2012年05月27日

【本】林えいだい「陸軍特攻 振武寮」

「陸軍特攻 振武寮」 林えいだい/光人社NF文庫/2009年

 太平洋戦争末期、いったん特攻に出撃しながら敵艦突入を果たせなかったパイロットたちを収容・監禁した「振武寮」についてのルポルタージュ。単行本は、2007年に東方出版から刊行。

 昭和20年春。日本陸軍の第六航空軍は、沖縄占領を目指す米軍の艦艇に攻撃を加えるため、九州各地の航空基地から特別攻撃隊を進発させていた。しかし、陸軍のパイロットは長時間の洋上飛行に慣れていない上、速成教育されたパイロットの技量も未熟であり、そもそも特攻に使う飛行機も粗悪品で故障が続発する有様だった。このため、せっかく出発させた特攻機が沖縄に辿り着かず、薩南諸島の島々に不時着するケースが相当数に上る事態となった。

 このような状況を前にして、第六航空軍は、生還パイロットたちの処遇に頭を痛めることになった。「軍神として華々しく送り出したはずのパイロットが実は生きている」という事実が知られてしまうと、将兵や国民の士気にかかわる、というのが軍の冷酷な論理だったのだ。結果的にパイロットたちは、福岡女学院の寄宿舎を接収して設置された「振武寮」という施設に隔離され、参謀に口汚く罵倒されながら、軍人勅諭の筆写などの精神教育を強要されることになるのだった。

 本書は、こうした「振武寮」をめぐる元パイロットたちの思いや、特攻をめぐる葛藤、そして「振武寮」でパイロットたちを強圧的に指導した元参謀の言い分などを詳しく解き明かした一書である。特に、「振武寮」の立ち上げ・運営を事実上主導した参謀、倉澤清忠少佐へのインタビューは注目に値する。これを読むと、参謀にも参謀なりの弁解があったことが窺われるが、しかし、「生きていること自体が不都合」とされた生還パイロットたちの強烈な怒りの前に、それらの釈明はおよそ力を持つことはないのだろうと思わざるを得なかった。

(追記)
 「陸軍飛行第244戦隊 調布の空の勇士たち」さんというサイトに、「振武寮の虚構」という考察が掲載されている。「ある映画や出版物が広めた振武寮のストーリーは明らかに針小棒大であり、虚構に近いものだ」とする意見も一考の価値があると思われるので、ここに紹介させていただく。

posted by A at 10:47| 本(戦記) | 更新情報をチェックする