2017年08月06日

【本】高崎伝「最悪の戦場に奇蹟はなかった ガダルカナル、インパール戦記」

「最悪の戦場に奇蹟はなかった ガダルカナル、インパール戦記」 高崎伝/光人社NF文庫/2007年
(初版は、1974年に光人社から刊行)

 太平洋戦争の悲惨な戦場である、ガダルカナル島の戦いとインパール作戦の両方を経験した兵士による戦記。

 著者の所属する第18師団(菊兵団)の歩兵第124連隊は、太平洋戦争開戦後、ボルネオ島、セブ島、ミンダナオ島攻略作戦に勝利し、その後ガダルカナル島の戦いに参加して壊滅。戦力再建後、新設の第31師団(烈兵団)に配属替えとなり、ビルマ戦線に投入。インパール作戦やその後の撤退戦を戦い抜き、ビルマ南部で終戦を迎えている。著者は、開戦から終戦までこの連隊に所属し、ガダルカナル戦とインパール作戦の双方を体験した人物である。

 本書は、極めて陰惨な戦場を描写した戦記であるにもかかわらず、意外に読みやすい一書である。それは著者自身の個性と、その文才による部分が大きいのではないかと思う。気性の荒い北九州の部隊で、他部隊からの食糧徴発(一言で言えば、泥棒)をいとわない「ゴロツキ連隊」である124連隊の様子と、誰に対しても遠慮なく物を言う、横紙破りの「万年上等兵」である自分自身の振る舞いを、著者はユーモアを交えた筆づかいで描いていく。こうした著者の旺盛なバイタリティや、権威に盲従しないたくましさ、危機に際して臨機応変に行動できる明敏な頭脳、そして、飢餓や病の中でも最後まで諦めない強靱な精神と身体が、生還という「奇蹟」を著者にもたらしたのではないかと思えた。

 とはいえ、著者が戦った戦場は、やはり悲惨の一語に尽きるものである。昭和19年8月頃、烈兵団の殿部隊としてインパール戦線から退却する中で、著者は以下のような光景に遭遇している。

「私たちは死体をふまぬように、よけて歩きながら、山の中腹から下を見れば、ふもとの方に大きな竹林が見え、その中にきれいな小川が見えてきたので、かっこうの休憩場所とばかり、急いで竹林に近づくと、またもや急に腐乱死臭がプーンと鼻をついてきた。竹林の中へはいってみて、また驚いた。
 ああ、なんという惨状!
 竹林のなかの川渕の砂床には、日本兵の死体が二百? あるいは三百もあろうか? すでに白骨化したもの、あるいは腐乱した死体。まだ生きている傷病兵の全身に、頭髪を白髪と見ちがえるほどウジがいっぱいにわいている者あり、またある者は、大きなウジ虫が、目といわず鼻孔、口、耳穴、傷口から、出たり入ったりしているではないか。
 川に頭を突っ込んで死んでいる兵隊は、下痢で苦しんだのか、下半身はだかで、その肛門からは、大きなウジ虫があふれ出ていた。
 ガダルカナルも悲惨だったが、それ以上に悲惨きわまりなき、地獄絵図だった」

 こうした無惨な結果をもたらしたインパール作戦を、著者は、以下のように総括している。

「愚将のもとに万骨枯れたこの大悲惨事は、世界の戦史にのこした日本陸軍の恥であろう。
 愚将牟田口将軍のもとに、万骨枯れた英霊の無念を思えば、故人となった将軍の死屍にムチ打っても、なおあまりある痛恨かぎりなき地獄の戦場であったといえる」


(補記)
 前回の記事でも少し触れたが、最近、インパール作戦の実態を意図的に無視したり、捏造したり、論点をすり替えたりして、無理やりこの作戦を肯定しようとする、異常な歪曲工作を時々見かけるようになった(例えば、このリンク先で批判されている記事)。
 このような、まともに戦記も読まずに書かれた悪質なフィクションが、近年になって表に出てくるようになったのは、そんなものを読んだら本気で激怒するであろう生還将兵の方々が、多く鬼籍に入ってしまったことが大きな要因だろうか。

 なお、ここここのサイトに、作戦参加将兵の証言が掲載されているので、合わせて紹介しておく。国のために力を尽くされた方々の重い証言であり、傾聴すべきものであろう。


posted by A at 10:15| 本(戦記) | 更新情報をチェックする