2016年12月23日

【本】pha「持たない幸福論」

「持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない」pha/幻冬舎/2015年

 定職に縛られず、毎日を自由に暮らす著者が、「働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない」という自らの人生観を解説した本。

 本書の著者は、京都大学卒業後、数年間勤めた大学法人を辞め、その後は特定の就職先を持たずに日々を過ごしている方である。「できるだけ働かずに生きていきたい」という考えの下に、マイペースに暮らす自分自身を、著者は「ニート」と呼んでいる。しかし、インターネット経由で(最低限ではあるが)収入を得ていて、ブロガーとしても広い支持を集め、さらには数冊の本も出版されている事実を見ると、著者は、一般的なイメージの「ニート」とは少し異なる人であるようにも思える。適当な表現が見つからないが、才能ある高等遊民、とでも言うべきだろうか。

 また、著者は、IT関係の技能を持った無職の人々が共同生活を送る「ギークハウスプロジェクト」を提唱し、これが発端となって、全国各地にギークハウス開設の動きが広がっている。個人的に、しばらく前からこちらのギークハウスのブログを拝見しているのだけれど、地方都市特有のゆるやかな空気感が感じられて、ここでの暮らしをちょっと羨ましく思っている(もちろん、このブログに書かれざる不便などもあるのだろうけれど)。こうしたギークハウスは、人生の次の展開に向けて自分を再整理する人たちにとっての、一種のセーフティネットとしても有意義なシステムではないかと思う。著者自身が自覚されているかどうか分からないけれど、著者はプランナー、あるいはオルガナイザーとしても、非凡な能力の持ち主であるように見える。

 とはいえ、著者の「できるだけ働きたくない、家族は不要、稼ぎは最小限で構わない」という独特な哲学は、やはり普遍的なものではないのだろう。こうした価値観に違和感を持つ人は、決して少なくないのではないか。私自身は、著者の考え方には結構共感する方だけれど、定職や家庭を持つ選択肢をすっかり放棄してしまうのは、さすがにちょっとハードルが高いなと思う。

 ただ、本書に示される著者の人生観に同感しないとしても、自らと異なるユニークな考えに触れることは、その反射的効果として、現在の自分の価値観を見つめ直させるものである。また、この本には、「人間は一人でいるとときどき偏ったり狂ったりしてしまうから、友人という自分の意見をチェックしてくれる機構が必要だ」とか、「擬似的な『小さな死』をときどき死ぬことでガス抜きをして、本当に死んでしまうことをできるだけ避ける」などといった、日々の生活を送る上での有益な気付きも多く含まれている。著者の主張そのものには賛否両論あるのかもしれないけれど、それを踏まえても、本書は一読に値する一冊ではないかと思う。


posted by A at 18:22| 本(その他) | 更新情報をチェックする