2009年01月31日

【本】佐藤優「国家の罠」

「国家の罠」 佐藤優/新潮社/2005年

 外交官の著者が、いわゆる鈴木宗男事件で逮捕され、東京地検で取り調べを受け、起訴されるまでを詳細に記した本。第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。

 一読して、とにかく展開の面白さに引き込まれる。著者と取り調べ担当の西村検事との間で繰り広げられる、スリリングで生々しいやり取り。著者は、外交官としての辣腕ぶりや思想家としての側面がクローズアップされがちだが、ストーリーテラーとしても抜群の力量の持ち主である。

 また、拘置所での生活も克明に記録されていて、なかなか興味深い。512日間を過ごした独房での暮らしの様子や弁護士との面会状況、看守とのやり取りに至るまで、著者の観察眼と記録には舌を巻くばかりだ。著者の描写にかかれば、拘置所の食事までもが実に美味しそうに思えてくる。

 いわゆる「国策捜査」(これは、自分を「国家の敵」として飾り立てられる便利な概念であり、近年やや濫用傾向にあると思うけれど)に関する、西村検事による分析も、なるほどと思わせられるものがあった。

 ただ、事件に関する記録については注意を要する。そもそもこの本は事件の一方当事者の手によるものであって、中立的な第三者が客観的な事実を明らかにすべく著したものではない。事件の真実を知りたいと考えるならば、事実認定をこの本のみに依存するのは危険であり、別の視点からの情報・主張も調べる必要があるだろう。

 ところで、ひょんな偶然から、一度だけ西村尚芳検事を間近でお見かけしたことがある。作中、「ドラえもん」検事という仇名を奉られた八木検事(前東京地検特捜部長)が登場していたが、西村検事もなかなか雄大な体格を持ち、また明るく人懐こい雰囲気を感じさせる人物だった。著者の心を掴んだのは、西村検事の明晰な頭脳や仕事ぶりもさることながら、その懐の深い人格の為せる業であったのではないかと拝察した。

posted by A at 22:23| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする