2016年08月27日

【本】衣笠周司「戦時下の記者たち −セレベス新聞を読む−」

「戦時下の記者たち −セレベス新聞を読む−」 衣笠周司/向陽書房/1997年

 昭和17年から20年にかけて、日本軍政下のセレベス島(現・スラウェシ島)で発行された、「セレベス新聞」の製作経緯を追ったノンフィクション。

 太平洋戦争が始まり、日本軍が南方地域を占領すると、軍は占領地で新聞の発行を志向するようになった。現地日本人の戦意高揚と土着住民への宣伝工作のために、新聞が有効なツールだと考えたのである。そして陸海軍は、それぞれの担当軍政地域での新聞刊行業務を、有力新聞社に委託することとした。その結果、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、同盟通信ほかの各社が、各地に記者や編集機材を送り込み、現地での新聞発行を担うことになった。ちなみに、陸軍が新聞発行を委嘱した地域はジャワ(朝日)、フィリピン(毎日)、ビルマ(読売)、マレー・シンガポール・スマトラ・北ボルネオ(同盟ほか)。海軍は、南ボルネオ(朝日)、セレベス(毎日)、セラム(読売)であった。

 このうち、海軍の委託によりセレベス島で発行された「セレベス新聞」は、大阪毎日新聞社・東京日日新聞社(現在の毎日新聞社)から派遣された日本人記者や業務・工務関係社員、のべ100人以上によって製作された。「セレベス新聞」の本社は南セレベスのマカッサルに置かれたが、北セレベスのメナドにも支社が設けられ、「セレベス新聞・メナド版」を発行していた。また、現地住民や華僑のスタッフも使って、現地語の新聞「プワルタ・セレベス」も刊行していたのだという。発行部数としては、「セレベス新聞」は、最盛期にはマカッサルだけで8,000部。「プワルタ・セレベス」は、マカッサルで3万部、メナドでも28,000部に及んでいる。

 昭和17年12月8日に創刊号が刊行された「セレベス新聞」は、わずか2ページの構成ながら、日刊(毎週月曜休刊)で発行され、価格は1部7銭(のち8銭)。一面には、東京本社から電話で送稿された、国内の新聞と同じ記事(大本営発表の戦況報道など)が主に掲載されており、二面には記者が現地で取材した記事も多く載せられた。終戦後の20年9月頃まで発行が続けられ、最終号は800号を越していたとも言われている。終戦とともに、現地に残されていた新聞が焼却されたため、戦中に内地に回送された分を除き、少なくない紙面は現存していないとのことである。

 本書は、この「セレベス新聞」の発行に携わった毎日新聞記者たちの回想を踏まえつつ、新聞の編集作業の実態や、戦時のセレベス島の様子などを描いた著作である。比較的平和なセレベス島で、記者たちが住民の文化を取材して記事にする様子や、戦後の捕虜収容所や日本への復員船の中でさえガリ版刷りの新聞を発行し続けたことなど、当時の新聞関係者の活動状況がありのままに描かれていて興味深い。あまり広く知られた本ではないけれど、南方軍政地域でのメディア関係者の姿を分かりやすく伝えた、好著と言ってよいのではないかと思う。


posted by A at 20:13| 本(戦記) | 更新情報をチェックする