2012年05月26日

【本】黒岩よしひろ「変幻戦忍アスカ」

「変幻戦忍アスカ」 黒岩よしひろ/集英社/1989年

 1988年に「週刊少年ジャンプ」に連載された、黒岩よしひろによるファンタジー漫画。全二巻。

 ふと懐かしくなって、小学生の頃にジャンプで連載を読んで以来、20年以上ぶりにこの作品を読み返してみた。80年代の匂いが色濃く漂う作画が、今となっては非常に懐かしい。作者の黒岩よしひろは、Wikipediaに「『打ち切り作家』の代表的存在として知られ」と書かれているが、本作も連載20週に届かず打ち切りとなってしまい、当時は残念に思ったものだった。

 大人になってから改めて読んでみると、やはり、この作品の内容には少し物足りなさを覚えてしまう。「絶対的な悪と戦う」というストーリーはやや平板で、ジャンプが想定する読者層よりは、もう少し低年齢の子供たち向けのものだったのかもしれない。また、物語上に仕掛けられる舞台装置やギミックは、趣向が凝らされていて面白いのだけれど、少年向けとしてはちょっと複雑すぎるかな、と感じることもあった。こうした部分が作品にややちぐはぐな印象を与え、物語への感情移入を阻む結果になってしまっているのではないか、と思えた。

 しかし、この漫画の登場人物は現在でも十分に魅力的だ。特に主人公の造形は、後のいくつかの有名作品における登場人物のプロトタイプになったのではないかと思えるほどだ。本作は打ち切り作品でありながら、単行本刊行から実に16年後、2005年になって竹書房から再刊されているが、それはこの作品に光る「何か」があったことの証明ではないかと思う。作者が描きたいものと、世間が求めるニーズとがうまく合致して、また作者の作品が世に出る日が来ることを祈っている。

posted by A at 23:59| 本(その他) | 更新情報をチェックする