2009年09月14日

【本】手塚正己「軍艦武蔵」

「軍艦武蔵 上・下」 手塚正己/新潮文庫/2009年
 (2003年に太田出版から刊行された「軍艦武蔵」を、加筆・修正したもの)

 戦艦「武蔵」の建造過程から、太平洋戦争中の行動、レイテ沖海戦での激闘・沈没、乗員たちのその後の運命などを、関係者の証言を基に描き出したノンフィクション。

 上下巻合わせて1400ページ弱に及ぶ、大変な労作である。生き残った乗組員たちや、シブヤン海で「武蔵」乗員を救助した駆逐艦「浜風」「清霜」の関係者、そのほか「武蔵」に縁のあった広汎な人々から実に丹念に証言を集め、「武蔵」の足跡を克明に辿っている。調べた事実を細部まで提示することは、しばしば物語としての面白さを低減させることにもつながりかねないが、本書は個々の登場人物のストーリーをそれぞれ丁寧に描き上げることで、次々にページをめくりたくなるような誘引力を有する作品に仕上がっている。

 戦艦「武蔵」にまつわる書物としては、吉村昭の名著「戦艦武蔵」を始め、一定の刊行物が世に出されている。これらの書籍と本書の顕著な相違点は、本書が「武蔵」沈没後の展開にも大きな比重を置いていることだろう。計1400ページ弱のうち、実に400ページ弱が、「武蔵」が失われて以後の関係者の物語に充てられている。生き残った「武蔵」乗員のうち、約半数はそのままフィリピンに残され、そのほとんどはマニラ市街戦やコレヒドール島攻防戦、建武集団の戦いなど、ルソン島を舞台とする戦いで戦死した。世界一の戦艦として、日本海軍の精鋭を集めた乗組員たちのその後の運命は、極めて過酷なものであったことが窺われる。

posted by A at 00:12| 本(戦記) | 更新情報をチェックする