2018年11月25日

【本】大畠正彦「ニューギニア砲兵隊戦記 東部ニューギニア歓喜嶺の死闘」

「ニューギニア砲兵隊戦記 東部ニューギニア歓喜嶺の死闘」 大畠正彦/光人社NF文庫/2015年
(初版は、2010年に光人社から刊行)

 東部ニューギニア戦線の歓喜嶺の戦いで、砲兵1個中隊を率い、オーストラリア軍の前進を3か月半にわたって阻止し続けた砲兵大尉による戦記。

 昭和18年10月から19年1月にかけて、太平洋戦争の東部ニューギニア戦線で、「歓喜嶺の戦い」という戦闘が行われた。当時のニューギニア戦線では、サラワケット山系を越えて悲惨な撤退を行ってきた日本陸軍の第51師団、フィンシュハーフェンの戦いで甚大な被害を受けた第20師団が、フォン半島のキアリという地点に集結を進めているところだった(地図としては、こちらこちら参照)。ところが、キアリ西方のグンビ岬に米軍が上陸したため、両師団は西への退路を断たれ、敵の包囲下に取り残される形となってしまう。このため両師団は、米軍を避ける形でフィニステル山系を横断し、後方基地のマダンへ転進することとなった。

 この当時、これら両師団の横腹を突く形で、南方から豪軍第7師団が進出してきていた。こうした豪軍の動きに対して、第20師団歩兵団長の中井増太郎少将は、1個大隊半の兵力をかき集め、歓喜嶺という地点で豪軍を拒止させた。この歓喜嶺守備隊は、複雑な地形を利用しつつ善戦敢闘し、わずか約1,000名の兵力で、3か月半にわたり豪軍1個師団を食い止め続ける。その結果、第20師団、第51師団の残存部隊は、合計約13,000名の兵力を約7,500名まで減らしながらも、地形峻険なフィニステル山系を突破し、マダンへの撤退を成し遂げたのだった。

 本書は、砲兵1個中隊(といっても、山砲わずか2門)を率いて、この歓喜嶺の戦いに参加し、豪軍の野砲1個連隊(27門。野砲なので、山砲より射程が長い)と互角に渡り合った、砲兵中隊長による戦記である。本書の特徴は、著者による個々の判断やその背景事情が、極めて細密に記録されていることだろう。著者が、ニューギニア上陸前に部隊に基礎訓練を徹底し、それが後に戦場で活きたこと、瘴癘の地ニューギニアの地勢や風土を事前に調べ上げ、装備の耐久性まで予測していたこと、中隊の住環境や衛生状態に細かい配慮を行っていたこと、部下の能力を詳細かつ冷静に把握していたこと、食糧・弾薬を適切に集積しながら作戦を進めたこと、そして何より、敵情や味方の状況を逐次把握しつつ、極めて的確に戦闘指揮を行った様子などが、本書には詳細に書き留められている。著者が、非常に優秀な現場指揮官であったことをうかがわせる内容であり、こういった戦記物をよく読まれる方におかれては、一読の価値がある本だろう。
 
 なお、本書の巻末には、葛原和三・一等陸佐(陸上自衛隊幹部学校戦史教官)による解説が付されている。それによれば、平成15年当時、海外の戦史会議での発表内容に悩んでいた葛原氏は、先輩からの紹介で初めて大畠氏と出会う。そして、大畠氏が執筆した綿密な手記や資料を読み、感じるものがあった葛原氏は、大畠氏への取材を踏まえて、歓喜嶺の戦闘に関する研究成果をまとめ、諸外国の戦史研究者約400名に対して発表する。その発表内容は海外研究者からも高い評価を受け、そのことも一つのきっかけとなって、後に大畠氏の手記の刊行に至っている。大畠氏の逝去間際に、葛原氏という研究者との出会いがあり、その結果、大畠氏の体験が後世に伝えられることになったことには、何か不思議な縁が働いているように思われた。

posted by A at 14:44| 本(戦記) | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

dragonerさんの記事など

 2か月半ほど前、牟田口中将の宴会エピソードに関する記事を書いたのですが、このテーマについて、有名ブロガーのdragonerさんが、非常に詳しいレポートを執筆されています。

「愚将」牟田口廉也中将の遊興逸話の真偽
https://news.yahoo.co.jp/byline/dragoner/20181110-00103615/

 この凄まじい調査能力、全く恐れ入りました。個人的にも大変勉強になりました。このテーマにご関心のある方には、ぜひご覧いただきたい記事ですので、紹介させていただきます。

 また、最近、複数の方々が、拙ブログの戦記関係の記事をツイッターで引用してくださったようです。汗顔の至りですが、自分の書いた文章を多くの方に読んでいただけるのは、本当に有難いことです。私自身はツイッターをやっていませんので、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

posted by A at 10:47| メモ | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

【本】高桑信一「山の仕事、山の暮らし」

「山の仕事、山の暮らし」 高桑信一/ヤマケイ文庫/2014年
(初版は、2002年につり人社から刊行)

 山の仕事で生計を立て、山とともに生きる人々の姿を描いた本。

 ゼンマイ採り、山椒魚採り、狩猟、蜂飼い、ワカン作り、炭焼き、漆掻き、天然氷作りなど、山の仕事に携わる人々の暮らしを記録した本である。本格的な登山を趣味とする著者が、その過程で出会った山人たちと、酒を酌み交わすような親しい関係を築きながら、彼らの人となりや人生を丁寧に描いている。現代では消滅しかかったものも含め、さまざまな山の仕事をすくい上げ、丹念に記録した本書は、民俗学的にも高い価値を持つ一冊であろう。

 本書の中では、著者が山の仕事に関心を持つきっかけになった、只見のゼンマイ採りを扱った数編が印象に残った。奥只見の谷に魅かれて沢登りを続けてきた著者は、山中で見かける、ゼンマイ採りの粗末な無人小屋に興味を持ち、次第にその小屋の主に会いたいと願うようになる。こうした心情を、著者は以下のように綴っている。

「ゼンマイ採りには帰り山と泊まり山の二態がある。帰り山は日帰りのゼンマイ採りで、泊まり山は山中に小屋掛けしてゼンマイを採り、製品に仕上げてからこれを下ろす形態をいう。
 私の興味はひたすら泊まり山にあった。彼らはこの国に残された数少ない山びとだったからである。そこには文明はなかったが文化があった。私たちが見失ってしまった自然との揺るぎない原点があった。(中略)
 現代にあって彼らは好んで簡素な生活を営んでいた。ラジオが日々の暮らしを慰める唯一の文明で、夜はランプを灯し、煮炊きやゼンマイを茹でるのにも払い下げられたブナを用いていた。便利な生活を求めて物資を持ち上げるのではなく、山で暮らすためになにが必要なのかを、山との調和のなかに求めていく暮らしぶりだった。
 私は彼らとの出会いを、里に家を訪ねるのではなく、山中に求めてきた。ゼンマイ小屋でくつろぎながら私たちを招き入れる彼らには、なんの警戒も構えもなかったからである。そこには、自然によって磨かれた無垢な山びとがいた」

 このようなゼンマイ採りたちと著者との交錯は、あるときはドラマチックなすれ違いとなったり、またあるときは、素朴な暮らしを営む人々特有の温かさをもって迎え入れられたりしている。本書のあとがきによれば、著者がこうしたゼンマイ採りの取材を行っていた1993年当時、まだ十軒近く残っていた只見のゼンマイ小屋は、その3年後には流域から消えてしまったそうである。本書に収められたゼンマイ採りたちの姿は、結果的に、長い伝統の最後の一瞬となったものであり、貴重な記録と言えるだろう。

posted by A at 13:01| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする