2017年04月23日

【本】戸部田誠「1989年のテレビっ子」

「1989年のテレビっ子」 戸部田誠/双葉社/2016年

 1970年代の終わり頃から90年代の中頃までを中心に、テレビのバラエティ番組の栄枯盛衰を描いた本。

 たけし・さんま・タモリの「ビッグ3」や、80年代始めのマンザイブームを担った漫才師たち、80年代後半以降に飛躍したとんねるず・ダウンタウン・ウッチャンナンチャンなどのタレントたちの足跡を辿りつつ、数々のテレビ番組の栄光と没落の軌跡を追いかけた一書である。我々視聴者にはうかがい知れないテレビ番組の裏面や、関係者の苦悩と成功が、著者の該博な知識を踏まえて見事に描き出されている。文中に引用されている文献の量も膨大で、テレビに対する著者の愛着の深さを推し量ることができる。

 本書の中で目を引く場面としては、やはり土曜8時の枠を巡る熾烈な競争、いわゆる「土8戦争」が挙げられるだろう。王者として君臨する「8時だョ!全員集合」に挑む「欽ちゃんのドンとやってみよう」、「全員集合」にとうとう引導を渡した「オレたちひょうきん族」、そして「ひょうきん族」を終焉に追い込んだ「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」と、視聴率30%台が当たり前のお化け番組がしのぎを削る様子が、関係者の回想も含めてクリアに描かれている。精緻に作り込まれた笑いである「全員集合」へのアンチテーゼとして、「完成されたものの破壊」を打ち出して成功した「ひょうきん族」が、「全員集合」の終了により急速にパワーを失い、ついには自分自身の役割をも終えてしまったという分析は、往時の番組を思い出してみても、確かにそうかもと思わせられるものがあった。

 この他にも本書には、現在では大御所と呼ばれるようになった芸人たちの、若かりし頃の試行錯誤や努力の記録が詳しく綴られていて興味深い。彼らの行跡を軸にして、様々な番組を線でつないだ著者の視点は、テレビに対する深い愛情を持った人でなければ持ち得ないものだろう。すっかりテレビが元気を失ってしまった今、著者があえて80年代前後にクローズアップした本書を著したのは、テレビがもっとも輝いていた最後の時代に対する、ある種の郷愁も作用したのかもしれないな、と思った。


posted by A at 18:51| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする