2015年08月16日

【本】新井信太郎「雲取山に生きる」

「雲取山に生きる ランプとともに30年余の山暮し」 新井信太郎/実業之日本社/1988年

 東京都最高峰・雲取山(2017m)の山頂に位置する山小屋、雲取山荘の主人によるエッセイ集。

 1960年から2013年まで、実に50年以上にわたって雲取山荘の管理人を務めた著者による、雲取山にまつわる随想録である。戦前の山小屋設置の経緯から、自分が山荘の主人を引き継ぐことになった成り行き、山小屋での暮らし、山の動植物、雲取山に縁のある人々など、多岐にわたる記録や所感が綴られていて、山歩きを趣味とする人にとっては大いに興味を惹かれる一冊になっている。

 中でも、富田治三郎氏をめぐる記述は注目に値する。雲取山荘の初代管理人にして、鎌を持って山を歩いたことから「鎌仙人」の愛称でも知られた富田氏の人となりや、山小屋管理の様子、富田新道開拓のエピソードなどが収録されており、奥秩父山岳史の観点からも貴重な記録ではないかと思われる。ところで、この富田氏に関しては、以前「山と高原地図 奥多摩」(昭文社)の付録冊子に、秋山平三氏の手による「山小屋の番人 鎌仙人――富田治三郎のこと」という秀逸なエッセイが掲載されていた。近年の版には載らなくなってしまったようだけれど、この小品も、山で生きる人間の厳しさと優しさを見事に描いた名作であり、どこかで再録されないものかと思う。

 都心から比較的アプローチしやすい雲取山荘は、なんとなくいつも混んでいそうな印象があり、私自身は雲取山には日帰りでしか登ったことがない(荷物が軽かったので、鴨沢バス停から往復6時間半で行けた)。同じく新井氏が山暮らしの日々を描いた随筆、「雲取山のてっぺんから」(けやき出版、1994年)や、「雲取山よもやま話」(さきたま出版会、1996年)を読む限りでは、平日であれば山荘への宿泊者は少なく、冬になると、何日も登山者が訪れないこともあるのだという。現在では新井氏の御子息が山荘の管理人を引き継がれているようだけれど、一度、山小屋泊を目当てに雲取山に登ってもいいかなと思えた。

posted by A at 17:04| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする