2018年06月17日

【本】山際淳司「みんな山が大好きだった」

「みんな山が大好きだった」 山際淳司/中公文庫/1995年
(初版「山男たちの死に方」は、1984年にKKベストセラーズから刊行)

 国内外の高峰や氷壁の登頂を目指した、先鋭的なアルピニストたちの生きざまを描いたノンフィクション。

 加藤保男森田勝長谷川恒男などといった国内の著名な登山家や、ヘルマン・ブール、ゲオルグ・ウィンクラーのような海外のアルピニストたちに焦点をあてた、優れたノンフィクション作品である。彼らがどういう子供時代を過ごし、何をきっかけに登山の世界に入り、そしてどのように山で散ったかを、やや感傷的な文体で書き綴っている。「命を懸けて未踏の山を目指す」というような危険な冒険スタイルは、現代ではすっかり流行らなくなってしまった感もあるけれど、往時の登山家たちが発した旺盛な熱量を、本書は克明に書きとどめている。

 このような、名の知れたアルピニストたちの英雄譚も印象的だが、個人的には、本書の最終章で触れられている、必ずしも広くは知られていない登山者たちの記録も心に響いた。例えば、著者の高校時代の同級生で、登山に魅せられていたNという人物は、大学生時代、著者と以下のような会話を交わしている。

「そのころ、山がそんなに面白いのかと、ぼくが聞いたことがある。そのときの会話を、いまでもよくおぼえている。
『面白いさ』と、彼はいった。
『毎日一冊の本を読んで一年を過ごしてみる。ずいぶん、本を読んだことになる。刺激も受けるだろうし、考えもする。それでもわからないことがある。そのわからないことが、山に登っているとき、ふっとわかったりするんだ。不意にひらめいてくるんだ。考えても悩んでもわからなかったことを、直観的に見通すことができるんだよ』
 つまり――と、彼はつづけていった。
『本を読むことにしたって精神の遊びなんだけど、山に登るってこともそれに近い。そしてそれ以上なんだ。言葉が外から与えられるんじゃない。自分の内側から出てくる。これ以上の遊びはないと思う。退屈しないね。無力感とか脱力感なんて、どこの世界の話かと思うよ』」

 この会話から1か月もたたないうちに、Nは、登山訓練中の不慮の事故で還らぬ人となった。生と死の境界線を踏みながら生きるような人は、そうした生き方を送るからこそ、ある種の鋭敏な感性のようなものが発達するのだろうか、などといったことを考えた。

posted by A at 00:16| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする