2018年01月13日

【本】阿利莫二「ルソン戦―死の谷」

「ルソン戦―死の谷」 阿利莫二/岩波新書/1987年

 太平洋戦争中、学徒出陣でルソン島に出征した著者が、自らの従軍体験を著した戦記。

 ルソン島の戦いに投入された学徒出陣者の数は、判明しているだけで約1,015名。このうち、日本に生還できたのは約90名だった。本書は、その数少ない生還者の一人である著者が、凄惨なルソン戦の実態を、自らの体験に基づいて書き綴った記録である。本の雰囲気としては、尾川正二「『死の島』ニューギニア」(光人社NF文庫ほか)と、どことなく似ているように思えた。

 著者ら前橋陸軍予備士官学校第11期の学徒兵約600名は、まだ修学中だった昭和19年9月、戦況の悪化を受けて、急きょ南方戦線に派遣されることになった。そして、バシー海峡を越えて無事ルソン島に上陸できた約400名は、第14方面軍の教育隊で現地教育を受け、昭和20年1月に見習士官に任官。著者は第19師団(虎兵団)への配属を命じられ、任地に向けて出発する。

 しかし、ルソン島各地で戦線が崩壊する中で、山中を辿る移動は困難を極め、その過程で著者は、傷病兵や在留邦人たちの無惨な死の数々を目の当たりにする。そして、著者自身も飢えとマラリアで幽鬼のようにやせ衰え、さらには米軍機の銃撃を受けて負傷する。傷を負い、意識を失った後の著者の様子を、以下に引用する。

「・・・どのくらい時間が経ったかわからない。夢うつつの世界で誰かが呼んでいる。答えようとしても声が出ない。誰かが見下ろしている。戦場では、その時の自分の力ではどうにもならない運の良し悪しがある。ルソンの戦場から還った者で、何度かこの運に恵まれずしてその生を得た者はあるまい。(中略)
 道はすさまじかった。道路際には車輌の残骸、待避壕には白骨、そこかしこに屍が横たわる。その道をかなりの人が、異様な姿で三々五々右から左に動いている。普通の部隊ではない。顔全体を血で黒く乾いた布きれで巻きつけている者。仲間に肩を貸している者も、足をひきずり、杖をついている。今にも前にのめるように身をかがめて足を運ぶ者。肩から吊った片腕には先がない。明らかに傷病患者である。人の流れは長く、あとからあとからばらばらに続いているようだった。霧のような雨がシトシト降り続く。そのあと、どういうところをどう行ったのか、自分で歩いたのか、誰かの肩を借りたのかも覚えがない。
 野宿が始まる。崖が道際からすこしひっこんで、山間のような平らな空き地である。傷病者がごろごろいた。これが野戦病院だったとするならば、およそ病院の名に値しない傷病者のたまり場でしかない。死ぬ者が後を絶たない。時たま「バーン」という手榴弾の炸裂音がこだました。自決だろう」

 こうした苦境を辛うじて生き延び、その後の深刻な飢餓と続発する重病をも切り抜け、とうとう生還を果たした著者は、とにかく運に恵まれていたとしか言いようがない。このような過酷な戦争体験を振り返って、著者は以下のように述べている。

「今ここで、米軍の非人道的行為をあげたてて、日本軍の犯した残虐行為やあの戦争を正当化するつもりはない。むしろ米軍については、あとでふれるように、身を以て体験した、その人道的行為を知ってもらわねばなるまい。他方、日本軍にもそれなりの戦場美談がある。ここで強調したいのは、戦争そのものが、大なり小なり非人間性、残虐性をどこかで求めるということである。戦場における狂気の沙汰からは、程度の差はあれ、いかなる軍隊も逃れられない。戦争を語るとき、誰が残虐だったかも重要なことだが、戦争そのものが残虐を生みだすということの方が、もっと大切だ。戦場のヒューマニズムが輝きを放つのも、戦場が異常であるが故に稀少な正常さが光をもつからだ。戦場美談の陰には常に戦争の悪がある」

 生きて還った著者は、戦後は学者の道を歩み、1988年から95年まで法政大学総長を務めている。著者とともに出征し、戦没した学徒兵たちも、このような悲運に遭わなければ、国や社会のために有為な人材となったことと思う。


posted by A at 21:43| 本(戦記) | 更新情報をチェックする