2019年06月16日

【本】若林宣「帝国日本の交通網 つながらなかった大東亜共栄圏」

「帝国日本の交通網 つながらなかった大東亜共栄圏」 若林宣/青弓社/2016年

 明治期から太平洋戦争までの時代にかけて、日本が大陸や南洋に勢力を伸ばしてゆく過程を追いつつ、その領土拡張に対応する交通網の整備が十分に進まなかった実態を明らかにした本。

 太平洋戦争関係の書籍を読んでいると、北はアリューシャンから南はソロモン・ニューギニアまで、広大な地域をカバーした大日本帝国の領土地図を見かけることがよくある。また、南方戦線に出征した将兵の戦記(例えば、加東大介「南の島に雪が降る」)を読むと、「この戦争は百年戦争だ」と、兵士たちが長期戦への覚悟を求められている場面に出くわすことがある。ところで、その壮大な版図の中で人員・物資を円滑に移動させたり、長期戦を支える経済活動を維持したりするために必要不可欠な陸海空の交通網は、一体どの程度整備されていたのだろうか。その実態を、膨大な史料を基に丁寧に解き明かしたのが本書である。

 例えば、本書の第4章「南洋群島の交通網」では、第一次世界大戦前のドイツ領時代の海上交通事情から説き起こし、日本統治時代の南洋航路の発展経緯について詳しく解説を行っている。それによれば、第一次大戦後の1920年、日本郵船による東回り線(横浜−サイパン−トラック−ヤルート)、西回り線(横須賀−サイパン−トラック−パラオ−アンガウル)が運航を開始して以降、内地からパラオ・ヤルート両方に立ち寄る東西連絡線や、内地とマリアナ諸島を結ぶサイパン線、さらに多数の離島間航路などが次々と開設され、年間運航回数は少ないながらも、航路網は次第に拡充されていった。しかし、太平洋戦争の開始により船舶が徴用されたり、空襲で失われたりして、民間海上交通網は一気に崩壊していくのだった。

 こうした海上交通の発展と衰退の歴史のほかにも、本書には、内地と朝鮮・満州・内蒙・中国・南洋を結ぶ民間航空路の設定や、中国や南方占領地における困難な鉄道経営など、戦前・戦中期における帝国日本の交通網の実情が詳細に描かれている。その中には、日独航空連絡路(予定ルート:ベルリン−ロードス島−バグダッド−カブール−安西−新京−東京)の創設を目指して、日本軍の勢力圏外だったゴビ砂漠西南端の安西に着陸場を設けようとした逸話や、1944年2〜3月頃、南方軍に協力して、シンガポール−ジャカルタ−ホーランジア−ラバウル間の危険な輸送任務に従事した民間航空輸送隊の苦心譚など、大変興味を惹かれるエピソードも含まれている。240ページ程度の分量ながら、極めて守備範囲の広い一冊であり、この時代の航空・海上・鉄道の各分野の歴史を掘り下げていくに当たり、優れた入口にもなりうる良書である。

posted by A at 20:39| 本(歴史) | 更新情報をチェックする