2009年08月02日

【本】佐橋滋「異色官僚」

「異色官僚」 佐橋滋/ダイヤモンド社/1967年
(現代教養文庫版(1994年)で読みました)

 元通産省事務次官の回顧録。著者は、小説「官僚たちの夏」(城山三郎)の主人公、風越信吾のモデルとなった人物。

 戦後の混乱期を抜け、日本経済が力強く成長していく過程において、さまざまな課題に豪腕を振るった通産官僚の自伝である。紙や綿の統制撤廃、石炭局や重工業局、企業局で生じる問題などを、自ら率先して次々に片付けていく様子からは、著者は非常に仕事のできる人だという印象を受ける。荒削りで野太い文章も、著者の開放的な人柄を表しているようで、読んでいて爽快な本だ。

 しかし、経済成長が軌道に乗って産業規制の意義が次第に薄れ、また著者自身の役職が上がるにつれて、いくつかの影が著者を覆うようになる。「官僚たちの夏」では、著者たちが取り組んだ特定産業振興臨時措置法(小説中では指定産業振興法)をめぐる経過が劇的に記されているが、その後の日本経済の発展を見れば、これがぜひ必要な法律であったかと問われると、疑問符を付ける向きもあるようである。通産省が各種の規制権限を失っていく中で、この法律により自らの存在感を高めようとした側面もあったのではないか。

 また、人事に関しても、著者は文中で「僕は人間というものに非常に興味を持っている」と語り、学生の採用の要諦などを述べている。しかし、アクの強い著者による専断的な人事の結果、大きな派閥対立が生じ、平成の「4人組事件」までその影響を引きずってしまったことは、通産省にとっても大きな損失だったと言えるだろう。戦後経済の混乱という一種の「乱世」において大いに必要とされた著者の腕力や個性も、社会が平時に移り変わるにつれて、次第に負の面が目立つようになったのではないだろうか。

 ところで著者は、本書の冒頭4分の1(文庫本で約70ページ弱)を、幼少期から軍隊の務めを終えるまでの期間の記述に充てている。腕白な子供時代、東海中学・八高での個性的な学生時代、「優取り戦術」に知能を発揮した帝大時代、「前畑ガンバレ」で有名な前畑(兵藤)秀子の夫君・兵藤正彦軍医と組んで中支戦線で活躍した軍隊時代など、人間としての佐橋滋を最も濃厚に描写しているのは、むしろこの時代の内容かもしれない。努力家で率直で、そして理不尽な事柄に対する反抗心を忘れない著者の魅力を、余すところなく伝えている。

posted by A at 20:01| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする