2016年01月24日

【本】北浜駅勝手連 編「北浜の駅から」

「オホーツク海のほとり 北浜の駅から 旅情へのメッセージ」 北浜駅勝手連 編/1984年

 北海道・釧網本線の北浜駅に設置されていた「落書きノート」に、旅人たちが残していった書き込みを、一冊の本にまとめたもの。

 網走市のはずれ、オホーツク海のほとりにある北浜駅は、駅の間近まで流氷が押し寄せることで有名であり、昔から多くの旅人が訪れている。そうした旅人たちが、駅に置かれた「落書きノート」に書き残していった思い出を、一つの本に編集したのが本書である。傑作ノンフィクションとして名高い「北の無人駅から」(渡辺一史著/北海道新聞社)の中で言及されていたのを見て、興味があって入手してみた。

 本書刊行当時、北浜駅には既に23冊分の「落書きノート」が残されていたそうだが、本書には、主に昭和58年1月〜59年2月ごろの書き込みが抜粋・収録されている。同駅は59年2月29日に無人化されているので、その直前期の記録ということになる。最後の駅長となった田中勝美氏の、「なんとか旅の思い出を冊子に」という願いを受けて、有志たちが編集・刊行したのが本書なのだそうだ。出版社が書かれていないので、あるいは自費出版なのかもしれない。

 本の内容は、旅人たちが駅のノートに記していった旅の感動や思い出が、ただひたすら綴られているだけのものである。ストーリーも何もない、見方によっては平板な本だけれど、1980年代中頃の若者たちの、旅空の下での思いや悩みが率直に書き残されていて、意外に興味深い一冊になっている。この北辺の駅に、文字通り全国から旅人が集まってきていたことや、駅員たちとの交流など、当時の旅事情も間接的に窺い知ることができる。この時代の若者たちの感性や旅の雰囲気を、巧まずして捉えてみせた、思いのほか貴重な一書なのではないかと思う。

posted by A at 15:31| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする