2014年05月01日

【本】堀栄三「大本営参謀の情報戦記」

「大本営参謀の情報戦記 情報なき国家の悲劇」 堀栄三/文春文庫/1996年

 太平洋戦争中、米軍の来攻時期などを的確に予測した元大本営参謀が、情報(いわゆる「インテリジェンス」)の専門家としての自らの活動を振り返るとともに、国家が情報を軽視することの危険性について強く警鐘を鳴らした一書。

 日本陸軍で情報参謀として手腕を発揮し、戦後は初代駐西ドイツ大使館防衛駐在官などを務めた、堀栄三氏の回顧録である。堀参謀に関して最も有名なのは、昭和19年11月上旬に、米軍のルソン島上陸時期・場所・兵力を、「昭和20年1月上旬末(8〜9日)、リンガエン湾に上陸、兵力は当初5〜6師団、爾後さらに3〜4師団」と、極めて正確に予測したことであろう。そのほか、台湾沖航空戦の誇大戦果を見抜いていたことや、昭和20年秋から21年春にかけての日本本土への米軍の上陸予定地点・時期・兵力を的確に判断していたことなど、堀氏の活躍ぶりは、ほとんど神懸りと言ってよいレベルのものであった。

 元々、堀氏は情報の専門家として教育を受けたわけではなく、大本営第2部(情報部)の第16課(ドイツ課)、第5課(ソ連課)、第6課(米英課)などをたらい回しされたり、前線を視察したりする中で、様々なタイプの上司から、情報収集のあり方や分析の方法などを自主的に学んでいった人物だった。その手法は、例えば「各種の徴候を丹念に積み上げ、さらに公開文書の翻訳、放送の傍受、暗号の解読、相手国周辺の駐在武官の報告などを組織的、体系的に分析検討して、砂礫のような情報の中から一粒のダイヤを見つけるに似た克明細心な取り組み方をする」方法や、ある情報を「一本の線で一方的に見ないで、他の何かの情報と関連があるかどうかを見つけようとする。従って二線、三線の交叉点を求めようと」するやり方などであり、こうした技法は、現代の我々が仕事をする際などにも、十分に参考となるものである。

 また、堀氏が受けた助言の中には、「情報は結局相手が何を考えているかを探る仕事だ。だが、そう簡単にお前たちの前に心の中を見せてはくれない。しかし心は見せないが、仕草は見せる。その仕草にも本物と偽物とがある。それらを十分に集めたり、点検したりして、これが相手の意中だと判断を下す。(中略)いろいろ各場面で現われる仕草を集めて、それを通して判断する以外にはないようだな」(堀丈夫中将・堀氏の養父)、「枝葉末節にとらわれないで、本質を見ることだ。文字や形の奥の方には本当の哲理のようなものがある、表層の文字や形を覚えないで、その奥にある深層の本質を見ることだ。世の中には似たようなものがあるが、みんなどこかが違うのだ。形だけを見ていると、これがみんな同じに見えてしまう。それだけ覚えていたら大丈夫、ものを考える力ができる」(土肥原賢二大将)といった抽象的なものもあり、これらは大つかみなアドバイスである分、よりいっそう、「噛めば噛むほど味の出る奥深いものがあって、堀には一生忘れられない言葉」となるものであった。

 堀氏が情報参謀として飛躍的な成長を遂げたのは、もともと彼にその素質があり、周囲の人材を触媒として、その才能が自発的・偶然的に開花したということなのだろう。しかし、彼のような情報の俊英が出現しないままずるずると戦況が悪化し、昭和18年も終わり頃になってようやく、大本営で米軍戦法の研究や情報分析が本格化したという現実は、まさに恥ずべき失態というほかない。エリート中のエリートの軍人たちを集めていたはずの大本営において、華々しい作戦指導ばかりに熱中し、その判断根拠となるはずの地道な情報収集・分析を疎かにしていた事実は、十分に教訓とされなければならないことではないかと思う。

posted by A at 08:20| 本(戦記) | 更新情報をチェックする