2017年05月21日

【本】山内進「北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大」

「北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大」 山内進/講談社学術文庫/2011年
(初版は、1997年に講談社選書メチエから刊行)

 バルト3国を中心とした北東ヨーロッパへの、キリスト教拡大の歴史を著した本。1998年、サントリー学芸賞受賞。

 中世ヨーロッパにおいて、カトリックがどのように北東ヨーロッパ方面に浸透していったのか、その歴史的経緯を書き記した一書である。我々日本人にとって、あまり馴染みの無い地域をテーマにした本であることもあり、本書に登場する人物や地名には、見覚えのないものが結構多い。それでも抵抗なく本書を読み進めることができるのは、このような疎遠な主題を一般向けに分かりやすく記すことに成功した、著者の叙述の腕による部分が大きいのではないかと思う。この点も、本書がサントリー学芸賞を受けるに値すると見なされた、重要な理由の一つに挙げられるのではないか。

 本書の中では、11〜13世紀頃を中心に、ドイツの騎士修道会がバルト三国に対して、キリスト教を「布教」していく様子が詳述されている。すなわち、「十字軍」の騎士たちが、キリスト教を受容しない異教徒たちを、何のためらいもなく虐殺・略奪・奴隷化していくのだが、こうした彼らの姿は、端的に言えば傲慢で独善的と評するほかないものである。これが正義とされるのであれば、そもそも宗教とはいったい何のために存在するものなのか、という根本的な疑念を抱かずにはいられなかった。

 そして、北東ヨーロッパ方面のキリスト教化がおおむね完了した15世紀頃以降になると、キリスト教化、ひいては「ヨーロッパ化」の矛先は、世界の他の地域に向かっていくことになる。本書から引用すると、

「今日のバルト三国に派遣された十字軍とその思想は、アフリカとアメリカへの「ヨーロッパの拡大」のひな型を提供するものであった。(中略)イベリア半島とバルト海域で鍛えられた「ヨーロッパ拡大の論理」は、とりわけ新たに「発見」された、インディオやアメリカ・インディアンといった、比較的プリミティブな異教徒たちから支配権と財産権、信仰と自由を奪うことに貢献した」

のである。このような捉え方にはさまざまな議論があるのかもしれないが、いずれにせよ、世界の中では一辺境地域に過ぎないバルト地域の動きが、やがて世界史全体に波及していくという本書の視座は、確かに興味深いものだった。


posted by A at 22:28| 本(歴史) | 更新情報をチェックする