2016年05月29日

【本】糸井重里ほか編「あるとしか言えない」

「あるとしか言えない 赤城山徳川埋蔵金発掘と激闘の記録」 糸井重里&赤城山埋蔵金発掘プロジェクトチーム編/集英社/1993年

 「あるとしか言えない」という書名と、糸井重里の名を見てピンときた方は、おそらく30代後半以上の方ではないか。1990年代初期に、TBSのテレビ番組「ギミア・ぶれいく」で放送された、徳川埋蔵金発掘プロジェクトの経緯をまとめたのが本書である。やけに勇壮なテーマ曲をバックに、ユンボが深い穴を掘り返す映像を、私も子供心に見た記憶がある。

 本書によれば、元々この埋蔵金発掘プロジェクトは、番組制作会社のプロデューサーたちが「超能力者が埋蔵金を探すような番組を作ったら面白いね」などということを、飲み屋のバカ話で思いついたあたりから話が始まったのだそうだ。TBSがこの企画に乗ったため番組作りはスタートしたが、制作会社はまずメインキャスターを誰にするかで悩むことになる。「企画が企画だけに、普通のタレントさんじゃ軽くなりすぎるし、そうかと言って学者の先生じゃ堅すぎる」ということで、彼らは駄目元で、多彩な分野で活躍する糸井重里にオファーを出す。すると、大抵の仕事は断っていた多忙な糸井は、たまたま群馬県前橋の出身だったこともあり、「ひさびさに地元に帰って、超能力者と赤城山をぶらぶらするのもおもしろい」といった軽い気持ちでこの仕事を引き受けたのだった。後にこのプロジェクトにどっぷりのめり込んだ観のある彼も、埋蔵金との最初の出会いは、ごく気軽なものだったのだ。

 そして始まった最初の数回の放送では、当初のコンセプトどおり、わざわざアメリカから超能力者を呼び寄せ、オカルト的な手法で埋蔵金へのアプローチが試みられた。これが「超能力バラエティ番組」として好評を博し、20%近い視聴率を集めることになる。そして超能力者らの言うままに地面を掘り返したところ、地中の洞窟など、埋蔵金の存在を匂わせると言えなくはないような物証が見つかってしまう。このため番組は、重機を導入して本格的に地面を掘り進める成り行きとなり、結果的に気合いの入った「土木番組」の様相を呈していくのであった。

 大方の予想通り、この番組はとうとう埋蔵金を見つけることはできなかった。また、現在よりも番組制作のモラルがおおらかだった時代でもあり、もしかすると番組の展開には、多少の「やらせ」の要素もあったのかもしれない。ただ、こうした荒唐無稽な夢にはある種の抗いがたい魅力があり、ついついチャンネルを合わせてしまう番組でもあった。一向に埋蔵金が見つからないまま迎えた企画終盤の第7回放送でも、実に21.7%もの視聴率を獲得しており、娯楽番組としては十分に成功した例と言えるのだろう。


posted by A at 23:55| 本(その他) | 更新情報をチェックする