2013年12月14日

【本】岩見隆夫「昭和の妖怪 岸信介」

「昭和の妖怪 岸信介」 岩見隆夫/中公文庫/2012年
(初版は、1979年に学陽書房から刊行)

 戦前、商工省官僚から満州国総務庁次長、商工大臣などの要職を歴任し、終戦後A級戦犯に指名されながらも、その後十余年を経て総理の座を射止めた政治家、岸信介の表裏を描いたノンフィクション。

 少壮官僚としての出発から、満州国での暗躍、東条内閣への協力と抵抗、戦後の雌伏、総理として取り組んだ難業、そして総理退任後の政治活動に至るまで、岸信介の生涯とその功罪を追った作品である。岸の周辺で活動した様々な関係者と、さらには岸本人へのインタビューを重ね合わせ、岸の人間像をあぶり出そうと試みた一書であるが、ヴェールに覆い隠されたまま終わってしまった感のある部分も少なくない。著者自身があとがきで認めるように、「入口のところをうろうろしたような実感が残」り、「とても本論に踏み込むにはいたらなかった」印象が拭えず、それがまた、岸という掴みどころのない人格を浮き彫りにしている。

 岸が総理の職にあったのは昭和30年代のことだが、彼はいまだ過去の人間にはなっていない。岸の外交と憲法観に関して、本書には以下のような記述がある。

「内閣が成立して三か月後の五月二十日、岸は初仕事として東南アジア歴訪に出発した。
 六月四日までビルマ、インド、パキスタン、セイロン、タイ、台湾の六か国を回り、さらに訪米をはさんで十一月十八日から十二月八日まで南ベトナム、カンボジア、ラオス、マレーシア、シンガポール、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンの九か国、合計十五か国を歴訪したことになる。(中略)
 とにかく、復興しつつある日本経済の市場確保のために、東南アジアの重要性はきわめて大きい、と岸は考えた。さらに日本のあと押しによって、東南アジア新興国の経済基盤が固まってくれば、日本の国際的な発言力が増し、「アジアの指導国」としての政治的、経済的な地歩を築くことができる、と踏んだ。それが米国と緊密に結びながら中ソ両大国とは事を構えずに日本が生きていくための唯一の選択肢だと岸はみたのだろう。」

「(日本国憲法について、80代の岸の言葉)成立過程と内容のいかんですよ。国に元首がないんだ。こんなことはないですよ。やっぱり元首ははっきりしとかなきゃいかん。これは国の基本である。
 それから、国防だ。私はもちろん、戦争をしようとか、武力をもって日本の国策を外交上ナニしようとか、そんなことは考えていないけれども、少なくともね、防衛に当たってる自衛隊が憲法違反の疑いを残すような現在の規定を改めなければいかん。やはり、国を防衛するのは国民の義務の一つであり、国に忠誠を尽くさなきゃいかんということをないがしろにするのが間違っとる。
 それから二院制。むだですよ、あれ。総理大臣が二度もおんなじことをやらなきゃならんのだよ。だから、私が憲法改正する時は一院制にすると思います。大体いまのは翻訳調だからね。変な文句でしょう……」
「憲法改正、これは今後もやります。やりますけれどもなかなか私の目の黒い間にできるとは思っていない。しかし、この火を絶やしちゃいかんと思うんだ」

 現総理は岸の孫に当たる人だが、その外交姿勢や憲法論を見れば、岸の描いたグランドデザインは、今も日本のあり方に陰に陽に影響を及ぼし続けているように思える。

posted by A at 10:13| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする