2015年07月19日

【本】森茂暁「闇の歴史、後南朝」

「闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉」 森茂暁/角川ソフィア文庫/2013年
(単行本は、角川書店から1997年に刊行)

 1392年の南北朝合一後の南朝勢力の動静と、彼らによる北朝側への抵抗運動などについて著した本。

 室町三代将軍足利義満が主導した明徳の和約により、南北朝時代に長く続いた持明院統と大覚寺統による皇位の両立は、ひとまず解消されることになった。ところが、このときの両統迭立の約束は反故にされ、以後の天皇位は、北朝系の持明院統が独占していくこととなった。このような事態を前にして、南朝側の皇位継承者や遺臣たち(いわゆる後南朝)がどう抵抗し、そしてどのように歴史の闇に消えていったのかを、史料に即しながら丹念に解説したのが本書である。

 南北朝合一が実現した後、応仁の乱の頃まで、後南朝勢力の反抗は散発的に発生した。例えば、南朝最後の天皇となった後亀山上皇の吉野出奔(1410年)、伊勢国司北畠満雅の挙兵(1414年及び1428年)、南朝遺臣が内裏に乱入して三種の神器の一部を奪った禁闕の変(1443年)、応仁の乱の際に山名宗全が南朝の末裔(いわゆる西陣南帝)を担いだ事案(1471年ごろ)などが挙げられる。これらの事件の背景を見ていくと、後南朝の抵抗の動機は、皇位が継承されなかったことへの反発というだけでなく、経済的な困窮状態に置かれたことへの抗議や、室町政権下での勢力争いの中で一方の旗印に担ぎ上げられたことなど、様々な要素が絡み合った結果であることが見て取れる。

 ちなみに、この本を初めて読んだのは単行本刊行当時だったのだが、こういうマニアックなテーマの本が、16年も経って文庫本になっていようとは思わなかった。史料が極めて少なく、登場人物や勢力の末路が明らかでないケースも多い後南朝は、案外、読者のロマンを駆り立てやすいモチーフなのだろうか。東北方面での脇屋義則新田貞方らの抵抗や、河内・大和付近での楠木正勝一族の活動、あるいは、史学的な信憑性は低いが、美作後南朝(植月御所)や三河・遠江方面の後南朝伝説なども、個人的には掘り下げてみたいテーマである。

posted by A at 15:02| 本(歴史) | 更新情報をチェックする