2010年11月23日

【本】野田知佑「日本の川を旅する」

「日本の川を旅する」 野田知佑/新潮文庫/1985年
(初版は、1982年に日本交通公社から刊行)

 カヌーイストの著者が、日本の川(釧路川、尻別川、北上川、雄物川、多摩川、信濃川、長良川、熊野川、江の川、吉井川、四万十川、筑後川、菊池川、川内川)をカヌー(カヤック)で下った紀行文。第9回日本ノンフィクション賞新人賞受賞。

 「川旅」の愉しさを瑞々しく綴った記録だ。気ままに川を下り、カヌーの上で昼間から酒を飲み、気が向いたら河原にテントを張り、思う存分魚釣りを楽しみ、ワイルドな料理で腹を満たす。自由に川を下る旅、というスタイルがあり得ることすら考えたことがなかっただけに、本書で描かれる「川旅」の様子がとても新鮮で、楽しそうに思えた。

 また、著者は川を下る際に流域の人々と交流を広げ、その模様を丁寧に描写している。地元の川の清冽さを誇りに思う人々、愛する川や地域の歴史を語る人々、鮎釣りの釣果に一喜一憂する人々、過疎化への不安を訴える人々など、1980年前後の各地の住民の肉声が克明に書き記されていて、こちらもとても興味深い。著者については、その旅のスタイルにしばしば注目が集まりがちだけれど、こうした紀行作家としての優れた力量も、見逃せない一面である。

 本書の中で著者は言う。「日本の川を行くのは哀しい。それは失われたものへの挽歌を聴く旅だ。どこの川に行っても「昔はこんなものじゃなかった。もっと美しかった」という嘆きの声を耳にする。」破壊されつつある川への思いが、おそらくその後、著者を自然保護運動に駆り立てた原動力となったのだろう。その政治的な活動には賛否両論あるのかもしれないけれど、少なくとも80年代前半に記された本書は、著者が川を愛する気持ちをストレートに伝える好著である。

posted by A at 11:10| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする