評論) | 更新情報をチェックする