2014年11月22日

【本】金邦夫「金副隊長の山岳救助隊日誌」

「金副隊長の山岳救助隊日誌 山は本当に危険がいっぱい」 金(こん)邦夫/角川学芸出版/2007年

 警視庁青梅警察署山岳救助隊の副隊長として、長年にわたって奥多摩で山岳救助に携わってきた著者が、平成14年から18年ごろにかけての救助活動の様子を、自分の感想や意見を交えながら綴った本。

 奥多摩の山は標高も低く、都心から近いこともあって、気軽に登山に来ることができる。そのため、安易な気持ちと不十分な装備で山に入った登山客が遭難事故を起こし、救助を求めてくる場合がある。ひどい時は、日没や疲労を理由に救助要請を行うハイカーもおり、そのたびに山岳救助隊が出動させられることになる。著者は本書の中で、登山客の軽装ぶりや心構えの甘さに繰り返し苦言を呈しているけれど、いくつかの遭難記録を読む限り、著者が怒るのは当然と思えた。

 ただ、そうした手厳しい指摘を含みながらも、本書の読後感は決して悪くない。それは、著者が山に対して抱く温かい感情が、本書を通底して流れているからではないかと思う。「仙人」と呼ばれるユニークな山小屋管理人とのやり取りや、廃集落の幻の滝を訪ねる記録は読んでいて愉しいし、四季折々の自然をいとおしむ文章は、著者の繊細な審美眼をうかがわせるものである。救助した遭難者に対しても、その行動の甘さを指摘しつつも、「山に登るということは素晴らしいことなんだけど、自然に挑戦するには危険が伴う。それなりの装備と知識がなければだめだ」と教え諭したり、「山を志す若者を失いたくない」と、負傷者の回復を心から祈ったりする。そこにあるのは、言葉はぶっきらぼうでも心根は優しい、古きよき「山ヤ」の姿である。