2019年10月26日

【本】宮脇俊三「ローカルバスの終点へ」

「ローカルバスの終点へ」 宮脇俊三/洋泉社新書/2010年
(初版は、1989年に日本交通公社出版事業局から刊行)

 1987年から88年にかけて、日本各地のローカル路線バスを終点まで旅し、その土地の雰囲気や泊まった民宿の様子などを綴った旅行記。

 北海道から沖縄まで各地のローカルバスに乗り、それぞれの土地で見た情景や、出会った人々との交流模様を描いた紀行文である。「時刻表2万キロ」や「最長片道切符の旅」のような味わいのある鉄道旅行記で知られる著者の本だけあって、さまざまな地域の特色を丁寧に描写し、旅の楽しさ・奥深さを存分に伝える内容となっている。大いに旅情をかき立てられる一冊である。

 本書の中で訪問先として選ばれているバス路線には、

一 乗車時間は1時間以上
二 行先が有名観光地でないこと
三 行楽や登山シーズンのみ運転の路線は除く
四 著者にとって未知の路線・終点であること

の4条件が課されており、地元の客が日常的に利用するような平凡な路線や、特に見るべきものもないような地味な終点が多く選定される結果となっている。これを裏返すと、昭和末期当時の日本各地のありのままの日常風景を、本書は期せずして描き出すことにつながったとも言えるだろう。ローカルバス路線の終点となるような過疎化が進みつつある土地にも、当時は一定の人口が残っていたことや、多くの場合、仕事客を受け入れる民宿がきちんと営業していたことなどを本書は捉えており、市街地から遠く離れた地域も、現在に比べればまだまだ元気があったことをうかがわせる内容となっている。

posted by A at 22:48| 本(登山、旅) | 更新情報をチェックする