2018年02月04日

【本】ウォーレン・クロマティほか「さらばサムライ野球」

「さらばサムライ野球」 ウォーレン・クロマティ、ロバート・ホワイティング/講談社文庫/1992年
(初版は、1991年に講談社インターナショナルから刊行)

 1984年から1990年まで読売巨人軍に在籍し、優れた打撃成績を残した、ウォーレン・クロマティ外野手の自伝的な本。

 巨人軍の裏側をあけすけに描き、刊行当時に「暴露本」扱いもされた、クロマティの日本野球体験記である。球団首脳の外国人選手への無理解や、コーチたちの無能ぶり、同僚の人物評などを遠慮なく書き並べているほか、外国人から見た日本文化の特異性を包み隠さず指摘していて、結構刺激の強い内容になっている。グラウンドで見せていた、陽気な助っ人外国人クロマティの姿をイメージして読み始めると、少なからず衝撃(場合によっては、失望)を覚えるのではないかと思う。

 1953年にマイアミで生まれたクロマティは、2歳の時に両親が離婚し、スラムで貧しい少年時代を送る。彼の父親違いの弟は、やがて麻薬密売や強盗に手を染めて刑務所に送られるが、野球の才能に恵まれていたクロマティは、不十分ながらも父親からの指導や援助を受け、短大を経てメジャーリーグへ進む。そして、1981年にモントリオール・エクスポズで地区優勝も経験し、84年、高給に惹かれて来日する。

 しかし、巨人に入団してからのクロマティは、チームの風通しの悪さや、ガイジンを疎外する日本社会の壁に苦しみ続ける。『ニューズウィーク』国際版のインタビューで、クロマティは以下のように述べている。

「『年俸はかなりいい。だからみんな日本へ来るのだ。友だちをつくろうと思って日本へ来ているやつはいない。日本人の選手は、ガイジンが自分たちよりたくさん金をもらっていることに嫉妬している。だからガイジンはあらゆる期待にこたえなければならない。ホームランを打ちまくり、どんな飛球でも捕らないと、たちまち批判される。たまには親しみをこめて背中をポンと叩いてくれるが、そんなことは滅多にないと思ったほうがいい。プライドをぐっと飲み込んで、目の前で起こる異常な事態にじっと耐えなければならない』
――日本に偏見はあると思いますか?
『もちろんある。たとえばガイジンに対して偏見をもっている。日本人は、外国人に先を越されることを嫌う。どうせなら同国人にいい思いをさせてやりたいと思っている。たとえ満塁でも、面子のためなら平気で俺を歩かせる』
――黒人に対する偏見に直面したことは?
『もちろんあるさ。その種の偏見は世界中にある。日本だって同じだ。外野で守っていると、スタンドから侮辱的な言葉を浴びせられることがある。アメリカでプレーしているときと同じだ』」

 こうして苦労を重ねてきたクロマティも、4年、5年と日本生活を続けると、以下のような心境に至っている。

「人生なんて、バラ色のあれこれがそっくり用意されているわけではない。すばらしい人生を手に入れようと思ったら、自分も少しは努力すべきなのだ。人に説教できるような柄ではないことはわかっている。俺だってさんざん日本の悪口を言ってきた。だけど今は少しずつ物事がわかりかけている。(中略)
 最初は日本的なものすべてに反抗したものだ。言葉だってまじめに勉強する気にならなかった。だけど今は、少しでもしゃべれるようになって本当によかったと思っている。もっと早くから勉強していればよかったと後悔しているくらいだ。――俺がこんなことを言うようになるなんて、夢にも思わなかったが。
 日本が大好きだ。いろいろ問題はあるが、神の名のもとに一億九千万ドルの寄付を求めるようなジェリー・フェアウェルは、ここにはいない。この国にはこの国なりの献身のしかたがあるのだ。それがだんだんわかってきた。日本人には日本人の考え方があり、その大半はアメリカ人の考え方に少しも劣らない」

 本書を読んだ感想として、クロマティはかなり自我が強く、クセのある人物だが、同時に頭脳明晰で、我慢強く、また柔軟性のある人柄だという印象を受けた。ホーナーやガリクソンのようなメジャーリーガーたちが、日本に嫌気が差して短期間で帰国した一方で、クロマティが7年の長きにわたって異国の地でプレーし、しかも素晴らしい成績を残し続けたのは、こうしたクロマティ自身の人となりによる部分が大きかったのではないか、と思えた。


posted by A at 20:13| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする