2015年01月12日

【本】尾上太一「島を愛す 桃岩荘/わが青春のユースホステル」

「島を愛す 桃岩荘/わが青春のユースホステル」 尾上太一/響文社/2011年

 北海道礼文島のユースホステル、桃岩荘をテーマにした写真集。1999年から2010年にかけての写真71点を収録。全編モノクロ。

 旅人たちの間で広く知られた宿、桃岩荘を取り上げた写真集である。この桃岩荘は、かつての「ユースホステル文化」を色濃く残している宿で、昔ながらのミーティングや、スタッフ・宿泊者一体になっての歌と踊り、港での盛大な出迎え・見送りなどを今も続けているのだそうだ。その有り余るエネルギーから、「北海道三大きちがいユース」の一つに数えられた時代もあったようで、youtubeに多数投稿されている見送り動画(たとえばこれ)を見ても、その個性的な様子は十分に伝わってくる。

 こうした桃岩荘のバイタリティとは対照的に、本書は、極めて静かな雰囲気をたたえた写真集である。礼文島の海と空、静寂に包まれた浜、オフシーズンの建物群などを、そっと穏やかに切り取ったような写真の数々が、丁寧に収められている。本来賑やかであるはずのミーティングや見送りの場面も、まるで遠い日の大切な思い出であるかのような、懐かしい佇まいを見せた写真に仕上がっている。旅の最も美しい瞬間、永続しないものだけが放つことのできる輝きを、著者はその鋭敏な感性で見事に捉えている。

posted by A at 13:07| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする