2013年10月14日

【本】ばるぼら「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」

「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」 ばるぼら/翔泳社/2005年

 日本のインターネット草創期から2004年頃までの、ネット文化の興隆と発展の経緯を詳述した本。

 「これはものすごい本である」――巻末の解説に記された大森望氏のこの一言が、本書の業績の偉大さを明快に物語っている。90年代初頭以降、インターネットの世界でどんな人々がどんなサイトを立ち上げ、それがどのような影響を及ぼしていったのかについて、驚異的な綿密さで記録した一書である。その恐るべき情報量と質を目の当たりにすれば、著者が執筆に費やしたであろう時間と労力の膨大さに、ただ頭を下げずにはいられなくなる。

 「教科書には載らない――」と銘打たれている通り、本書は、インターネットをめぐる政治や経済の動きなどではなく、名もなきユーザたちが作り上げたサイトの数々や、そこから派生したサブカル的なムーブメントの説明に主眼を置いて編集されている。こうした書物は、ややもするとマニアックな事実の羅列になりがちであり、予備知識のない読者にとって、本書は決して面白い読み物ではないかもしれない。しかし、我が国のインターネット文化史を振り返るにあたり真に注目しなければならないのは、まさにこういったネット上のリアルな活動記録であろう。将来において、インターネット勃興時代のユーザが何を考え、どうネットを活用したのかを検証する際に、本書は必要不可欠な基礎資料となるに違いない。

 本書刊行後も、インターネットの世界にはtwitterや各種SNSが登場するなど、極めてドラスティックな変化が続いている。SNSの普及によりネット上の発信主体が拡散する中で、もはや本書のような形でのネット史の編纂は難しいのかもしれないけれど、ともかく、ネット黎明期に著者のような卓越した記録者が存在したことは、日本のインターネット史上において、大きな僥倖であったと言えるのではないか。

posted by A at 16:44| 本(その他) | 更新情報をチェックする