2009年10月10日

【本】山本譲司「獄窓記」

「獄窓記」 山本譲司/ポプラ社/2003年
(新潮文庫版(2008年)で読みました)

 民主党の代議士であった著者が、秘書給与詐取事件で逮捕されて獄中生活を送り、出所するまでの記録。2004年、第3回新潮ドキュメント賞受賞。

 華やかな政治の世界から、一転して服役囚としての生活を送ることになった著者によるノンフィクションである。看守たちの横暴な振る舞いや人情味ある配慮、厳しい規則の山、囚人たちの人間関係、糞尿にまみれながら身体・精神障害を持つ受刑者たちを介助して過ごす日々など、受刑者としての生活が生々しく克明に描かれている。

 獄中の著者は、割り当てられた仕事に対して真摯に取り組む一方で、時に周囲の人間をやや尊大な目で見下している(もちろん、執筆時点の著者はそのことを自覚しつつ本書を著している)。おそらく、著者のこういった性質が、議員事務所のスタッフに「後ろから刺されて」逮捕されることになった一因なのだろう。しかし、その一方で、著者の家族は一貫して著者を温かく支え続けており、そうした家族間の絆は読む者に小さからぬ感動を与える。このような家族に恵まれたことも、また著者の人格がもたらした結果の一つと言えるのだろう。

 著者の犯した秘書給与流用の罪は、たとえそれが私腹を肥やすためのものでなかったにしろ、国会議員として許されるものではない。しかし、過去に同じ罪を犯した大多数の議員がそのまま見逃されてきたことを考えれば、著者に対する実刑判決は、やや重きに失したのではないだろうか。仮に、裁判官が判決に一罰百戒的な意味合いを込めていたり、あるいは上訴されれば上級審で執行猶予が付されるであろうことを初めから考慮していたのであれば、それは個々の被告に対する量刑算定において本来的に酌むべき事情ではあるまい。著者が罪を犯したことについて擁護するつもりはないが、その刑の重さに対しては、やや釈然としないものが残った。

 なお、本書の続編として、2007年に「続獄窓記」(ポプラ社)が刊行されている。厳しい受刑者生活の反動として、著者が出所後に苦しめられた「囚人コンプレックス」や、本書を出版し思いもかけず新潮ドキュメント賞を受賞したこと、法務省に招かれ幹部たちを相手に受刑者処遇改善に関する講演を行ったこと、新たな生きがいを見つけていくまでの過程など、出所後の著者の歩みが詳しく綴られている。

posted by A at 19:12| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする