2018年08月25日

【本】宮田珠己「四次元温泉日記」

「四次元温泉日記」 宮田珠己/ちくま文庫/2015年
(初版は、2011年に筑摩書房から刊行)

 全国各地の温泉宿、特に、建て増しなどによって迷路化した改造建築の旅館を訪ね歩いた旅行記。雑誌での連載記事を単行本化したもの。

 増築を重ねたユニークな温泉旅館に泊まり、その感想を書きつづったエッセイである。著者自身が、服を脱ぐのも面倒、湯につかるのも退屈という風呂嫌いの人物であり(なぜこんな人に温泉巡りの仕事など依頼したのだろうか)、あまり温泉の泉質などには興味がなさそうな様子で筆が進んでいくが、それぞれの旅館を斜に構えた目線で捉えていく著者のやり方も、それはそれで愉しいものである。

 風呂嫌いにもかかわらず(あるいは、風呂嫌いだからこそ)、著者は、そもそも温泉旅行とは何なのかということを、本書の中で正面から考察しようとしている。この本の冒頭には、以下のような記述がある。

「…温泉なら、ずっと宿にいてもいいのではないか。
 ただ宿でゴロゴロしていても、そこに温泉があれば、温泉に入りにきたのだから宿から出ないでも何も問題はない、という理論が成り立つのではあるまいか。
 そうか、人は温泉に入りに行くのではない。何もしないために、温泉に行くのだ。
 迂闊だった。なんということだ。温泉は、何もしない旅の、大義名分だったのだ。それでみんな温泉温泉と騒いでいたのか。
 温泉不感症の私も、そういうことなら話はわかる」

 こうした発想の下に、著者は全国の温泉を巡りつづけ、ついにはすっかり温泉好きになってしまう。そういった著者の転向に大きな影響を与えたのは、やはり本書に登場する、数々の個性的な温泉旅館であろう。これらの旅館の中で、私自身が訪ねたことがあるのは奥那須の北温泉だけだが、ここの建物はどういうわけか、廊下の壁などに変なもの(日露戦争の作戦地図とか、天狗のお面とか)が沢山ぶら下がっていて、だいぶ面食らった記憶がある。こういった非日常的で風変わりな世界と、上質な温泉を体験しつづければ、著者のように温泉に興味がない人であっても、その認識が変わっていくのは自然な成り行きではないかと思った。

posted by A at 12:15| 本(登山、旅) | 更新情報をチェックする