2009年06月20日

【本】牛山隆信「秘境駅へ行こう!」

「秘境駅へ行こう!」 牛山隆信/小学館文庫/2001年

 全国各地の「秘境駅」、すなわち、深い山中や海岸沿いなど人里離れた場所にあって、滅多に利用する人のいないような駅の訪問記。著者のHP「秘境駅へ行こう!」の書籍化。続編として、「もっと秘境駅へ行こう!」が刊行されている(小学館文庫/2003年)。

 「秘境駅」なるものの存在を知ったのは、2001年の終わり頃のことだった。書店で偶然手に取った本書を読み、なんとなく惹かれて、次の週末、「ムーンライトながら」に乗って飯田線という路線に出掛けてみた。それまで手段でしかなかった鉄道を旅の目的に据えるのは、何やら不思議な感じがした。

 初めて降り立った飯田線の小和田という駅は、素晴らしい場所だった。静岡、長野、愛知3県のほぼ境界に位置し、最寄りの民家は徒歩25分、車が通れる道まで徒歩1時間という、いわゆる「駅」の概念からはひどくかけ離れた場所だ。電車が行ってしまうと、人工物の生み出す音は、本当に何も聞こえなかった。自分のほかに誰一人訪れる者のない世界で、次の電車が来るまでの数時間を、ただのんびりと天竜川を眺めて過ごした。

 日常が煮詰まったとき、非日常的な場所に身を置いて日常の世界を見つめ返すと、意外な発見や大きな気分転換を得ることがある。そういう意味で、人の住む世界と自然との境目にある「秘境駅」は、自分の再整理を行うに最適な場所の一つだ。集団で繰り出す旅行よりも、ふらりと一人旅に出掛ける方が性に合うという人には、「秘境駅」めぐりを一つの選択肢としてお薦めしたい。

posted by A at 20:49| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする