2016年11月23日

【本】金邦夫「すぐそこにある遭難事故」

「すぐそこにある遭難事故 奥多摩山岳救助隊員からの警鐘」 金(こん)邦夫/東京新聞/2015年

 東京・奥多摩で長年山岳救助に携わってきた著者が、個別の遭難事例を詳しく紹介し、安易な登山に警鐘を鳴らした本。著者が山岳雑誌「岳人」に連載した記事や、新たに書き下ろしたコラムなどを、一冊の本にまとめたもの。

 2007年に刊行された、「金副隊長の山岳救助隊日誌」の続編ともいえる一書である。比較的、自由闊達にエッセイが綴られていた感のある前著に比べ、今回は一つ一つの遭難事故の概要説明や、その原因の検証に重点が置かれており、少し重い読後感がある。ただ、自分自身が山で遭難しないためには、こうしたアクシデントから十分教訓を汲みとることが、おそらく重要な教程となるのだろう。

 本書を読むと、一口に遭難事故といっても、かなり色々なバリエーションがあることが分かる。よくある道迷いや滑落事故を始め、愛好者が急増しているトレラン(トレイルランニング)での死亡事故、名クライマー・山野井泰史氏が熊に襲われた事故、前著でも言及されていた山小屋での連続強盗事件、果ては奥多摩の山奥で脱法ドラッグパーティーを開き、幻覚作用のせいで参加者たちが山中を数日間さまよい歩いて、ついには死者も出た案件まで、様々な具体例が詳細に述べられている。こうした事案に対処する山岳救助隊員の苦労もありのままに記されていて、そりゃ隊員たちが怒るのも当然だよな、と思わせられるケースも決して少なくなかった。

 そのような事例の中で、困難な対応を強いられる救助隊員たちが見せる、自らの仕事に対する意識の高さは見逃せない。例えば、まだ3年目の若い隊員が、行方不明者のことがどうしても気にかかり、休日に一人で自発的に山に入っていく姿には、少なからず感銘を覚えた。何かと苦労も多いのだろうけれど、こんなふうに純粋に打ち込める仕事を持てることは、とても幸せなことなのではないかと思った。


posted by A at 19:33| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする