2009年02月28日

【本】原武史「滝山コミューン一九七四」

「滝山コミューン一九七四」 原武史/講談社/2007年

 進歩的な小学校教員や父母、そして児童たち自身によって展開された教育体制であり地域共同体である「滝山コミューン」の体験を、著者が30年の時を経て振り返る著作。2008年講談社ノンフィクション賞受賞。

 「滝山コミューン」はある種の理想の追求であり、その動機自体は必ずしも糾弾されるものではない。ただ、「滝山コミューン」を覆った教育方針やその具体化方策には、政治的な臭いと違和感が終始つきまとう。体制に順応できる子供にとっては素直に受け入れられるものであったとしても、著者のような個性の強い子供にとって、この世界はただ不自然で窮屈なものでしかなかったのだろう。

 「滝山コミューン」に現れたさまざまな現象の中で、個人的に特に強い違和感を覚えたのは、「ボロ班」の存在だ。「民主的」な目標に最もついていけない班に「ボロ班」の烙印を押し、一種の軽蔑の対象、さらし者にすることで、全体のモチベーションの向上を図るというシステムだが、このような行為を行った者たちは一体、「ボロ班」と蔑まれる子どもたちの立場に立って物を考えたことがあるのだろうか。

 教室における絶対的な権力者であり、信頼の対象とすべき教師から、「ボロ班」などというレッテルを貼られることは、感受性の強い子供たちには深い心の傷を残しかねないものだ。そうしたことに思いを致さず、このような冷酷なシステムを考案し、平然と実行に移すことができた者たちは、人間に対する洞察を欠いた、致命的に鈍感な人々であったと言わざるを得ない。それは時代背景を口実に頬被りできる事柄ではないし、また、彼らが右派か左派かという事実とも本質的に関係がない話だろう。

 ともあれ、周囲に対して強い影響を与える人間が一人いるだけで、個の意思を封殺する全体主義的体制がかくも容易に形成されるという事実には慄然とさせられる。長い歳月の間に、こうした事象を無自覚に消化することなく、きちんと正面から向き合い、膨大な資料を渉猟し証人を追い、その過程を鮮やかに浮かび上がらせた著者の労苦と執念には敬意を表したい。

posted by A at 17:36| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする