2020年01月26日

【本】池部良「ハルマヘラ・メモリー」

「ハルマヘラ・メモリー」 池部良/中公文庫/2001年
(初版は、1997年に中央公論社から刊行)

 大戦中に陸軍に召集され、中国戦線からハルマヘラ島に転戦した記録を綴った戦記。

 俳優として活動中に召集されて輜重兵となり、のち保定予備士官学校を卒業して、第32師団衛生隊第2中隊(輜重)の第1小隊長を務めた著者による戦記である。昭和の名優かつ名エッセイストとして知られる著者は、軍隊経験を回顧した本を何冊か上梓しており、本書では、中国山東省の第32師団に見習士官として着任した後、輸送船で赤道直下のハルマヘラ島に送られ、終戦を迎えるまでの経緯を描いている。幸いハルマヘラ島には米軍の上陸は無かったため、著者は生きて日本へ還ることができたが、それでも輸送船が撃沈されて海上を漂流したり、ハルマヘラ上陸後に敵機の襲撃を受けたりするなど、九死に一生を得る体験を経ており、本書ではその模様を詳しく述べている。

 この本の中で特に強い印象を受けるのは、全編を通じて生々しく描かれている、軍隊における人間関係の苦労についてであろう。大卒のため短い軍隊経験で将校になってしまった著者に対する、下士官たちの激しいやっかみや陰湿な嫌がらせ、あるいは著者ら予備士官学校卒の将校を露骨に軽侮する、陸軍士官学校出の無能な将校たちなど、著者が体験した辛苦が詳細に綴られている。現代の大組織でも多かれ少なかれ生じる現象ではあるが、本書のこうした記述を通して、当時の軍隊生活の理不尽さをありありと追体験することができる。

 なお、著者はいわゆる竹一船団でハルマヘラ島に進出しているが、本書に記された船団の被害と実際の被害は大きく食い違っている。海上を長時間漂流した割に、著者の小隊の各分隊員が全員無事だったり、現実には大損害を受けた砲兵連隊が無傷だったと述べられていたりするなど、本書には結構脚色が入っている印象も受けた。第32師団の各部隊長も軒並み仮名で表記されており、同師団に関する事実関係が必ずしも正確に書かれていない点については、注意が必要であろう。


posted by A at 18:25| 本(戦記) | 更新情報をチェックする