2014年12月23日

【本】岩川隆「人間の旗 甦った血と涙の連隊旗」

「人間の旗 甦った血と涙の連隊旗」 岩川隆/光文社文庫/1985年
(初版は、1983年にカッパ・ノベルスから刊行)

 太平洋戦争時にレイテ島、セブ島で戦った歩兵第57連隊の将兵が、終戦直後に連隊旗をひそかに細断して日本へ持ち帰り、戦後三十余年を経て旗を復元するまでの経緯を描いたノンフィクション。

 日本陸軍の精鋭師団として名高い第1師団(玉兵団)は、昭和19年、1万3千名の兵力でフィリピン・レイテ島に上陸した。そして、機械化された強大な米軍を相手に、実に50数日にわたりリモン峠の激戦を繰り広げたが、遂に矢尽き刀折れてセブ島へ撤退。戦後日本へ生還することができた師団将兵は、わずか500名に満たなかったという。

 この第1師団は、歩兵第1連隊(東京)、第49連隊(甲府)、第57連隊(佐倉)の歩兵3個連隊ほかの部隊から構成されていたが、各歩兵連隊にはそれぞれ、天皇の分身とされる軍旗(連隊旗)が与えられていた。敗戦後、各地の陸軍部隊は、連合軍に投降する前に軍旗を焼却処分したが、伝統ある軍旗の奉焼を潔しとしなかった第1師団では、3本の連隊旗(長年の歳月を経て、旗の生地の部分は失われ、房の部分だけになっていた)を細かく裁断し、連隊本部の将校・下士官などに託して、ひそかに日本へ持ち帰らせたのだった。

 そして一部の将兵は、連隊旗の切れ端を無事に故国へ持ち帰ることができた。これらの細片を、第1連隊は自衛隊練馬駐屯地に展示し、第49連隊は山梨の護国神社に奉納したが、千葉県全域を補充担任地とし、郷土部隊の気風が強い第57連隊では、旗を復元すべしとの声が湧き起こった。本書は、旗の復元運動に携わった元将兵たちの、戦中・戦後の足跡を丁寧に追い掛けたノンフィクションである。

 本書の中では、連隊旗の復元にかける戦友会の情熱や、採算度外視で旗の修復に挑む職人たちの奮闘が鮮やかに描き出されていて、読む者の心を打つ。と同時に、あの戦争への嫌悪から、旗の復元に強く反対する元将校の意見にも目配りがされている。どの人物も一様に平和を希求しながらも、それぞれの戦争体験や人生観の違いから、旗をめぐる姿勢や旧軍への評価に乖離が生じていく様子には、いろいろと考えさせられるものがあった。

posted by A at 19:51| 本(戦記) | 更新情報をチェックする