2017年03月12日

【本】鬼窪善一郎 語り「新編 黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち」

「新編 黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち」 鬼窪善一郎 語り・白日社編集部 編/山と渓谷社/2016年

 戦前から平成初期にかけて、北アルプスの黒部源流地域を舞台に、猟師やボッカ、ガイドなどの山仕事で生計を立てた人物のオーラルヒストリー。

 登山黎明期の北アルプスを描いた名著「黒部の山賊」にも、「山賊」の一人として登場している、鬼窪善一郎氏の赤裸々な口述記録である。長野県北安曇郡に生まれた鬼窪氏が、貧しい暮らしの中で職を転々とした後、山に関わりながら生きていく人生行路が、非合法な密猟行為のことなども含めて率直に語られている。かなり濃厚な方言で綴られているので、少し読みづらい部分はあるが、そのぶん臨場感にも満ちあふれた本である。

 本書の冒頭部分では、まず鬼窪氏の前半生や、昭和10〜20年代に彼が携わった数々の遭難救助の模様が描写されている。ヘリコプターもない時代に、どのように疲労した登山者を救出し、また、どのように山で遺体を処理したのか、彼の証言はかなり生々しく、ややショッキングでもある。そうした証言の中には、礼節を欠いた被救助者に対する非難の口吻も含まれているが、北鎌尾根のような危険な場所での救助活動にも骨身を惜しまなかった彼の言葉は、耳を傾けずにはいられない重みを持つものであろう。

 そして、本書の後半では、北アルプスでのクマやカモシカなどの猟の実態が、極めて細密に語られている。極寒と豪雪の中での狩猟記録を読むと、山の達人であるはずの鬼窪氏でさえ、すんでのところで何度も命を拾っていることが分かる。鬼窪氏の名前も出てくる山本茂実の著作「喜作新道」(角川文庫)では、彼以上の名猟師とも言える小林喜作の遭難死の模様が詳しく描かれているが、彼らのような熟練の猟師ですら、その生死は運に左右される面があったのだろう。猟とはこんなに危険な営みなのか、ということを改めて印象付けられた一書だった。


posted by A at 19:01| 本(登山、鉄道、旅) | 更新情報をチェックする