2018年04月15日

【本】神子清「われレイテに死せず」

「われレイテに死せず 上・下」 神子清/ハヤカワ文庫NF/1988年
(初版は、1965年に出版協同社から刊行)

 レイテ島の戦いに参加した陸軍の下士官が、独断で島を脱出し、奇跡的に生還するまでを描いたノンフィクション。

 将兵の生還率が極端に低いレイテ戦を生き残った、一下士官の壮絶な生存記録である。満州で厳しい訓練を積み、無敵関東軍の自負を持ってレイテ島にやってきた著者は、第1師団の尖兵としてリモン峠の戦いに参加。不意の遭遇戦を生き残り、優勢な米軍に圧迫される中でも勇敢に戦い続けるが、激しい物量攻撃の中で、多くの戦友たちを次々に失っていく。そして、尊敬する中隊長・八尋中尉も戦死するに至り、中隊長が最後に発した転進命令に従って、辛うじて前線を脱出する。

 その後、著者は負傷兵たちとともに南下し、日本軍の後方基地・オルモックを目指すが、途中で高千穂空挺隊の兵士たちに出会う。「空の神兵」とうたわれ、戦局を挽回するためにレイテに降下したはずの精鋭部隊が、ただの無謀な斬り込み作戦に使われていく様子を見て、著者は以下のような感慨を抱く。

「落下傘兵たちに会ってから、私の心裡にある変化が起こった。期待が大きかっただけに失望も大きかったのだ。私は、空挺部隊の降下によって大きな積極的作戦の展開を期待したのだが、それが斬込作戦にすぎないと知ったとき、まったく失望した。いや、大きな憤りさえ感じた。こんな作戦指導の下に死ねるものか、と考えるようになった。
 私は、あの若い伍長と話していたとき、きのう父母の国を発ってきたばかりのこの若い生命が、きょうは春の淡雪のように消えるのかと思うと、いても立ってもいられないような痛ましい気持になった。こんな感情は、私にとって初めての経験だった。それは、あの落下傘兵たちが、まだ少年の域を出ていない年ごろだったこともあったのだろうが、それよりも何よりも、人間の生命を、柴の束を囲炉裏に投げこむように、無造作に、しかも無意味に、燃やしてしまう作戦当局の不条理きわまるやりかたに対してがまんがならなくなったのだ。
 それまでの私は、死ぬことを何とも思っていなかった。いのちが惜しいなどと思ったことはただの一度もなかった。むしろ死ぬことを望んでいた。それは、自分のいのちを捧げることによって祖国日本が救われるのだと信じていたからだ。あの少年兵たちも、おそらくは、祖国を救うために自分は死ぬのだという凝縮された使命感に燃え立っていたのだろう。
 ところが、あの空挺部隊の使い方を見て、私のこの信念は、音をたてて崩れた。人間が人間に死ねと命じ得るのは、それによって祖国を救うという至高にして尊厳な使命があるからである。それなのに、救い得ないとはっきりわかっているのに、なおかつ死ねと命じている。そんな権利がどんな人間にあるというのだろうか。この疑惑が、やがて私に、はっきりとした決意を抱かせるにいたったのである。
『誰が何と言おうと、死んでやるもんか』と。」

 そして著者は、偶然行き会った仲間たちとともに、敵の哨戒網をかいくぐりながら、レイテ島の西海岸に脱出。現地住民の小舟を奪取し、セブ島北部のメデリン島を経て、ネグロス島に上陸する。レイテでの激闘、そしてネグロスでの地獄のような生存闘争の記録を読むと、著者が生き残ったのは、その戦技と判断力に加えて、幾重もの奇跡が偶然に積み重なった結果としか思えない。本書は、一人の将兵の類い稀な冒険譚として、大変興味深い物語であるとともに、勇敢で忠誠心にあふれた古参下士官が、どのような心境の変化を経て戦場離脱者となるに至ったかを克明に描いた、極めて優れたノンフィクションでもある。ハヤカワ文庫では既に絶版になっているようだが、このまま埋もれさせるには非常に惜しい一書である。


posted by A at 01:11| 本(戦記) | 更新情報をチェックする