2011年09月03日

【本】佐野眞一「甘粕正彦 乱心の曠野」

「甘粕正彦 乱心の曠野」 佐野眞一/新潮文庫/2010年
(初版は、2008年に新潮社から刊行)

 いわゆる「甘粕事件」を引き起こしたとされる憲兵大尉、甘粕正彦の生涯を描いたノンフィクション。2009年、第31回講談社ノンフィクション賞受賞。

 甘粕という異色の人物の生涯を、膨大な資料と証言を基に描き上げたノンフィクションである。甘粕の幼少期から、軍人時代、「甘粕事件」前後、事件後の入獄、渡仏、満州国建国に当たって加担した謀略の数々、満州国高官や満映理事長としての日々、そして敗戦直後の自決に至るまでの模様を、さまざまな事実の断片を組み立てながら見事に描き出している。特に、おびただしい数に上る関係者から拾い上げた、多彩な証言は瞠目に値する。敗戦から60余年を経ているにもかかわらず、甘粕にゆかりのある人々を幅広く探し当て、数多の証言を引き出した著者の労苦は、並大抵のものではなかっただろう。

 謹厳で生真面目、融通の利かない性格の甘粕は、本来、混乱にまぎれて人を殺めるような謀略とは、最も縁遠い種類の人物であろう。だが、上官の命令を頑ななまでに固守し、決して秘密を口外することのないその性格を見込まれ、甘粕は大杉殺しの「主犯」に仕立て上げられてしまう。軍上層部の恣意的な判断により、人生の後半期を大きく狂わせられてしまった甘粕の生涯は、もはや一個の悲劇というほかない。もし、甘粕がもう少しいい加減な性格であれば、あるいはこのような損な役回りを割り当てられることもなく、憲兵として無難に軍人生活を勤め上げ、平穏な人生を全うすることができたのだろうか。

posted by A at 20:31| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする